【タイプ別】最新防水リュック・バッグ特集。海からバイク、ビジネスまで!

2020/06/16 更新

防水リュック・バッグ最新おすすめアイテム24選!バイクや自転車ツーリングなど、アウトドアはもちろん普段使いできるオシャレでタフネスな防水バッグ・リュックを紹介!海辺でのレジャー、川釣り、突然の雨でも安心して使える相棒を手に入れませんか?


アイキャッチ画像出典:楽天

もっと遊びを楽しめる!防水リュック・バッグを選ぼう

クローム ヤルタ 2.0
出典:楽天
雨の日に感じる「荷物が濡れる」というストレスを減らしたい! そんな方にぜひ活用して欲しいのが防水バッグ。雨でも外遊びやお出かけを楽しく、アクティブにしてくれる優れものです。

どんなときに使いたい?種類はか〜な〜り豊富!

アイテム画像出典:楽天
でも、ひとえに防水バッグといっても形やタイプは様々。自分が使いたいシーンや目的から最適なものを選びましょう! ここでは最新のおすすめアイテムをタイプ別に紹介していきます。

「完全防水」かどうかもポイント

防水バッグ
出典:楽天
選ぶときに気にしたいのが、完全防水(浸水しても大丈夫なレベル)かどうか。定義は明確に定められてはいませんが、大きなポイントとしては「縫い目にシーム処理がされていること」「止水ジップ仕様であること」の2つがあげられます。

各画像すべて出典:楽天(左からPVC、ターポリン、ポリエステルナイロン)
生地は写真のように水に強いものが使われていることが多ものの、縫い目やジッパー処理によっては水が染み出してくる可能性もあります。アウトドアでヘビーユースするのか、デイリーユースなのかによって素材もしっかり注目しましょう!

通勤通学の相棒に!リュックタイプ

ORTLIEBヴェロシティ
出典:楽天
自転車での通勤・通学には必須の防水リュック。毎日使うものだけに、こだわって選びたいですよね。こちらでは、各メーカーのオススメをどーんとご紹介していきます。

容量は?30L前後を目安にしよう

リュック内の荷物
出典:楽天
あらゆるメーカーから必ずといっていいほど発売されているのが「30L」のライン。目安としては日帰り〜1泊2日程度。荷物が多目の人は30L〜35Lくらい、逆に少な目の人は20L台で十分なケースが多いです。

アークテリクス アロー22

メインコンパートメントは15インチラップトップ、A4サイズ書類の収納が可能です。全面のカンガルーポケットは止水ジッパー仕様です。収納力がある上、独自のシステム採用により背負い心地も抜群!
ITEM
アークテリクス アロー22
◆完全防水:×(1260Dナイロン)
◆サイズ:約 H52×W33×D16.5cm
◆容量:22L
◆重量:1003g

22Lの容量のわりには、弁当、ペットボトル2本が、余裕で入ります。背中にフイットしてとても、いい感じです。


アークテリクス グランヴィル

15インチのラップトップだけでなく、A3版の書類もすっぽり収まるサイズです。メインコンパートメントは同社の片手用リリースバックルを使える上、自転車用ライト取付可能なクリップインポイントも装着。
ITEM
アークテリクス グランヴィル
◆完全防水:×(N400r-AC² ナイロン 6)
◆サイズ:約 H51×W32×D12cm
◆容量:20L
◆重量:855g

パタゴニア ブラックホール・パック 25L

15インチまでのラップトップが収納可能なスリーブはホック付きです。また、小物入れポケットは上部にあるので、物の出し入れがとてもし易くなっています。全面のデイジーチェーンにはレインコートも取付可能です。
ITEM
パタゴニア ブラックホール・パック 25L
◆完全防水:×(リサイクル・ポリエステル)
◆サイズ:H56×W27×D14cm
◆容量:20L
◆重量:650g

モンベル グラナイトパック 30L

モンベル グラナイトパック 30L
出典:モンベル
完全防水ではないものの、日常使いからハイキングや登山までと幅広く使えるバックパックです。開閉口はロールアップタイプ、フロントポケットは止水ジップ仕様となっているので、防水性には優れています。
公式リンク:モンベル

