アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
キッズリュックを背負ったマネキン

ノースフェイスのキッズ用リュックのおすすめ14選!人気の8Lなど

2022/10/26 更新

おしゃれなアウトドアリュックが人気の「ザ・ノース・フェイス」は、キッズ用リュックも種類が豊富。耐久性・機能性・デザイン性が高く、子どもにうれしい機能も多数搭載されています。

今回は、サイズ別におすすめ商品をご紹介します。子どものリュックをお探しの方は要チェックです!

目次

アイキャッチ画像出典:ゴールドウィン

ノースフェイスのキッズ用リュックの魅力とは?

ザ・ノース・フェイスのキッズコーデ

高い人気を誇る「ザ・ノース・フェイス」のリュックは、キッズラインも大人顔負けのクオリティが魅力。

登山やキャンプ向けのアイテムを作っているノウハウが生かされたプロダクトは、機能性や耐久性が高く、使い勝手が良いモデルが豊富にラインナップされています。

ザ・ノース・フェイスのキッズリュックのショルダーパット

出典:楽天市場

とくにキッズ用モデルは、軽量設計ながらタフで壊れにくく、アクティブに動く子どもにぴったり。

アウトドアにはもちろんのこと、通園や通学用、林間学校用と、さまざまな用途で便利に使えること間違いなしです。

たくさんの荷物を入れても背負いやすいよう、柔らかいショルダーハーネスとバックパネルが採用され、子どもの小さな身体への負担を最小限にとどめてくれるのもうれしいポイント。

キッズリュックの笛付きバックル

バックルに笛がついているアイテムも多いので、非常持出袋としての活用もおすすめです。

ザ・ノース・フェイスのキッズ用リュックは公式店舗やオンラインストアのほか、アウトドアショップ、アウトレットなどでも取り扱いがあります。

サイズやデザインも豊富なので、子どもの年齢や使いたいシーンに合わせて選んでみてくださいね。

大人が使うのはアリ?

キッズリュックを使用する女性たち

出典:楽天市場

男女問わず人気の高い「ザ・ノース・フェイス」のリュックは、キッズラインのモデルを大人が使うのもおすすめです。

デザインは大人向けのリュックとあまり変わらないものも多いので、背面長が合えばそれほど違和感もないでしょう。

容量20L前後のモデルは小柄な女性などにも人気が高く、デイリーユースにぴったりです。

ノースフェイスのキッズ用リュックの選び方

ザ・ノース・フェイスの3色のリュック

出典:楽天市場

ザ・ノース・フェイスのキッズ用リュックを選ぶときは、以下のポイントをチェックしてみてください。

ノースフェイスのキッズ用リュックの選び方

1. 子どもの体格に合ったサイズを選ぼう

2. 用途を考慮しよう
3. カラーやデザインにも注目しよう

1. 子どもの体格に合ったサイズを選ぼう

キッズリュックを背負ったマネキン

キッズ用のリュックは、子どもの体格に合ったサイズを選びましょう。以下に目安のリュック容量を掲載するので、チェックしてみてください。

キッズ用リュックの容量の目安
年齢容量
園児10L程度
小学校低学年15L程度
小学校中学年20L程度
※上記はあくまで目安です。適切な容量は体格や用途によって異なります。

大きすぎるリュックは、ショルダーストラップが肩からずれ落ちたり、歩行の妨げになったりすることがあります。

持てる重さにも限界があるので、フィット感を重視して選ぶのがおすすめです。

2. 用途を考慮しよう

キッズリュックに入ったノート

出典:楽天市場

キッズ用リュックを選ぶときは、使うシーンもイメージしておきましょう。たとえば、幼稚園・保育園への通園や遠足用なら、水筒やお弁当などが入る10〜15L前後の小型タイプがおすすめです。低学年の小学生の日常使いにも使いやすい大きさで、1つあると重宝するでしょう。

20Lくらいの中型タイプは、小学生中学年〜の塾や習い事などにぴったり。一般的なA4サイズのテキストが入るかどうかも重要なので、縦横サイズも合わせてチェックしてみてくださいね。モデルによってはノートPCも収納可能なので、長く使えるでしょう。

