最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ダイソーバーナーライター

ダイソーの「バーナー多目的ライターミニ」の実力を検証レビュー【SOTOの名品と比較も】

ダイソーの「バーナー多目的ライターミニ」を実際にアウトドアで使って実力をしっかりレビュー! 渋いブラックの見た目に違わず、風に強い強力な炎。ガスの再充填がきいて、しかも2年間の保証付きで税込220円。背格好のよく似たあの名品マイクロトーチとの比較もしてみました。

目次

記事中画像提供:アトリエばく

ブラックフェイスの凄いヤツ!ダイソー「バーナー多目的ライター ミニ」見参

ダイソーバーナーライター

シュゴーッ! という力強い燃焼音とともに、頼もしげなブルーの炎が吹き出しているこちら。その名も、ダイソーの「バーナー多目的ライター ミニ」。

100均ショップの商品でありながら、ガスを補充することでくり返し使えます。しかも2年間の保証が付いて、なんと税込220円という低価格!

キャンプにもってこいのデザイン

ダイソーバーナーライターミニ、カップ麺

手の中にすっぽり収まるサイズ、そして全身ブラックの無骨な姿は、じつにキャンプ向き。でも、本当にアウトドアで使えるのかは未知数……。

実際に屋外で点火してみた様子を詳しくレビューしていきましょう。風の中で耐風試験も敢行。

姿形のよく似たSOTOの名品ライターとも比べてみました!

「バーナー多目的ライター ミニ」の取り扱い方法は?

基本スペック

ダイソー、バーナーライターミニ

バーナー多目的ライター ミニ
●サイズ:50×21×高さ79mm
●重量:約33g

点火方法は、ワンタッチで簡単!

ダイソーバーナーライター

点火方法はワンタッチ。火口のフタは、背面の着火ボタンをカチッと押すと開く設計です。着火ボタンを押している間は炎が噴出。着火ボタンを離すと火が消え、自動でフタが閉まる設計です。

ガスを注入する場合、市販のガスライター用ボンベから補充できます!

ガス注入方法

購入時は、すぐに使用できるようガスの入った状態で販売されています。

もしガスを使い切った場合は、再充填してくり返し使えますよ。充填には、同じく100均で販売されている「ガスライター用のボンベ」から補充しましょう。

ガスの注入方法

1:「バーナー多目的ライターミニ」底面のガス注入口を上に向ける
2:ガスボンベの先端を下に向け、注入口に垂直に接するようにあてる
3:2〜3秒押し込む動作を2、3回繰り返し注入する

使い捨てのライターはゴミにもなりますし、自治体によってはゴミの分別が危険物扱いになり、捨てるのに手間がかかることも。この価格で使い捨てではないのは嬉しい仕様ですね。

2年間の保証付き!

取扱説明書

100均商品なのに、2年間の手厚い保証が付いています。購入日がわかる領収書を添えれば、通常使用において自然故障が生じた場合、無償で修理してもらえます。

SOTOのライターと比較してみた

さてさて、このダイソーのライター。キャンパーならSOTOの名品「マイクロトーチ アクティブ」とよく似ているかも……? と思った人もいることでしょう。

SOTO マイクロトーチアクティブ

●サイズ:50×19×90mm
●重量:45g
●ガス充てん量:約1.2g
●火口径:φ14mm
●火炎温度:1300℃

双方にどんな特徴があるのか、その差異を比較してみました。

まずは外観チェック

ライターサイズ比較

SOTOの方が若干大きく、重量もやや重めです。手の中にすっぽり収まる小型感はさほど変わりません。

ガス注入口・炎の調節は

ガス注入口比較

どちらもガスの注入口はライター下部に。SOTOは、炎の大きさも下部の「ガス調整つまみ」を回して操作します。大型のダイヤルで扱いやすいですね。

炎調節部の比較

ダイソーの「火力調整ツマミ」は首の部分にありました。左右にスライドさせる形式ですが、感覚的に操作できてわかりやすいです。

残ガスのレベルゲージの見やすさは、SOTOの方が親切

SOTO、ガスレベルゲージ

ガスの再充填の目安となるレベルゲージ。SOTOは透明な窓から覗けるようになっています。

ダイソー、ガスレベルゲージ

対するダイソーの方は、半透明の本体タンク部分から、液化ガスの水面がわずかに透けて見えるかな……といった程度。残ガスの確認のしやすさではSOTOの方に軍配が上がりますね。

両者を並べて耐風テスト!