ワークマン イージス防水デイパック

ワークマン防水リュック 容量20Lの防水タイプデイパック。ファスナーは下部まで開き、物の出し入れがしやすくなっています。また、前面ポケットはA4サイズの書類が収納できる大きさ、内側には小物用にポケットが4つあります。
公式リンク:ワークマン

オルトリーブ ヴェロシティ

B4サイズの書類収納可能な完全防水バッグ。開閉口はロールアップになっており、内部のオーガナイザーは取り外しが可能になっています。背面は通気性がよいフォームパッドは蒸れのストレスを軽減してくれます。
ITEM
オルトリーブ ヴェロシティ
◆完全防水:○(IP64)
◆サイズ:H47×W28×D15cm
◆容量:24L
◆重量:950g

防水性、重量の軽さとも満足してます。背負った感じもフィットします。


ピラルク GP-002

開閉がロールアップ式のシンプルな完全防水バックパックです。一基室タイプですが、中には取り外し可能なジッパー付きポケットが装着。エアーバブル、マルチホルダー、3Mリフレクターと機能も充実しています。
ITEM
ピラルク GP-002
◆完全防水:○(PVCターポリン/ポリエステルPVCラミネート)
◆サイズ:H47×W28×D15cm
◆容量:20L
◆重量:880g

雨でも浸水せず使えました。空気抜きもあり便利です。
バイク使用時に鞄をまるごと入れられるので便利です。スクーターのボックスにギリギリ入れておけるので、突然の雨での対応も可能でした。


アルファインダストリーズ  200-009

14型ラップトップと10.1型タブレットを個別に収納可能なメインルームに前面の大きな2つのポケットで収納力抜群。背面ファスナーは開閉口を開けずに物の出し入ができるメインルーム直結型です。
ITEM
アルファインダストリーズ 200-009
◆完全防水:×(ポリエステル)
◆サイズ:H52×W31×D17cm
◆容量:26L
◆重量:1120g

荷物が増える中学の通学カバンとして購入しました。
雨の日も防水機能のおかげで、中に入れている教科書が濡れずにすんでいます。
大変満足しています。


ラドウェザー ロールトップ

表の大きなロゴ「LAD WEATHER」が反射板になっている、ロールトップ式のバックパックです。中に仕切りがないことで大物の出し入れも楽々。取り外し可能インナーバッグにはスマホや財布を収納可能です。
ITEM
ラドウェザー ロールトップ
◆完全防水:○(PVCターポリン)
◆サイズ:H43×W30×D13cm
◆容量:25L
◆重量:810g

雨の日に服や靴や電子機器などを入れていてもしっかり無事でした。
荷物が濡れるかも濡れるかもというストレスが無いだけで気持ちが楽です。


クローム ヤルタ 2.0

15インチラップトップポケット付きのメインルームには、サイドジッパーでアクセス可能。荷物量に合わせて調節可能なステンレススティールクロージャーが装着されています。
ITEM
クローム ヤルタ 2.0
◆完全防水:×(1050デニールナイロン)
◆サイズ:H53×W34×D19cm
◆容量:30L
◆重量:1300g

キャンプや釣り、バイクに!大容量防水バッグ

TTPL ツーリングバッグ 出典:楽天
キャンプや釣りなど、道具が多い遊びのとき道具類をまとめてごそっと持ち運べるとかなり便利! 続いてはそんな容量と利便性を兼ね備えた大容量防水バッグを見ていきましょう。
ツーリング用のバックパックとしては40Lくらいのバッグが多く使われているようです。日帰りはもちろん、ソロキャンプにも十分対応できる容量です。

TTPL ツーリングバッグ

シンプルかつ機能的なツーリングバッグです。 走行中は車体に、歩行中は背負ったり、斜めがけにしたりできる3Way仕様。 本体はロールアップ式の完全防水。開口部分が広く物の出し入れがし易いのも魅力です。
ITEM
TTPL ツーリングバッグ
◆完全防水:×(1050デニールナイロン)
◆サイズ:H53×W34×D19cm
◆容量:30L
◆重量:1300g

