最新モデルも続々!ザ・ノースフェイスのリュックを価格別に紹介

2019/03/07 更新

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の最新 リュック情報をお届け!2018年の新作から定番モデル、キッズリュックを価格別にご紹介します。普段使いやアウトドア、そしてビジネスシーンまで、幅広く活躍するリュックを見逃すな!


アイキャッチ画像出典:楽天

2018年!ザ・ノースフェイスの新作リュックが登場

ノースフェイス ロゴ ザ・ノースフェイスからも待望の新作の登場です。今回は2018年最新モデルのおすすめをご紹介します。
▼2017年モデル情報はこちら!

最新モデル!「XPヒューズボックス」が春夏新作で登場

XPヒューズボックス
出典:Amazon
スクエアな形状から容量も大きく、かさばるものも難なく収容できる大容量リュック。本格的登山でも活躍するバンジーコードも備えています。これから新学期が始まる学生の方が通学に使うのにもちょうど良い大きさです。
公式情報はこちら
ITEM
ザ・ノース・フェイス XPヒューズボックス
●サイズ:46×33×15cm
●容量:30L
●重量:約855g

大人気「BC FUSE BOX」がリニューアル!

BCヒューズボックス
出典:楽天
ロングセラー定番モデルのヒューズボックス。摩擦強度と耐水性に優れた素材と型崩れしにくいボックス型の形状で大きく開く開口部が特徴の実用的な用途が魅力のデイパックです。さらに背負い心地に改良を加えてリニューアルされて登場です。

ITEM
ザ・ノース・フェイス BC Fuse Box II
●素材: 1000DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)、1680Dナイロン
●サイズ:タテ:46 cmX ヨコ33 cmX マチ15 cm

大きさ、中の収納スペースとてもいい感じです。見た目も人気なのでしょうか、街中でも同じものをよく見かけます。


ザ・ノースフェイスの人気リュックって?



BCヒューズボックス
出典:楽天
ノースフェイスの象徴ともいえる、四角いフォルムが特徴のBCヒューズは一躍大ブームになりましたよね。しかし、最近は「ホットショット」の人気が急上昇中なんです。

1日分の荷物がぴったり収まる26Lの容量で、アウトドアでも日常でも使いやすいホットショットをご紹介します。
▼人気色は?人気モデルは?こちらをチェック!

ホットショットCLがきてる!

人気の定番商品として進化を遂げてきたHot Shotに待望の復刻モデルが登場です。背骨のラインに合わせてクリアランスを持つスパインチャンネル構造で背骨への負担を軽減しつつ、高い通気性を確保。

15インチまでのノート型PCとタブレットスリーブをを内蔵し、アウトドアでも日常でも使いやすい26Lの大容量多機能パックです。

ITEM
ザ・ノース・フェイス Hot Shot CL
●容量: 26L
●サイズ: (H×W×D)51×33×20cm
●重量:1,135g

造りがしっかりしており、通気性のある肩ベルトや腰に当たる部分のクッションなど心にくい配慮がされていました。26Lの大きさは、普段使いにぴったりでした。


ザ・ノースフェイスのおしゃれリュック3選【1万円以下】

アウトドアメーカーらしい頑丈な作りとおしゃれなデザインが魅力のリュックをご紹介します。重量が重くなっても快適な背負い心地が得られるバランスが心地いいリュック達。シックな黒系統のカラーもおすすめです。

27L ヴォルト

ノースフェイスの王道的なリュック。内部には15インチまで対応できるPCスリーブ付きで、小物が収納できる多機能ポケットも充実しています。
ITEM
THE NORTH FACE VAULT
●容量:27L
●サイズ:縦×横×厚:約49×29×18cm
●重量:890g

小柄な私には大きいサイズですが、良い感じです。色違いも欲しくなりました。


27L ピボター

開口部が大きいので、荷物の整理がしやすいリュック。こちらも15インチまで対応できるPCスリーブ付き。ショルダーは肩にかかる負荷を軽減してくれる設計で、背面もパット入りのメッシュ素材。一年中快適に背負えます。
ITEM
THE NORTH FACE Pivoter
●容量:27L
●サイズ:50×34×20cm
●重量:980g

28L アイアンピーク

スリムなシルエットが特徴のリュック。5インチまで対応できるPCスリーブと、ダブレットスリーブが設けられているほか、肩に負担をかけず背負いやすさを追求した設計に、リフレクターを採用して夜間での視認性も高めています。
ITEM
THE NORTH FACE IronPeak
●容量 : 28L
●サイズ : 50×31×17cm
●重量 : 1,049g

