参考にしたいキャンプのレイアウト特集!スッキリ収納お助けグッズ9選

キャンプサイトのレイアウト決め、悩んでいませんか?キャンプ場が広くても意外と手こずるレイアウト。参考にしたい上級キャンパーのサイトレイアウトとすっきりまとまる優秀アイテム、テントやタープを配置する際に気をつけたいポイントをまとめました。


アイキャッチ画像出典:Instagram by @m.a_a.key

意外と難しいキャンプのレイアウト決め

eyecatch お気に入りのギアを好きなように並べてサイトを作れるのは、キャンプの楽しみのひとつ。でもキッチンとテーブルの位置関係やテントと車の停める場所など、考えだしたら止まらない!特に混んでいる時のフリーサイトとなると難易度はさらに高く、どうしたらサイトが効率よくすっきりとまとまるのでしょうか?
まずは、上級キャンパーたちのサイトを覗いてみましょう。サイトがもっと上手にレイアウトできるヒントが潜んでいるかも!?


真似したい!キャンプ上級者のレイアウト9選

A photo posted by maakey (@m.a_a.key) on


タトンカタープの小川張りがカッコいい!細々としたものはコンテナに収納されているのでしょうか、スタイリッシュにまとまっています。


A photo posted by KaoRin (@gotooutcamp) on


六角テーブルは、おしゃれなだけでなく全体のレイアウトを決めるアクセントになりそうです。


A photo posted by Masahiro.F (@yagipapa_r4) on



Taichi Uedaさん(@taa1man)が投稿した写真


陣幕を活用してプライベート空間をうまく作り出しているキャンプサイト。テントとタープの配置も是非参考にしたい例です。


シェルフ・チェアからランタン・ジャグまで、MSRのパビリオンに合うよう赤をアクセントに。サイトに統一感がうまれますね。


Kouji Matsudaさん(@kouji_78)が投稿した写真


こちらは機能的なソロキャンプのレイアウト。チェアの両サイドにテーブルを置いて、目の前にピコグリルの焚き火台。軽量を考えられた男前なツーリングキャンプのスタイルです。




キッチン周りのレイアウト

A photo posted by @kodama0867 on


参考にしたいベーシックなキッチンまわり。調理系ギアはひとまとめにすると動線がスムーズです。


A photo posted by daiki. sugano (@1031daiki) on


ビギナーには、ランタンポールやツールハンガーなどがあらかじめついているキッチンスタンドがおすすめ。


A photo posted by Keiko Morita (@m.k_ko.r.k) on


ユニフレームのキッチンスタンドにはコーナンラックは4段が合うようです。レターラックにキッチンツールを収納するアイディア、参考になります!

キャンプレイアウトを上手くまとめる有能ギア[キッチンテーブル]

ITEM
ユニフレーム キッチンスタンドII
●重量:約5.9kg
●使用時サイズ:108×37×高さ77.5cm
●収納サイズ:58×37×厚さ9.5cm
●材質:鉄クロームメッキ、ステンレス鋼

シンプルかつ上品なキッチンスタンド。ツインバーナーUS-1900と組み合わせることでスッキリとした一体感が生まれます。US-1900と一緒に収納する場合はLTトート(L)が適します。

いままで2バーナーコンロに単独のスタンドを組み立てていましたが、驚くほどに組み立てが簡単で感動しました。すべてがワンタッチ動作で行えるので怪我する危険性もほとんどありません。



ITEM
コールマン コンパクトキッチンテーブル
●サイズ:使用時/約143×54×79/178cm、テーブル/約80×54×80cm
●収納時サイズ:約80×10×28cm
●重量:7.1kg
●材質:フレーム/アルミニウム、天板/メラミン加工合板、シェルフ/スチール
●耐荷重:テーブル/約30kg、シェルフ/約25kg

バーナースタンド、ツールハンガー、ランタンポールがついたオールインワン仕様。しっかりしたスチール製シェルフ付きで、まさにキャンプサイトのキッチン!調理の動線も家さながらにスムーズです。

前は食事用のテーブルで野菜きったりしてたのですがBBQなんかは調理中から手伝わない組がテーブル廻りで飲み始めるのであるとやっぱり便利です。小さく収納出来ますし良い商品と思います。


キャンプレイアウトを上手くまとめる有能ギア[マルチ棚]

ITEM
キャプテンスタッグ 木製3段ラック
●サイズ:465×300×570mm
●収納サイズ:465×400×90mm
●重量:3kg
●材質:天然木(オイルステイン表面加工)
●耐荷重:棚板一枚10kg

キャンプ道具をスッキリ整頓、地面に置かずに整理できて便利です。組立・収納も簡単!ナチュラルな木製で、サイトの雰囲気もグッとおしゃれになりますよ。

キャンプに使いたくて購入。組み立ても簡単で、3段あると色々と並べられてとても便利でした。
途中雨が降って来た時にテーブルの下へそのまま入れられたのが、思わず便利でした。


ITEM
ノースイーグル2 WAYマルチスタンド
●サイズ:ローポジション/約44×50×33cm、ハイポジション/約37×50×46.5cm
●収納サイズ:約19×7×64cm
●重量:1.6kg
●材質:アルミ

2ポジションでの使用可能。フレキシブルバー採用により、ジャグやクーラーボックスなど様々なものを載せることが出来ます。

足が少し細いですが、ガタつきやグラグラ感もなく、安定して使用できます。付属する収納袋もしっかりしているので長く使えそうです。一脚だけ足が伸びる機構は、普段は使用することはないと思いますが、安定が悪い場所では威力を発揮するのではないでしょうか?