林間学校や修学旅行などには、30L以上あると安心です。それほど使用頻度が高くない場合は、長く使えるデザイン・サイズのものを選ぶのがおすすめです。

3. カラーやデザインにも注目しよう

カラフルなザ・ノース・フェイスのキッズリュック

出典:楽天市場

ザ・ノース・フェイスのキッズ用リュックは、飽きが来ないデザインで長く使いやすいことも人気の秘訣。デザインがシンプルな分、カラーや柄のチョイスで子どもの気分を上げるのもおすすめです。

明るいピンクをはじめ、ベーシックなネイビーなどが汎用性が高く人気のカラー。定期的に新色も登場しているので、チェックしてみてくださいね。

ノースフェイスのキッズ用リュックのおすすめ

ザ・ノース・フェイスのキッズリュックとキッズジャケット

ここからは、容量別にキッズ用リュックのおすすめ商品をご紹介します。ザ・ノース・フェイスならではのデザイン性・機能性の高さは、キッズラインでも健在!

おしゃれなリュックのラインナップが豊富なので、子どもと一緒にお気に入りを探してみてくださいね。

・容量10L以下の小型タイプ

・容量10~20Lの中型タイプ
・容量20~30Lの大容量タイプ
・容量30L以上の超大容量タイプ

容量10L以下の小型タイプ

10L以下のキッズリュックを背負った子ども

出典:楽天市場

小さな子どもの背中にも無理なく馴染みやすい容量10L以下のモデルは、保育園や幼稚園への通園用リュックとしてもおすすめです。

大体3〜4歳からの使用を想定されているので、背負い心地や安全性にも配慮されているのがうれしいポイント。小さな子ども好みのデザインも多く、1つあると日々のお出かけに重宝すること間違いなしです。

ザ・ノース・フェイス ホームスライス

容量8L

フロントに刺繍された動物モチーフが特徴的な8Lサイズのモデルです。丸みのあるボディと柔らかいショルダーハーネスが幼児の小さな身体にもしっかりと沿い、動きやすさ抜群。

チェストストラップは負荷がかかると外れる面ファスナー仕様になっているなど、子どもにうれしい工夫が満載です。

軽さ重視なら、巾着式のシンプルなナップサックがおすすめです。A4サイズもしっかり入る容量8Lで、1日分の荷物を入れたいときにも便利。

強度のある70デニールのナイロンをメインに、ボトムは100デニールのナイロンで補強。アクティブに動く子どもでも使いやすいタフな作りが魅力です。

ザ・ノース・フェイス バークレーミニ

容量7L

クラシックなティアドロップ型がおしゃれな容量7Lのモデルです。フロントにはレザーパッチが備えられ、デザインも大人モデル顔負けのクオリティ。

バックパネルとショルダーハーネスは、通気性の良いエアメッシュ素材。チェストストラップは面ファスナー仕様で、背負い心地や安全性にも配慮されています。

ザ・ノース・フェイス メイフライリトルデイ

容量9L

必要な荷物がしっかり入る9Lの容量がありながら、145gの軽さを実現したモデルです。大きめロゴがスポーティーな印象です。

ホイッスル付きショルダーハーネス、面ファスナー式チェストストラップで、機能性も申し分なし。使わない時はフロントポケットにリュック全体を収納可能なポケッタブル仕様です。

容量10~20Lの中型タイプ

15L前後のキッズリュックと黒いスニーカーのコーデ

容量10〜20Lのサイズは、小学校低学年前後の子どもの普段使いリュックにぴったり。

チェストストラップやウエストベルトが付いているモデルもあるので、アウトドアにもおすすめです。

丸みのあるボディが特徴的な容量15Lのモデルです。大きな開口部のメインコンパートメントに加え、フロントのジッパー付きポケット、サイドのメッシュポケットも備わり、充実の収納力。

