CAMP HACK[キャンプハック]


ビーフシチューの肉を切るナイフ

ビーフシチューに合う肉の部位は?お肉を柔らかくするコツを解説

0

ビーフシチューの出来具合を左右するお肉。ビーフシチューに合う牛肉の部位は?どうやったらお肉は柔らかくなるの?など、ビーフシチューのお肉に関する疑問をここで解決!お肉が柔らかいビーフシチューレシピもご紹介。今夜はビーフシチューで決まりです!

kukka


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ビーフシチューに合う肉の部位は?

ビーフシチュー
出典:写真AC
トロトロのお肉にデミグラスソースが絡むビーフシチューはいつだってとっておきの美味しさ。でも自分で作るとなかなか思い通りにいかないことも。

鍵となるのは、お肉の選び方と仕込み方。コツを抑えれば、おもてなしにも、ホームパーティーにも、アウトドアでも気負わず楽しめる料理になりますよ。

まずはビーフシチューに使うお肉の部位からみていきましょう。

ばら(ともばら/かたばら)

焼き肉では「カルビ」と呼ばれる部位。角切りや大きめの一口大にカットして、ビーフシチューなどの煮込み料理に最適な部位。脂肪を含んだ独特の旨味が煮込みとの相性抜群です。

すね肉

牛のすねにあるお肉で、運動量が多いために筋や腱が多い部位。煮込めば煮込むほど旨味が出てきて柔らかく濃い味が出てくる部位。ビーフシチューには最適のお肉です。

すじ

牛のアキレス腱や、他の部位の腱や筋がついた部分をまとめて牛すじと呼ぶことが多いようです。多く含まれる脂を丁寧に取り除き、柔らかく煮込んで下処理に手間をかけることで、美味しくトロトロのお肉が味わえます。

ロース

背中にある部位。名前の通り、「ロースト」に向くお肉です。脂も少なめでさっぱりとした味わいで、すきやきやとんかつなどでお馴染みです。

サーロイン

ステーキといえば!な部位ですね。脂と肉のバランスが素晴らしく、口の中でとろけるような味わいが楽しめます。残念ながら煮込み料理には向きません。

フィレ

一頭から3%ほどしか取れない高級部位。柔らかく、脂肪が少ない上品な美味しさはやはりローストやステーキにしてこそ一番美味しくいただけるでしょう。

関連記事