出張対応とバイクツーリングの両方をまかなえるバッグがないかと探してたどりつきました。
購入して、即座にキャリーを購入して、バイクに固定するようにしてキャリーに固定して使用て、出張に使用しました。
案外と旅行バッグより収納がありましたので、いい買い物と思いました。
特に、移動中に雨が降ってきましたが、防水バッグのため気にせず移動できました。


Kemeko ドライエックス LITE

ロールトップ式なので、荷物量に合わせてサイズを調整できます。サイドコンプレッションベルトは、バイクに積載時の垂れ下がりを防止してくれます。ハンドキャリー時には、斜めがけや手持ちが可能です。
ITEM
Kemeko ドライエックス LITE
◆完全防水:×(ターポリン)
◆サイズ:H25×W55×D30cm
◆容量:40L
◆重量:1300g

Naturehike  筒型 ダッフルバッグ

ショルダーとしてもバックパックとしても使える完全防水のマリンスポーツに最適なダッフルバッグです。開口部はロールアップ式で横幅のサイズ分大きく開き、物の出し入れのし易さは抜群です。
ITEM
Naturehike 筒型 ダッフルバッグ
◆完全防水:○(PVC塗りの500Dメッシュシート)
◆サイズ:H55×φ31/H63×φ33/H70×φ41
◆容量:40L/60L/90L
◆重量:1000g/1200g/1800g

バイクの積載用に購入しました。
実際に使用し雨天走行しましたが浸水無し、こすれなどによる破れもありませんでした。
バッグを閉じる時に空気を抜くのが少し面倒ですが低価格の商品なので贅沢は言えませんね。
60Lは思いの外に大きく2日分の着替えに帰りのお土産まで入れても余裕でした。
40Lでもよかったかもしれません。


オルトリーブ ラックパック

サイズ展開が豊富なロールクロージャー式のラックパックです。内側には小物収納用のインナーパケットが付いています。手持ちと斜めかけ(付属のショルダーストラップ使用)の2Way仕様です。
ITEM
オルトリーブ ラックパック
◆完全防水:○(PS55C PVCfree/IP64)
◆サイズ:S H24×W48×D24cm/M H30xW54xD27cm/L H34×W61×D32cm/XL H40×W71×D40cm
◆容量:24L/31L/49L/89L
◆重量:670g/760g/910g/1190g

ガワは思ったより薄いんですが、収納力は予想以上でした。
雨でも中身を心配する必要がないくらいに安心の防水力です。
なかなか使いどころが難しいと考えられるかもしれませんが、大は小を兼ねる。
これ一つで結構使い所はあると思います。


アクアパック TrailProof ダッフルバッグ

明るいアシッドグリーンにグレーのラインが目印のアクアパックのダッフルバッグ。防水、防塵、防砂、防油に優れたアウトドアやマリンスポーツをはじめとするあらゆるアクティビティに最強のパートナーです。
ITEM
アクアパック TrailProof ダッフルバッグ
◆完全防水:○(IPX6)
◆サイズ:
H23×W64×D22cm/H29×W69×D31cm/H37×W82×D34cm
◆容量:40L/70L/90L
◆重量:832g/1086g/1305g

着替えやタブレット…濡らしたくないものを死守!ドライサック

コールマン アウトドアドライバッグ 出典:Coleman

水遊びや温泉での着替えや電子機器など、絶対に濡らしたくないものを入れておくのに便利なドライサック。小物類の整理にも役立つので、目的に合わせてサイズ違いなどくつか持っていると便利ですよ。


シートゥサミット ライトウェイト70D ドライサック

鮮やかなカラーが特徴のシートゥサミット。サイズ展開が豊富で、濡れた物を入れるだけでなく、バックパッキング用として持ち物の仕分けや整理にも重宝する軽量タイプのドライサックです。
ITEM
シートゥサミット ライトウェイト70D ドライサック
◆完全防水:×(70Dナイロン)
◆サイズ:
H24×φ11/H29×φ13/H33×φ15/H46×φ17/H53×φ22/H61×φ25/H70×φ30/
◆容量:1L/2L/4L/8L/13L/20L/35L
◆重量:30g/38g/44g/58g/72g/86g/115g

