CAMP HACK[キャンプハック]


キャンプ用ナイフ

A-suke流「アウトドア ダンディズム」#05:ナイフって何でこんなに値段が違うの?

0

東京の水道橋にあるアウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー「BASE CAMP」を営む傍ら、「男前キャンプ」と題したイベント活動も行っているA-sukeさんの連載がスタート。第5回目はナイフの素材について勉強してみましょう。

A-suke


どんなナイフを買えばいいのか?最終章は、「素材」の話

_abc1939
第5回はとうとう「どんなナイフを買えばいいのか?」の最終章。前回まではナイフの構造を知ろうという内容だったけど、今回は「素材」について解説したいと思います。

ナイフを購入しようとしたことのある人はおそらく思ったんじゃないかな。「なんでこんなに値段が違うの?」と。その答えの半分はこの「素材」にあるんだ。それは例えば普通のナイロンのジャケットとGORE-TEXのジャケットの値段に差があるのと同じこと。

ナイフも同じ形でも素材が変わると値段が変わる。ナイフの値段に大きく影響を与えるのは主にブレードに使う金属とハンドルに使う素材。ハンドル材もブレードの金属の種類もすごく多くて、それでいて見た目はほとんど変わらないことも多い。でも今回は難しいことは後回しにして、シンプルに考える方法を教えたい。

まずはブレードの素材はすべて鉄だってこと。鉄にいろいろ加えてナイフの材料となるのだ。で、その素材は大きく分けると2種で「ステンレス」と「炭素鋼」。簡単でしょ?もう1個覚えるなら「ダマスカス鋼」を覚えると知識に厚みが増すよ。

関連記事