【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


変わらない形には秘密がある。静かに光を放つ「非加圧」灯油ランプの魅力って?

0

どれだけ時間が経っても多くのキャンパーに愛され続けているキャンプ道具「灯油ランタン」。今回はメンテナンスのしやすさや、簡単に作れてしまうDIYの方法など、灯油ランタンの魅力についてご紹介。造りが単純だからこその魅力を是非体験してみてください。

大森弘恵


記事中画像撮影:筆者

非加圧式ランタンの優秀さ

1-img_0814
キャンプの夜を彩るランタン。みなさんは何を使っていますか?

ホワイトガソリンやOD缶、CB缶を使うランタンは明るく、とっても頼りになりますが、マントルを忘れて慌てることも。それに、静かなキャンプサイトでは燃焼時の音が思いのほか響きます。その音もキャンプらしさなんですが、夜が更けると気になってしまいます。

フュアハンドに代表される非加圧式ランタンは、サイト全体を照らすほどではありませんがテーブルを照らすには十分。燃焼音が響きませんし、ポンピングやマントルのカラヤキは不要。メンテナンスも手軽で、ビギナーからキャンプ上級者まで幅広い層の支持を得ています。

両サイドのフレームには、実はしっかりとした役割があった

燃料がしみこんだ芯に着火すれば、あたたまった空気が上昇して煙突から放出されます。

ランタンのグローブを両側から支える太いフレームは内部が空洞になっていて、新鮮な空気がこの中を通ってバーナー部分にまで送られます。新鮮な空気が届くから、ランタンの燃焼が安定するんです。

灯油ランタンの使い方

2-img_0833
タンク内に燃料を入れます。満タンではなく8分目まで。光量によりますが、1〜2泊のキャンプなら燃料を追加しなくてもまず大丈夫。

関連記事