8Lにウォーキングシューズがちょうど入ります。旅行先で汚れて洗って生乾きで臭くなってしまったシューズを入れて帰りましたが他の荷物に影響なくて助かったw。
洗うついでに水と洗剤入れて1日近く放置しましたが水漏れはありませんでした。


オスプレー ULドライサック

底部分のマチが長方形になっているので物の収納がし易く、パッキング時も余分な隙間が発生しにくいので、収納効率がとても良いドライサックです。軽量性を重視する方にオススメです。
ITEM
オスプレー ULドライサック
◆完全防水:×(40Dナイロンリップストップ)
◆サイズ:
H22×W16×D8cm/H28×W18×D10cm/H40×W22×D13cm/H42×W26×D16cm/H52×W28×D16cm
◆容量:3L/6L/12L/20L/30L
◆重量:20g/30g/40g/50g/60g

コールマン アウトドアドライバッグ

ロールアップタイプの大容量ドライバッグには、ウェットスーツやタープなどの大きめの荷物をすっぽり収納することが可能です。移動時には、付属品のショルダーベルトを使うことで楽にできます。
ITEM
コールマン アウトドアドライバッグ
◆完全防水:○(PVC)
◆サイズ:M 約H61×φ28/L 約H95×φ40cm
◆容量:35L/110L
◆重量:390g/770g

思っていた以上に大きくテント、タープなど色んな物を同時に入れる事ができました! バッグの裏側の端の処理などはされておらず切りっぱなしの状態ですが、今のところ問題なさそうです。便利でしたので小さいサイズのドライバッグも追加購入予定です。 


普段使いでも気は使わない!防水ショルダー&ポーチ

TWR 防水 ボディバッグ 出典:楽天
ちょっとそこまでお出かけするときや、フェスなどで大活躍の小ぶりタイプにも防水仕様がたくさんあります。気負うことなくサッと使えるショルダーやポーチは便利ですよ。

ピラルク ワンショルダーバッグ 防水バッグ

移動中に荷物の取り出しがし易いワンショルダータイプの完全防水バッグです。内部の空気を抜くAIRバルブに小物類を付けられるマルチホルダーも装備。中には取り外し可能なキャリングケースが付いています。
ITEM
ラルク ワンショルダーバッグ 防水バッグ
◆完全防水:○(PVCターポリン/ポリエステルPVCラミネート)
◆サイズ:約H40×W20×D10cm
◆容量:8L
◆重量:480g

画像で見るより実物がしっかりしていてよかったです。
ファスナーが少し締まりづらく感じましたが、防水性を考えると丁度いいのかもしれません。
実際に雨に打たれましたが、中が濡れることもなくスマホも無事でした。


ケンコー aosta インターセプター メッセンジャーバッグ

カメラ本体やレンズを収納できるよう、厚手のパッドでできているインナーバッグ(可動式の仕切りあり)付きのメッセンジャーバッグです。もちろん、インナーバッグを外して普通のバッグとして使うこともできます。
ITEM
ケンコー aosta インターセプター メッセンジャーバッグ
◆完全防水:×(ターポリン)
◆サイズ:H19×W40×D14.5cm/H23xW32×D26mm
◆容量:2.8L/10L
◆重量:540g/900g

F/CE. NO SEAM WEIST BAG

サイドベルトでフィット感を調整できる完全防水タイプのボディバッグです。ベルトの長さ調整でウエストバッグとしてだけでなく、ワンショルダーバッグとして使えます。また、持ち運びに便利な持ち手も付いています。
ITEM
F/CE. NO SEAM WEIST BAG
◆完全防水:○(500D CORDURA RIPSTOP NYLON)
◆サイズ:H15×W27×D11cm
◆容量:4L

TWR 防水 ボディバッグ

ショルダーバッグとウエストバッグ の2Wayタイプ。背中や腰への負担軽減のためにフィット感を重視し、接触部にはメッシュパッドを採用、ウエストベルトもクイックバックルリリースで調整可能です。
ITEM
TWR 防水 ボディバッグ
◆完全防水:×(600D TPUターポリン)
◆サイズ:約H30×W20×D11cm/約H20×W40×D10cm
◆容量:6L/8L
◆重量:310g/390g

