CAMP HACK[キャンプハック]


店舗前で階段を下りてくる女性

ミニベロ・小径車おすすめ12選!人気メーカーの新作モデル掲載

0

おすすめのミニベロ(小怪自転車)特集!有名メーカー4選からおすすめのミニベロご紹介。ミニベロならではのメリット・デメリットも説明しているので、ロードバイクなどから乗り換える方は要チェックです!2017年度の新作モデルも掲載しています。

satoharu


アイキャッチ画像出典:DAHON

購入前に知っておきたい!ミニベロのメリット・デメリット

ミニベロに乗る女性
出典:DAHON
街中やちょっとしたサイクリングに使えるおしゃれな自転車が欲しい!という方におすすめなのがミニベロです。

ミニベロはフランス語で「小さい自転車」という意味。タイヤのサイズが20cm以下の自転車を指します。車輪の小さなミニベロは、ロードバイクやクロスバイクに比べて走行性能はやや劣るものの、短距離の走行では不便を感じることはありません。

こぎ出しが軽いため、街路では走行しやすいくらいです。もちろん、長距離を走りたいという方向けのミニベロもあり、使用目的に応じたミニベロを選ぶ必要があります。

ここが良い!ミニベロに乗るメリット

1番のメリットは、そのおしゃれな見た目ですよね。優れたデザイン性は街でも注目を集めることでしょう。また、カラーやデザインも多数あるため、自分好みの自転車を見つけることもできます。ファッションに合わせて、自分らしさを演出したいところですね。

さらに、タイヤが小さいミニベロは、ハンドリングがしやすく、複雑な街路もスイスイ走行することができます。慣性の力が弱く、軽い踏み込みで進むため、楽にゆっくりとポタリング(自転車でのんびりぶらつくこと)できるのも嬉しいポイントです。

自転車を室内へ持ち込む必要がある方にはサイズの小ささも魅力的ですね。

知っておくべき!ミニベロのデメリット

一般的に、小径車であるミニベロは長距離走行には不向きと言われています。慣性の力を必要とするロングライドでは、こぎ続けることになってしまうので不向き。また、タイヤが小さく、段差に弱いため、ほんの少しの段差でも強い衝撃がサドルから伝わってきてしまいます。長い距離を走る時はお尻が痛くなってしまう恐れも。

もちろん、デメリットを解消させたモデルも多く発売されています。自分の使い方に合わせて選択できるといいですね。

走行性を重視するなら451サイズ採用モデルを選ぶ!

ミニベロの車輪
出典:amazon
ミニベロには様々なタイヤ・ホイールの種類がありますが、一般的なものは20インチ。その中でも「406」「451」という2つの規格があり、外径のサイズが異なります。

簡単にいうと、「406」よりも「451」の方がタイヤの外径サイズが大きく、走行性能も上となっています。ツーリングに出かける際は「451」を採用したモデルがおすすめです。スポーツバイクのような走行感を味わえますよ。

関連記事