アウトドアでライターを使うとき、最も気になるのは耐風性。SOTOの「マイクロトーチ アクティブ」も、ダイソーの「バーナー多目的ライターミニ」も、一般的に風に強いとされているターボタイプ。

耐風テストにあたって、炎の大きさは双方ともに真ん中に調整しました。さて、実際に屋外で点火してみた結果はいかに?

SOTO、無風状態の炎

まずはSOTOから。無風状態のときを狙って点火。キレイな青い炎です。また、本体の溝が滑り止めになり、しっかりと握れます。

ダイソー、無風状態

ダイソーはSOTOと比べて燃焼音が大きく、炎も細長いです。本体の丸いボンベ部分は表面が滑りにくい素材で、保持しやすいと感じました。

耐風テスト

風が出てきたので、同時に着火してみました。このときの風速は約4m〜5mと結構な強風。炎が風になびくものの、どちらのライターも火が消えないのは優秀です。

フルパワー時耐風性能比較

ここで、試しに炎の大きさを2つとも最大にしてみました。SOTOの炎の先端がほんの少し風で曲がりますが、両方ともしっかり着いたまま。こう比べてみると、ダイソーの方もある程度の風の中でも頼りになる、パワフルなライターといえそうです。

両者ともにストラップを取り付けられるデザイン

紐通しの穴

SOTOのライターと同様に、ダイソーのライターにも紐などを取り付けられる環があります。これが便利!
ライターを首にかける人

ストラップを取り付け、首から下げておくことも。いざ火を着けようとして、あれ、ライターどこ行った? と探し回らなくて済みますね。小型で重量も33gですから、首に負担もかかりません。

結果、ダイソー商品もキャンプで必要十分に使えました

アルコールストーブに点火

思いの外しっかりとした炎で活躍してくれたダイソーの「バーナー多目的ライターミニ」。パッケージに発熱量や火炎温度のスペック表記がないので、どれほどのパワーなのか正直不安だったのですが、220円でこれなら十分過ぎるくらいかな?という使用感でした。

ダイソーには、大サイズ「バーナー多目的ライター」もある!

バーナーライター大

ちなみに大型の「バーナー多目的ライター」も販売されていますよ!

こちらも使い捨てではなく、ガスがなくなったら再充填して使用可能。保証も2年付いて、価格は税込330円。立てて置くためのスタンドが付属します。

ミニと大きさを比べると

ライター大小比較大サイズは7×4×高さ11.3cm(スタンド含む)。火力調整ツマミで炎の大きさ調整も可能。火口のフタはありませんが、本体上段、着火ボタンのすぐ横にスライド式のストッパーが付いて、より安全な設計になっています。

携帯性はミニサイズの方が勝るものの、パワーのある炎、グローブを付けた手での操作性もよかったことから、大サイズもキャンプ用として十分条件を満たすといえるでしょう。

小型で高出力、これはキャンプで主役を張れるライターです!

ダイソーバーナーライター小、カップ麺、マグカップ

耐風性能も高く、ガスを再充填すれば永く使えます。220円で2年間の保証も付いて、これはもうメインで使うライターとしても良さそう!

小回りのきくサイズはソロキャンプのお供にも最適。焚き火の着火や、キャンプ料理の仕上げにさっとチーズの表面を炙るなど、まさに“多目的”に使えるライターです!

100均レビューはこちらも参考に!