最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
Tallber LED KEYCHAIN LIGHT

Amazonで見つけた、謎の「小型LEDライト」が思った以上にキャンプで活躍してくれました

サイト全体を照らす大光量なものからデザイン性に優れたものなど、キャンプギアのなかでもラインナップが豊富なLEDライトやランタン

最近はなかなか目新しいものは見かけませんが、Amazonを探索していたところ、ちょっと気になる小型のライトを発見。キャンプでの使い勝手はどうなのか、実際に購入して確かめてきました!

目次

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

謎の小型LEDライトを買ってみた

LEDライト

その「謎のLEDライト」というのがコチラ。「Tallber」というブランドの「KEYCHAIN LIGHT(キーチェーンライト)」というアイテムらしいんですが、Amazonを回遊していると、見た目がおなじものが複数のページで販売されています。

価格もページによって1,000円〜1,800円程度とまちまちで、「大丈夫かな?」と若干躊躇しながらポチりましたが、問題なく製品が届いて安心しました。

複数セット購入の方が割安のところもあるので、追加購入しそうな場合は最初からセット購入がおすすめです。

‎Tallber KEYCHAIN LIGHT

重量45g
サイズ45mm×60mm×(厚み)20mm

Tallber KEYCHAIN LIGHT 2個セット

箱から出して中身をチェックしてみた

LEDライト

実際に届いた商品を見てみると、箱の時点で片手にすっぽり収まるほどコンパクト。円柱型の某人気LEDランタンのテイストに若干似ているような気もしますが、そこは目をつむりましょう。

LEDライト

箱から出して本体を見てみると、余裕で手のひらに収まるこの小ささ。重量は約45gととても軽く、ポケットに入れたりして手軽に持ち歩けそう。

IPX4の生活防水なので、ちょっと小雨や水しぶきが掛かる程度であれば問題ないはず。

LEDライト

続いて付属品のチェック、小さい箱から色々と出てきました。

収納ポーチ、充電ケーブルはもちろん、首から掛けるストラップ、キーホルダーのように取り付けるためのストラップ、名札のように取り付けるためのホルダーがあり、様々な取り付け方法に対応できそうです。

本体を詳しくチェック

LEDライトLEDライト

側面には電源ボタンと、反対側にケーブルの差し込み口があります。充電ケーブルは上下を気にせず使えて便利な「USB-Cタイプ」

電源ボタンの操作は、1回押すと明るさ「中」で点灯、2回で「弱」、3回で点滅、さらに消えてる状態で長押しすると「強」で点灯と、4パターンあります。

それぞれどの位の明るさなのかは、のちほど解説しますね。差し込み口の横にあるランプは、充電中は赤に点灯、充電が完了すると緑になります。

LEDライト

本体上部はカラビナ状になっているので、ガイラインやデイジーチェーンに引っ掛けたりして使うことができます。

カラビナの横にあるフックのところは、なんと栓抜き。流石に栓抜きはちゃんとしたものを用意してあると思いますが、イザというときに役に立つかもしれませんね。

LEDライト

背面には強力なマグネットを内蔵しているので、鉄製のものにくっつけてサイトを照らせます。

車のボディにも付けられるので、チェックインの時間が遅くなり辺りが暗くなってきてしまった時の設営などで活躍してくれますね。ただし、ボディを傷つけないように要注意ではあります。

LEDライト

背面のスタンドを起こせば、自立させることも可能。テーブルの上などに置いて卓上ライトとして使えます。

LEDライト

また、このスタンドを起こしてテントのフックなどに吊るせば、スポットライト的な使い方もできます。テント内ライトとして使うには、この方法が使いやすそうです。

LEDライト

さらに本体下部には1/4インチサイズのネジ穴があり、三脚に取り付けて投光器のように使うことも可能。小さいボディに似合わず、多種多様な機能が満載です!

COBライトって何?

LEDライト

よく見るLEDライトは小さいチップ状の光源がいくつも並んでいるタイプのものですが、COBライトは光源の面が大きいのが特徴。その分、広範囲を明るく照らすことができますが、反面、遠くまでは届きにくくなっているようです。

明るさを検証してみた

LEDライト

それでは、実際にキャンプで使って、肝心の明るさをチェックしてみましょう。

モードごとの明るさを比較

LEDライトLEDライトLEDライト

暗くなってからテント内で、強モード・中モード・弱モードで点灯してみました。写真上から強→中→弱の順です。

スペースやテントの広さにもよりますが、強モードならそこそこ実用的な明るさ。弱だと常夜灯ぐらいの明るさで、その状態で過ごすにはちょっと物足りないレベルでした。

2灯同時使用してみた

LEDライト

今回筆者は「複数個買い」したので、2灯とも強モードにした状態でテントに吊り下げてみました。1灯でもそこそこ明るかったので、2灯使うことでより明るく隅々まで光が行き届くようになりました

ソロキャンプであれば1灯でも足りるかもしれませんが、ファミリーなど複数人の場合は2〜3灯用意しておいた方が、しっかりと明るさを確保できそうです。

ゴールゼロと比較

LEDライト

参考までに、小型LEDライトの巨頭、「ゴールゼロライトハウスマイクロ」と比較をおこなってみました。光の色味はゴールゼロは若干温かみがあるのに対し、「キーチェーンライト」は完全な蛍光色。

照射方向は、「ゴールゼロ」は横方向に向かって広く照らすのに対し、「キーチェーンライト」は真下へ一方向というイメージ。取り付け方に寄りますが、明るさのレベルについてはほぼ同程度という印象でした。

バッテリーの持続時間は?

LEDライト

価格が安く、明るさもそれなりにある「キーチェーンライト」。なかなか優秀かなと思いかけたところで、ひとつ気になる点が見つかってしまいました。

強モードの状態で約2時間ほど経過したとき、光量が若干落ちていることに気がついたんです。そのまま観察していると、徐々に光が弱くなり、最終的に5時間ほどで完全に消灯

一般的には、同じ光量のまま点灯して、充電が切れたらパッと消えるのが普通ですが、このライトは徐々に暗くなっていくようです。消える直前は「弱モード」よりさらに弱い光量で、ライトとして役に立たないレベル。

フル充電時とおなじ明るさが維持されていたのは約2時間ちょっとで、それだとキャンプで夜の間使うにはちょっと短いかな、という点灯時間でした。

使い方色々で短時間の使用に適したキーチェーンライト

LEDライト

キャンプ以外でも、首から下げて夜の散歩で使ったり、色々な場面で役立ちそうなライト。

長時間となると難しいですが、夜間の設営など短時間で済むと分かっている状況でのスポット的なライトとしてであれば、幅広い用途で活躍してくれることが分かりました。

一個あたりの価格も比較的リーズナブルなので、夜の光量不足に悩むキャンパーさんは、ぜひ購入を検討してみてください!

こちらの記事もおすすめ