ITEM
ネイチャートーンズ 2WAY キッチンラック レッド
ITEM
ネイチャートーンズ 2WAY キッチンラック レッド
●サイズ:2段ラック時/下棚600x230x340mm、上棚600x170x525mm、SUSメッシュテーブル部300x170mm テーブル時/600x410x340mm
●収納時サイズ:670x485x60mm(連結部・持ち手部含む)
●重量:6.3kg
●材質:鋼材、ホワイトアッシュ材、SUS金網 表面:PE樹脂コーティング

コンパクトに折りたためるキッチンラック。上棚を前に倒すとテーブルに変形!左右2か所に小物を掛けられるフックがついているのも便利です。

他のメーカーはシルバー系が多く、このあざやかな赤がキャンプ場に置いておけば、小さい子供の目印にもなるし、人のまなざしを独り占め間違いなし。また、機能もたくさんに付いていて、2段ラック、ワイヤーメッシュ、ごみ入れとこれから料理をするのが、楽しみです。最後に小さくコンパクトに畳めて、持ち運び、スペースもとらないので、最高です。



キャンプレイアウトを上手くまとめる有能ギア[収納ボックス]

ITEM
スノーピーク シェルフコンテナ 25
●サイズ:325×520×210mm
●重量:3.6kg
●容量(内寸):290×405×195mm
●最大積載量:20kg
●材質:本体/スチール、ハンドル/竹、ステンレス、脚/ポリカーボネイト

「棚として使うシェルフ機能」と「荷物運搬のキャリー機能」が一体となったコンテナ。3段まで重ねられます。

開いて重ねて三段まで使用可能なところ。満載させても安定してます。グリップが握りやすく手になじむところ。またシーンになじむデザイン。カラーボックス等は原色が強いので・・・。また外観にシールを張ったりして楽しんでます。


ITEM
エーワイ カーサ マルチウェイボックス
●重量:450g(耐荷重15kg)
●容量:14.52L
●素材:ポリプロピレン
●サイズ:W400 X D300 X H145mm

丈夫な素材で組み立ても簡単なので用途を選ばず使用できる収納コンテナ。もともと、主にヨーロッパで食品輸送のためのケースとして使われていたもので、最近収納グッズとして注目が集まっているアイテムです。

いくつあっても便利。サイズ違いで数個持っている。たためるし、スタッキングできるし。


ITEM
スノーピーク ギアコンテナ
●素材:生地/420Dナイロン(PVC加工)、取手・補強部分/PPテープ、巾着部分/ナイロンメッシュ、底板/ベルポーレン
●本体サイズ:H310×D270×W380mm
●重量:約720g

マルチに活躍できる多用途バッグ。頑丈な生地感とちょうどいいサイズ感が、カトラリーや調理器具たちをまとめてくれます。

汚れてもふき取るかバシャバシャ水洗いしてすぐ使えます。蓋の部分の網もタオルなどで水分を取り除けます。いろんな物をどさどさ入れて使用してます。満載しなくても四角い形を維持しているところがお気に入りです。


ITEM
トラスコ トランクカーゴ
●サイズ::600×390×370mm
●内寸サイズ:504×306×293mm
●重量:2.71kg
●容量50L

天板耐荷重100kgと非常にタフなコンテナボックス。腰掛としても使えるとあって、一石二鳥!アウトドアにピッタリです。

上に座ったり乗って立ち上がったりしましたが、とても丈夫で壊れることはそうそう無いと思います。椅子にもテーブルにも使うことができます。ステンシルで文字をミリタリー風ペイントしたところ、無骨でオシャレな雰囲気になり満足です。


キャンプのレイアウトを決めるコツは?

41-min まわりへの配慮やプライバシーの確保も大切ですが、レイアウトを決めるのに重要なのはキャンプサイトの「顔」を決めること。どこから見てもおしゃれにキマるサイトは難しいので、まずはひとつ顔を決めておきましょう。

そして風の向きや地面の状態などの「安全対策」と「過ごしやすさ」はしっかり確認すること。おしゃれなレイアウトを目指すには、まずは基本をしっかり対策しておくことが大事です。

レイアウトを決めるコツ

■まずはテントではなくタープから張り、活動拠点を設置
■タープは風が吹き抜けやすい向きに張る
■テントは入口を風上にしてしまうと飛ばされる原因になるので避ける

■一番写真うつりの良い、キャンプサイトの「顔」の方角を決める
■背の高いギアは「顔」から見て奥へ配置する

■オートキャンプサイトなら車は荷物の出し入れしやすい位置に停める

キャンプレイアウト上達のコツは”経験”!

キャンプは場所や天候によってその都度条件が違うので、たくさん経験を積んで効率良いレイアウトを模索しましょう。出番の少ないものは、車にしまっておくのもスッキリとしたサイトをつくるコツ。

初心者は現地でアタフタしないよう、手持ちのギアをどうレイアウトするか、理想図をイメージしておくと良いですね。見た目も居心地も抜群のサイトを目指しましょう!

Lay Out Your Site Well!

キャンプレイアウトを工夫しよう!

紹介されたアイテム

ユニフレーム キッチンスタンドII
コールマン コンパクトキッチンテーブル
キャプテンスタッグ 木製3段ラック
ノースイーグル2 WAYマルチスタンド
ネイチャートーンズ 2WAY キッチンラ…
スノーピーク シェルフコンテナ 25
エーワイ カーサ マルチウェイボックス
スノーピーク ギアコンテナ
トラスコ トランクカーゴ

関連する記事

b3e61ae9139881c199711c5790551093
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!