CAMPHACK

ちゃんとできてる!?来シーズンのためにやっておくべき「石油ストーブのメンテナンス」

0

秋冬のキャンプでお世話になった石油ストーブですが、よ~く見てみると実はかなり汚れているんです! 来シーズンもちゃんと使える状態にしておくために、保管する前に隅々までしっかりメンテナンスをしておきましょう。石油ストーブのヘビーユーザーである筆者が、毎シーズン行っている掃除方法基本の6STEPをご紹介します!

AKT

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

石油ストーブ、使ってそのままにしていませんか?

レインボーストーブ
寒い時期のキャンプをこれで乗り切ったという方も多いであろう石油ストーブ。春を迎えると来シーズンまではしばらくお休みになりますが、石油ストーブの保管ってみなさんどうしていますか?

1シーズン使った石油ストーブは、こんなに汚れていることも!


筆者がこの冬を通して使っていた石油ストーブを分解してみると、内部はかなり汚れっぷり。お湯を沸かしたり鍋を温めたりすることもある天板の内側には、吹きこぼれた液体汚れがこびりついていました。


そしてなんと、外炎筒の周りには明るさに釣られて寄ってきた大量の虫の死骸が……! 汚れや埃が溜まるとストーブが点きにくくなり、火災の原因にもなります。何よりこのまま保管するのは気持ちいいものではないので、きれいに掃除しておく必要があります。

というわけで今回は分解や清掃方法・保管時の注意点など、筆者が毎シーズン行っている石油ストーブのメンテナンス方法をご紹介します!

関連記事