ザ・ノース・フェイスキッズリュックサック人気13選!2017年新作も

2019/02/21 更新

ノースフェイスのキッズリュックサック、ポーチおすすめ14選!ノースフェイスの中でも、リュックが特に人気の商品。スクエア型のリュックは街中でも良く見かけますよね。今回はノースフェイスの新作リュックを、容量サイズ別にわかりやすく紹介します。


 アイキャッチ画像出典:楽天市場

ノースフェイスのリュックがキッズにおすすめな3つの理由

ノースフェイスのリュックを背負ったキッズ
出典:楽天市場
ノースフェイスは、厳しい品質管理がされており、極地や高山での使用にも信頼がおけるブランドです。キッズ用のリュックサックにおいてもその性能は素晴らしく、非常にタフで使いやすいと評判なんですよ!

子供の安全を考えたリュック

光が反射するリフレクターやその糸を織り交ぜた素材を使用しているので、習い事などで帰りが暗くなってしまう場合でも安心です。

考え抜かれた機能性の高さ

エアメッシュをバックパネルに採用しており、動き回って汗をかいても蒸れません。撥水ジッパーを使用しているので、急な雨でも浸水を軽減してくれます。

大容量タイプは修学旅行にも活躍!

ノースフェイスのリュックは軽量でフィット感が良く、長い時間背負っていても疲れにくいです!容量が大きめなリュックは、修学旅行や林間学校にもおすすめです◎

ノースフェイスのキッズリュックサック2017年新作紹介!

2017年に発売された最新のリュックをご紹介します!これまでも大人気だった2つシリーズから、おしゃれな新色がそれぞれ登場していますよ。

【ノースフェイス キッズスモールデイ】

元気なキッズに人気のスモールデイから新色登場!新色は全部で6種類増えたので、ますます選択の幅が広がりました。ウエストベルトは取り外し可能なので、取り外せば日頃の習い事などにも使用可能。

夜間、車のライトに反射するリフレクターを本体とショルダー部に採用しており、安全面も配慮されています。

ITEM
ノースフェイス キッズスモールデイ
●サイズ:37×29×18cm
●容量:15L
●重量:405g
●カラー:ハニーサックル(新色)、ハイパーブルー(新色)、コスミックブルー(新色)、ジニアオレンジ(新色)、フォレストプリント(新色)、トライバルプリント(新色)、ブラック、TNFレッド、スカイダイバー、ラズベリーピンク、マルチへックスプリント

娘の幼稚園バックが、小さくなりつつあったので、購入しました。デザインもかわいくて、尚且つ、機能面もとても使い易く出来ておりました。


【ノースフェイス BCヒューズボックスジュニア】

大人気のBCヒューズボックスのキッズサイズにも新色登場!2017年カラーは6種類。A4サイズがすっぽり縦に収納できるボックス型のリュックは塾や習い事の道具を入れるのに便利なアイテム。

内部は小物の整理収納に便利なオーガナイザー付き。折り畳み傘やペットボトルなども収納できるポケット、ホイッスル付きチェストストラップなど機能面も充実しています!

ITEM
ノースフェイス BCヒューズボックス
●サイズ:37×30×13cm
●容量:21L
●重量:745g
●カラー:ブラック×シルバー(新色)、TNFレッド(新色)、サミットゴールド(新色)、スノーホワイトカモ(新色)、アラウンドザワールド(新色)、ハイパーブルー(新色)、フューシャンピンク

作りがすごくしっかりしていて、多少の雨にぬれても平気でした!荷物が少ないときは横のベルトでリュックの厚さを調整できるので便利です!ポケットも外側と内側にそれぞれあり、いいんじゃないかな?子供が背負った感じは、楽そうです。


ノースフェイスのキッズリュックサック15~20L

次に15~20Lのリュックをご紹介します!このサイズは、日帰りトレッキングやデイユースにちょうど良く、塾通いや習い事でも活躍しますよ。

【ノースフェイス キッズテルス20】

高い汎用性のバックパックとして人気のテルス(TELLS)のキッズモデル。背面とショルダーはメッシュ構造なので、汗による蒸れを軽減してくれます。

フロントジッパーには撥水ジッパーを採用しているので、急な悪天候にもしっかり対応。遠足や、日帰りトレッキングに最適です。

ITEM
ノースフェイス キッズテルス20
●サイズ:41.5×28×16cm
●容量:20L
●重量:660g
●カラー:ブラック、スカイダイバー、ローズレッド、ブライトコバルトブルー、ジャジー、トライバルプリント、フォレストプリント

買って良かった!小学2年の娘に買いました。 教科書類もちょうど入るサイズです。大きさ、機能共に大満足です。さすがTHE NORTH FACE、細かい気配りが沢山です。



▼ノースフェイスの総合情報はこちら!

