CAMP HACK[キャンプハック]


積極的に眠れるハンモック「KAMMOK/カモック」

積極的に眠れるハンモック「KAMMOK/カモック」に関心してしまう

0

超軽量コンパクトなハンモックを発表した「KAMMOK」が日本にこの春本格上陸!環境への配慮や安全性にこだわったプロダクトや、ブランド創設の背景を知ってKAMMOKのことをまずは知ってほしい!人気のハンモックとオプションパーツをご紹介しますよ。

CAMP HACK編集部


アイキャッチ画像撮影:編集部

この春、日本に本格上陸したハンモック

KAMMOK(カモック)
ゆらゆら揺れるハンモックは、大人も子どもも大好きなアイテム。最近は、タープの下にハンモックを吊してベッド代わりに眠るスタイルも人気です。 いろいろなブランドからハンモックがリリースされていますが、注目はこの春、日本に本格上陸したカンガルー印のハンモック、KAMMOK(カモック)です。

キャンプからヒントを得たマラリア対策

KAMMOK(カモック)に乗る女性
提供:BIG WING
そもそもKAMMOKとは、2010年にアメリカ・テキサス州で誕生したメーカー。大学で国際問題について学んでいたグレッグ・マッケビリーがキャンプ中に「軽量ハンモック+蚊帳なら、アフリカのマラリア対策に貢献できるのでは」とひらめいたのが事業のスタートだったんです。

とはいえすぐに資金を調達できるわけもなく、グレッグがチャレンジしたのは今どきらしくクラウドファンディング。50日間で1万5000ドルの支援を募ったのですが、グレッグの考えに賛同した人々は非常に多く、最終的な支援金は20万ドル!

日本へ上陸したのも、プロジェクトに共感されたから

KAMMOKを日本で紹介しようと考えたビッグウイングの植田人至さんによると

アメリカの展示会ではじめてKAMMOKを知りました。雰囲気がよく、また、マラリアで失われる命を救いたいという背景から設立し、今もなお継続して社会貢献を行っている姿勢に共感を得たので、代理店になろうと思いました。

KAMMOKでは、現在も、1%フォー・ザ・プラネット(環境問題のための寄付)を通して「ギブ・アドベンチャー」という活動を行い、子どもたちの冒険活動や環境保護の大切さを学ぶ機会を与えているそうです。

関連記事