旅行なのになんだかんだ色々と持ち歩いてしまい財布、折り畳み傘、スマホ、水筒、コンデジなどどうにか入れこみ持ち歩けました。
容量的には大きすぎず小さすぎずとてもよかったです。雨の中では使用していないので防水はどこまでかはわかりませんがチャックには多少隙間がありました。防滴程度に考えていれば問題ないかなという感じです。


キウ ウォータープルーフ ボディバッグ

カラーバリエーションが豊富なキウのボディバッグ。はっ水効果の高い生地を使っているので、雨の日も安心。ポケットは外側だけでなく、内側に3つあり小物収納がし易くなってます。
ITEM
キウ ウォータープルーフ ボディバッグ
◆完全防水:×(ポリエステル)
◆サイズ:H18×W32×D12cm
◆重量:約220g

釣りに行くために防水バッグを探してたどりつきました。
ペットボトルも入るし、バッグ内に鍵を留めるフックもついてるし、ペンのような少し長めのものも入るようになっているポケットあります。
ものをたくさん入れてもショルダーが太いので痛くなりません。ウエストポーチにもなるので使い勝手が良いです。ただ物を入れ過ぎてかがむと中身が落ちてしまうので必ずチャックを閉めるようにしています。


ザ・ノース・フェイス  ポストマン

開閉口に荷物量に合わせて調整可能なコンプレッションストラップを採用。付属のストラップはソフトタイプで負担が少ない上、取り外しが可能なので、バッグインバッグとして使う時に邪魔になりません。
ITEM
ザ・ノース・フェイス ポストマン
◆完全防水:×(210Dジオリップストップナイロン/500Dナイロン)
◆サイズ:H25×W33×D6cm
◆容量:11.38L
◆重量:250g

買い物にも便利な防水トート

オウルテック 3WAY WATER PROOF DRY BAG 出典:楽天
道具をまとめて運ぶのはもちろん、日常のお買い物にもぴったりの防水トート。女性でも違和感のないデザインのものもたくさんあるので、好みに合わせて選べます。

オウルテック 3WAY WATER PROOF DRY BAG

ロールダウン方式の完全防水タイプです。手提げ、斜めがけ、肩掛けができる3Wayタイプの自立型防水トート。中にはメッシュポケットとキーフックが付いているので、小物やカギの収納に便利です。
ITEM
オウルテック 3WAY WATER PROOF DRY BAG
◆完全防水:○(PVC/IPX4)
◆サイズ:H59×W24×D24cm/H34×W41×D19cm
◆容量:20L/25L
◆重量:358g/690g

レインズ LTD TOTE BAG

デンマーク生まれのレインズ。レインコートの技術を生かした、軽量タイプで光沢性のあるオシャレなバッグです。上部は止水ジップ仕様なので、上からの雨の侵入をしっかり防いでくれます。
ITEM
レインズ LTD TOTE BAG
◆完全防水:×(ポリウレタン/ポリエステル)
◆サイズ:約 H44×W56×D12cm

patagonia ブラックホール・トート

見た目よりも容量があるトートは、上部がフック式の留め具になっているので、開閉の煩わしさがありません。内側には小物入れ用のジッパー付ポケットが付いているので、カギやスマホなどの小物整理に便利です。
ITEM
patagonia ブラックホール・トート
◆完全防水:×(TPU/DWR)
◆サイズ:H28×W40×D20cm
◆容量:25L
◆重量:360g

ツールス WET TOTE BAG

開閉がベルクロ式になっており、プールやジムで使う大型タオルや着替えもすっぽり入る、軽量&防水トートです。下部のサイドにはメッシュとフラップ付きのポケットが付いています。
ITEM
ツールス WET TOTE BAG
◆完全防水:×(ビニール)
◆サイズ:H37×W45×D16cm
◆容量:26L

ボートダイビング等に行く為に購入しました。
バスタオルや着替えを入れるのに容量も十分で満足です。
バックの口はマジックテープでジッパーではないので完全な防水ではないです。


STYLEDGE ウォータープルーフバッグ

メインコンパートメントの他、外側に止水ジップ仕様のポケットが付いている完全防水バッグです。内側はメッシュタイプのポケットになっています。Sサイズは旅行時に化粧品などの液体の持ち運びにも使えます。
ITEM
STYLEDGE ウォータープルーフバッグ
◆完全防水:○(PVC)
◆サイズ:S 約H15.5×W29×D14cm/L 約H41×W53×D14cm

とても生地も良く、軽く、大きさもバッチリでした!迷彩柄で光沢の有るのを探していたので良かったです。


濡れ防止にはウォータープルーフで決まり!