【ノースフェイス ミニバークレー】

お出かけや遠足などにおすすめのヴィンテージスタイルのバックパック。フロントには小物の収納に便利な大きなポケットや、内部のメッシュポケットなどを装備。パッド入りのバックパネルで子供も背負いやすい作りになっています。

ITEM
ノースフェイス ミニバークレー(キッズ)
●サイズ:41.5×31×15.5cm
●容量:19L
●重量:370g
●カラー:カイエンレッド、ビリヤードG、アスファルトグレー、ワイルドライム

【ノースフェイス BCクラムシェル】

名前の由来でもある「二枚貝」のように、大きな口をあけて荷物の出し入れができるのが特徴の15Lのボックス型デイパック。A4サイズのプリントや教科書をそのまま収納でき、文房具などの仕分けに便利なオーガナイザーポケットとスリーブを装備。

ホイッスル付きのチェストバックルやリフレクターなど安全面にも配慮されているので、塾通いや習い事におすすめです。

ITEM
ノースフェイス BCクラムシェル(キッズ)
●サイズ:40×26.5×12cm
●容量:15L
●重量:850g
●カラー:ブラック、ミリタリーグリーンウッドランド、メロンレッド、アーバンネイビー、ブラウジングイエロー×ブルーバードブルー、ダブルテイクプリント、アーナーブルー、フェアリーレッド

5歳の子供のお出かけ用に購入しました。デザインも良く満足です。


【ノースフェイス ミニクレバス】

伝統的なバックパックの形状をモチーフにした、ヴィンテージスタイルのリュック。フロント部分の左右にはファスナーの付きの大きなポケットがあり、収納に便利です。塾通いや遠足などの小旅行にも活躍しますよ!

ITEM
ノースフェイス ミニクレバス(キッズ)
●サイズ:35.5×25.5×11.5cm
●容量:15L
●重量:340g
●カラー:ブラック、スカリオングリーン、セコイアレッド、スターリーパープル、ココモグリーン、ファイアリーレッド、ハイライズグレー、スウィートバイオレット

ノースフェイスのキッズリュックサック21~40L

荷物が多いトレッキングや、林間学校やサマーキャンプに適した大きめサイズのリュックです。女性が背負っても良いサイズ感なので、ママと共用しても良いかもしれませんね。

【ノースフェイス ミドルデイ30】

小学校中学年から高学年のキッズに適したトレッキングパック。フロントポケットには撥水ファスナーを採用しており、ポケット内への浸水が軽減してくれます。更にボトム部分にレインカバーを内蔵しているので雨対策もばっちり。

ヒップハーネスは上下に調整可能なので、成長に合わせて長く愛用できるのも嬉しいポイント。

ITEM
ノースフェイス ミドルデイ30(キッズ)
●サイズ:58×27×16cm
●容量:30L
●重量:1110g
●カラー:ブラック、スカイダイバー、ダンデライオンイエロー、オレンジラストプリント、ジオスタープリント、フェスタレッド、アシッドイエロー、ラズベリーピンク

ノースフェイスのキッズリュックサック~14L

普段使いにお勧めな小さめサイズの軽量リュック。旅行中の町歩きにも重宝しますよ。行動範囲が広がる3~4才くらいのお子さんも背負いやすくて、ピッタリのサイズです!

【ノースフェイス フライウェイトキッズリーコン】

林間学校や旅行中の街歩きにおすすめの超軽量ポケッタブルデイパック。収納ポーチもコンパクトなのでカバンに入れて持ち運ぶ時もかさばりません。お土産など荷物が増えたときのサブバッグとして活躍します。

ITEM
ノースフェイス フライウェイトキッズリーコン(キッズ)
●サイズ:37×24×15cm
●容量:13L
●重量:240g
●カラー:セレスティアブルー、ハニーサックル、ブラック、サラトガグリーン

【ノースフェイス ラディックス】

サイクリング用のワンショルダーバッグのデザインをキッズ用に小型化したリュック。シングルショルダーでの肩掛けと、2本のショルダーストラップを使って両肩で背負う2WAY使用です。

小物の収納に便利なセカンドポケットと、内部にはネームホルダーやキークリップ付きのメッシュポケットなど、収納力機能が充実。

ITEM
ザノースフェイス ラディックス(キッズ)
●サイズ:33.5×20.5×11cm
●容量:7L
●重量:275g
●カラー:スカイダイバー、ラズベリーピンク、ブルーバード、ダンデライオンイエロー、コスミックブルーテントプリント、オレンジラストプリント