ザ・ノースフェイスのおしゃれリュック2選【2万円以下】

スクエア状のフォルムで大人の落ち着いたスタイルが特徴。オーガナイザーやポケットなど使い勝手の良さにもこだわり、デザイン面では細めのストラップの採用やポケットを共生地にするなどの個性が光るアイテムです。通勤や通学の日常はもちろん、フィールドに連れ出しても高いパフォーマンスを発揮してくれます。

18L シャトルデイパックスリム

Shuttle(シャトルデイ)シリーズの薄型デイパック。丈夫で高級感のある1050デニールのコーデュラ®ナイロンを採用しており、長く愛用できるリュックです。ビジネスバッグとしても人気。
ITEM
THE NORTH FACE Shuttle Daypack Slim
●容量:18L
●サイズ:45×27×12cm
●重量:850g

中はポケットが多くて、小物、ノート、書類、それにノートパソコン、iPadなどを入れるポケットが別にあります。ノートパソコンや、iPadのポケットには、クッションが付いていますので良いと思います。それに、ノートや書類がよじれません。
リュックの背中と肩にあたる部分は、やはりクッションが付いているので、長時間しょっていても疲れません。従来のリュックと違って、しょっていてもだらんとしません。


28L ボストーク

デイパックの中でも人気が高いボストーク。スクエア状のおしゃれなフォルムは、男女問わず使えるデザインです。デイパックとしてポケットなどの収納力、使いやすさにこだわったリュック。
ITEM
THE NORTH FACE Vostok
●容量 : 28L
●サイズ : 51×33×18cm
●重量 : 960g

三層になっているのが、薄いものしか入らない気がしていましたが、バスタオルのような嵩張るものでなければ大丈夫です。寧ろリュックの中がグチャグチャにならず便利で気に入りました。後は、背中がとっても快適です。そこはさすがアウトドア用ですね。


親子でザ・ノースフェイス!キッズモデルのリュック3選

ノースフェイスなら親子でコーディネートも楽しめる。キッズモデルもあるリュックをご紹介します。

15L キッズスモールデイバッグ

軽量でありながらも、強度のある素材を使用しているアウトドア用のリュック。夜間の視認性を強めるリフレクターも採用しています。遠足用リュックとしてもおすすめ。
ITEM
THE NORTH FACE K's Small Day
●容量:15リットル
● サイズ:37X29X18cm
●重量:405g


21L キッズBCヒューズボックス

大人気のボックス型リュック。大きく開く開口部は、ものの整理がしやすくてグット! A4 サイズも折らずに収納できるので、塾用や習い事バッグとして活躍します。
ITEM
THE NORTH FACE K's BC Fuse Box
●容量:21L
●サイズ:37X30X13cm
●重量:745g

24L キッズホットショット

ヴィンテージ風のデザインがおしゃれなリュック。素材には600デニールの強度の高いポリエステル素材を採用しています。通気性のあるエアメッシュを背面とショルダーハーネスに採用しているので、汗によるムレを軽減し、快適な背負い心地を提供してくれます。
ITEM
THE NORTH FACE K's Hot Shot
●容量:24L
●サイズ:41.5×28×15cm
●重量:500g

ザ・ノースフェイスのリュックと一緒に新生活を始めよう

BCヒューズボックスⅡ
出典:楽天
収容力が抜群にもかかわらず、カラーも含めバリエーション豊富なノースフェイスのリュックをご紹介しました。登山やハイキングにも使える耐久性を備えながらタウンユースでも違和感の無いデザインが人気の秘密。
新生活をノースフェイスのリュックと一緒に迎えてみませんか?
The North face is a buddy of new life!
ノースフェイスは新生活の相棒!

    紹介されたアイテム

    ザ・ノース・フェイス XPヒューズボック…
    サイトを見る
    ザ・ノース・フェイス BC Fuse B…
    サイトを見る
    ザ・ノース・フェイス Hot Shot…
    サイトを見る
    THE NORTH FACE VAULT
    サイトを見る
    THE NORTH FACE Pivot…
    サイトを見る
    THE NORTH FACE IronP…
    サイトを見る
    THE NORTH FACE Shutt…
    THE NORTH FACE Vosto…
    THE NORTH FACE K…
    THE NORTH FACE K…
    サイトを見る
    THE NORTH FACE K…

    関連する記事

    BCヒューズボックスⅡ
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    keiichiro kaneko

    学生時代、競技スキーを志す傍らで始めた山とスキーの専門ショップでのアルバイト。そこで初めてキャンプに出会い、最近ファミリーキャンプを卒業。今後、ソロキャンパーを目指す焚き火好き。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!