  1. アルファインダストリーズ スクエアリュック
    出典:楽天
  2. 仕事でもプライベートでも活躍してくれる、濡れ防止対策におすすめの防水のバッグ。これでもう雨の日でも水遊びでも、荷物の濡れを気にすることありません!

紹介されたアイテム

アークテリクス アロー22
アークテリクス グランヴィル
パタゴニア ブラックホール・パック 25…
オルトリーブ ヴェロシティ
アルファインダストリーズ 200-009
ラドウェザー ロールトップ
クローム ヤルタ 2.0
TTPL ツーリングバッグ
サイトを見る
Kemeko ドライエックス LITE
Naturehike 筒型 ダッフルバッ…
オルトリーブ ラックパック
アクアパック TrailProof ダッ…
シートゥサミット ライトウェイト70D…
オスプレー ULドライサック
コールマン アウトドアドライバッグ
ラルク ワンショルダーバッグ 防水バッグ
サイトを見る
ケンコー aosta インターセプター…
F/CE. NO SEAM WEIST…
TWR 防水 ボディバッグ
サイトを見る
キウ ウォータープルーフ ボディバッグ
ザ・ノース・フェイス ポストマン
オウルテック 3WAY WATER PR…
レインズ LTD TOTE BAG
patagonia ブラックホール・トー…
ツールス WET TOTE BAG
STYLEDGE ウォータープルーフバッ…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

Naturehike 筒型ダッフルバッグ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Lilli Y. Sugaya

キャンプ三昧の日を夢見るファミリーキャンパーです。プライベート感たっぷりのこじんまりしたキャンプ場を探しては訪れて、充電をしています。焚き火を囲んで、まったり過ごす時間は至極の時間です。

編集部のオススメ

数あるポータブル電源の中で、僕らが「エナーボックス」を選んだ5つの理由AD
【メガネ派に朗報!】これ掛けたら、キャンプ場までの長距離運転がめちゃ快適になりましたAD
「絶景キャンプ」へ行くときに用意したい3つの必需品AD
キャンプギアは「バイ菌」だらけ? 消毒や除菌について、有識者に聞いてみたAD
【大御所キャンパーたちも太鼓判】コスパ抜群!ホームセンターのキャンプギア4選AD
これからアウトドアを始める方必見!お得に揃う7つの「カインズ製品」AD
7、8月はデビューのチャンス! 家族みんなが喜ぶ「おうちキャンプ」のはじめかたAD
ベクター?トラバース?いやいや、今キャンパーにオススメのSuunto (スント)はこれ!AD
刺される前に…「ブヨ」「ハチ」「アブ」対策しよう!2つの救世主グッズを使ってみたAD
ベテランキャンパーが教える「夏キャンプを成功させる5か条」とは?AD
【これは快適!!】1000W超えの“超高出力ポータブル電源”を、キャンプでフル活用してみたAD
食器も野菜も洗顔も、これ1本でOK? とにかく使えると話題の「マジックソープ」をキャンプで試してみたAD
イケてるジャグ大集合!【ハード】も【ソフト】も、水場をカッコよくする厳選12アイテム
【しかも爆安!】ワークマンのエプロンがキャンプやアウトドアで超使えるのでレビューしてみた
『タイオン』と老舗繊維商社が共同開発!“抗ウィルス加工”マスクカバー&ダウンウェアが登場
【MAX60%オフ】サマーセール開催中『ペンフィールド』が今、超お買い得です
外遊び好きにリアル調査!キャンプで使える「買ってよかったガジェット」教えて!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!