【ノースフェイス BCショルダーポーチ】

外出時に携帯ゲーム機など、大切な小物を入れておけるキッズ向けのショルダーポーチ。

防水性と耐久性に優れたTPEファブリックラミネート素材を採用しているので、急な雨による内部への水濡れを軽減してくれます。

ITEM
ノースフェイス BCショルダーポーチ(キッズ)
●サイズ:16×22.5×7cm
●容量:2.5L
●重量:230g
●カラー:ブラック、メロンレッド、アーバンネイビー、ブラウジングイエロー×ブルーバードブルー、ダブルテイクプリント、ブラック×シルバー、TNFレッド、サミットゴールド、ハイパーブルー、アラウンドザワールド、スノーホワイトカモ

【ノースフェイス ハーフドーム】

3~4歳の行動範囲が広がるキッズ対応のデイパック。背負いやすい柔らかな背面とショルダー、ジッパー付きの大きなポケット、ショルダー部分に反射するリフレクターを採用するなど、子供が初めて持つデイパックとしておすすめです。

ITEM
ノースフェイス ハーフドーム(キッズ)
●サイズ:30×22.5×15cm
●容量:9L
●重量:285g
●カラー:ブラック、コスミックブルー、ローズレッド、コルセアパープル、ライティングボルトプリント、マルチへックスプリント、レパードイエロー

4月から年少なので通園用にと思ってこちらに決めました。サイズは大きくも小さくもなくちょうどいいです!前でとめるベルトがマジックテープなので自分で簡単にできるのも魅力。遠足で使う場合もお弁当と水筒とタオルくらいなら入ると思います!


【ノースフェイス ブックパック】

軽くてフィット感が抜群のスクエア型のデイパック。ジッパーで大きく開くフロントの大型ポケットや、左サイドにはボトルポケットが装備されているので、収納力は抜群◎

ホイッスル付きのチェストバックルやリフレクターなど安全面にも配慮されていて、未就学児から小学生まで対応しています。

ITEM
ノースフェイス ブックパック(キッズ)
●サイズ:35×24×15cm
●容量:14L
●重量:360g
●カラー:ブラック、コルセアパープル、ライティングボルトプリント、コズミックブルー、ローズレッド、マルチへックスプリント

リュック自体も重くなく、たくさん入るので、保育園の荷物が一つにまとまり楽になりました。娘が、気が向くと、リュックをしょいますが、荷物たくさん入ってても、苦じゃないように見えます。


【ノースフェイス キッズホームスライス】

3~4歳の子供が、初めて持つデイパックとしておすすめの小型のデイパック。夜間の視認性を高めるリフレクターを採用しているのも安心ポイント。

背面とショルダーハーネスは、背負い心地を追求した良い柔らかな仕上がりになっているので、遠足や旅行など長時間リュックを背負うシーンでも苦になりません。

ITEM
ノースフェイス キッズホームスライス(キッズ)
●サイズ:28.5×23.5×13cm
●容量:8L
●重量:230g
●カラー:ブラック、TNFレッド、スカイダイバー、ラズベリーピンク、コスミックブルー、ハイパーブルー、ハニーサックル、ジニアオレンジ、トライバルプリント、フォレストプリント

カッコいい!すぐに届きました!子供用とは思えないほどカッコ良くてしっかりしてます。息子もこれで遠足行くの楽しみにしています。


さすがノースフェイス!キッズ用と侮るなかれ!

ノースフェイスのキッズリュックを背負った女の子
出典:楽天市場
キッズ用のノースフェイスのアイテムを紹介してきました。小さくてもしっかりと作られていて機能性も抜群!夜間の安全性も配慮されていたりと大人用顔負けなのはさずがのノースフェイスですよね。

大人サイズをそのままキッズ用に小さくしたものは、家族でお揃いにしたり、また大人サイズだとちょっと大きいなと思っていた小柄な女性にもぴったり。さすがのクオリティを是非その目、その手にとって確かめてみてはいかが。

 

Children’s backpack is decided by THE NORTH FACE!

子供のリュックはノースフェイスで決まり!


    紹介されたアイテム

    ノースフェイス キッズスモールデイ
    ノースフェイス BCヒューズボックス
    ノースフェイス キッズテルス20
    ノースフェイス ミニバークレー(キッズ)
    ノースフェイス BCクラムシェル(キッズ…
    ノースフェイス ミニクレバス(キッズ)
    ノースフェイス ミドルデイ30(キッズ)
    ノースフェイス フライウェイトキッズリー…
    ザノースフェイス ラディックス(キッズ)
    ノースフェイス BCショルダーポーチ(キ…
    サイトを見る
    ノースフェイス ハーフドーム(キッズ)
    ノースフェイス ブックパック(キッズ)
    サイトを見る
    ノースフェイス キッズホームスライス(キ…

    関連する記事

    ノースフェイスのリュックを背負って遊ぶ子供たち
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    maya

    山が好き、車旅が好き、節約が好き! 旅費節約のためにテント泊を始め、キャンプの楽しさを知る。のんびりキャンプが大好物。快適空間を作るためのギアが少しずつ増え、日々キャンプレベル向上中。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!