チェストストラップと収納可能なウエストベルトも装備され、アウトドア使いにも便利です。

上部がコの字型に開口するレクタングラー型のモデルです。容量17Lで、アウトドアからデイリーユースまで汎用性が高いサイズ感。

内部にはタブレットなどのデバイスを収納する専用スペースが設けられているのも特徴的。チェストストラップのバックルは、一定の荷重で自動開放する安全設計です。

ザ・ノース・フェイス ホットショットミニ

容量13L

愛用者が多い「ホットショット」のキッズラインモデルがこちら。メインコンパートメントに加え、フロント部分に大きめポケットを備えた容量13L。

レクタングラー型で、A4サイズのノートや16インチのノートPCも収納可能。大人っぽいデザインで、デイリースタイルもおしゃれに決まります。

▼ホットショットについて詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

レザーパッチとティアドロップ型でクラシカルな印象に寄せたモデルです。容量は、課外活動でも頼れる19L。

通気性の良いエアメッシュのバックパネルとショルダーハーネスで、重い荷物を入れたときの背負い心地にも配慮。チェストストラップは取り外し可能で、デイリーユースにもぴったりです。

ザ・ノース・フェイス メイフライデイ

容量15L

容量15Lでわずか190gの軽量さと、ポケットに本体を収納可能なポケッタブル仕様が特徴的なリュックです。

ショルダーハーネスは、身体に沿う立体裁断と通気性に優れるエアメッシュ素材のおかげで、快適な背負心地を実現。フロントに大きなロゴがプリントされたアイコニックなモデルです。

容量20~30Lの大容量タイプ

20L以上のキッズリュックと子供のマネキン

容量20〜30Lのリュックは、小学校中学年〜高学年の普段使いにおすすめ。A4サイズのファイルやノートPCも収納可能なモデルもあるので、塾や習い事用としても重宝するでしょう。

重たい荷物を入れても背負いやすいように、バックパネルやショルダーハーネスにこだわって作られているところもポイントです。

ザ・ノース・フェイス BCヒューズボックス2(キッズ)

容量21L

「ザ・ノース・フェイス」を代表する人気モデル「ヒューズボックス」のキッズラインがこちら。特徴的なボックスデザインやタフな素材使いはそのままに、容量21Lへサイズダウン。

開口部は大きめのトップファスナー仕様で、教科書などの取り出しも容易。塾通いや習い事におすすめのモデルです。

▼BCヒューズボックスについて詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

チェストストラップと収納可能なウエストベルトを備えた、アウトドアにもデイリーユースにも使いやすい容量22Lのモデルです。

収納部はメインとサブに分かれており、フロント右側のファスナーからメインコンパートメントへのアクセスが可能。デバイス専用ポケットも備えた使い勝手の良いモデルです。

シンプルで汎用性の高いモデルとして人気の「テルス」のキッズラインがこちら。多めの荷物もしっかり収納可能な容量20L。

EVAフォームとメッシュで構成した背面パネルで、フィット感も抜群。大人モデル同様、撥水ジッパーが採用されたポケットと付属のレインカバーで、雨天への備えも万全です。

奥行きのある丸いフォルムが特徴的な22Lの大容量キッズリュックです。大きくU字型に開閉するメインコンパートメントは、A4サイズも収納可能。

タブレット用ポケットや小物用ポケットが充実し、荷物の整理にも便利。ボトムはパッド入りで自立しやすく、扱いやすさも抜群のモデルです。

容量30L以上の超大容量タイプ

ザ・ノース・フェイスのサニーキャンパー40+6

出典:楽天市場

林間学校や本格的なキャンプには、容量30L以上の超大容量タイプがおすすめです。

子どもが使いやすいよう、ポケットが多すぎないシンプルな作りもうれしいポイント。リュックが重くなることが想定されるので、背負いやすさも注目してみてください。

ザ・ノース・フェイス サニーキャンパー40+6

容量46L

キャンプなどの連泊イベントには、こちらの40Lの大容量モデルがおすすめ。フロントの大きめポケットは取り外し可能で、容量6Lのリュックとして単体での使用もOK。

本体はメインコンパートメントに加え、左右に大きな2つのサブコンパートメントを備え、荷物の仕分けにも便利です。

丈夫でおしゃれで機能的!

ザ・ノース・フェイスのキッズリュックとアウトドアコーデの子供マネキン

「ザ・ノース・フェイス」のキッズ用リュックは、アウトドアブランドならではのタフさと機能性の高さが魅力のアイテムが豊富です。

幼児から小学校高学年まで幅広い年齢の子どもが使えるので、きょうだいで、ファミリーでお揃いにするのもおすすめです。お気に入りを探してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