CAMPHACK

まるでプチ2ルームテント!?「前室が広い」快適テント6選

0

ドーム型テントの中でも人気の高い「前室」が広くて快適なテントを集めました。広い前室があればタープいらずなので、ツーリングやペアでのキャンプなら雨の日だってテントだけでも大丈夫。狭すぎない、そして広すぎない、ちょうどいいテントいかがですか?

keiichiro kaneko

アイキャッチ画像出典:[email protected]

テントの快適度は前室の広さによって変わる

ドッペルギャンガーテントの前室 テントの前室とは、靴置きやザックなど少しの荷物を置くスペースのこと。当然ですがこのスペースが広ければ広いほどテント内は過ごしやすくなります。ですが、タープとの連携を想定された普通のテントたちは、最低限の範囲で前室が作られています。

今回はそんな普通のテントとは違い、テントの室内と同じくらいに前室を広く作られたテントたちをご紹介。タープを持っていかずとも屋根のあるスペースを作ってくれるそんな快適テントたちの魅力をご覧ください。

1~2人ならタープいらず

チェアやテーブルが置けるほど広い前室があるテントなら、1~2人は前室に納まります。タープなしでもキャンプできちゃうのはまさに一石二鳥。荷物を節約したいソロキャンパーや、ツーリングキャンプをやる方にはまさに最適なテントと言えます。

前室空間で調理も可能

タープ下のように前室が調理室に早変わり。広めの前室はテントの活用範囲を広げてくれます。

靴の脱ぎ履きもストレスフリー

雨の日のテントの出入りは、雨が跳ね上がってテント内を汚してしまったりストレスの元。前室の広いテントならこんなストレスも解消してくれて快適なキャンプを提供してくれます。

狭すぎず広すぎず、まるでプチ2ルームテント

ほどよく広く、ほどよくコンパクトに収まったその姿は、まるでプチ2ルームテント。狭すぎず広すぎずの微妙な空間が快適なテントライフを後押し! テントライフのスタートにもピッタリです。

前室の広いテント6選

それでは快適度が違う「前室の広いテント」たちを見てみましょう! どんな天候でも安心できる頼れるテントたちですよ。

関連記事