CAMPHACK

【初心者でも簡単】専門家に教えてもらった「バトニング方法」&「おすすめナイフBEST3」

0

ナイフで薪を割る「バトニング」に挑戦してみませんか?アウトドアの専門家である寒川さんを講師に迎え、バトニング向けのおすすめナイフからやり方まで教えてもらいました。動画でも分かりやすく紹介しているため、初心者でも気軽に挑戦できますよ!

CAMP HACK編集部

初心者でも簡単!ワイルドな火起こしの一歩「バトニング」に挑戦してみよう

薪
キャンプ場で販売されている薪を、そのままの太さで使用し、火を起こそうと思うと大変! 太さのある薪は火が定着しづらく、火起こしも難航すること請け合い。そんなときに身に付けておくと便利なテクニックが「バトニング」です。

バトニングとは?


バトニングとは、ナイフで薪を割ることを意味し、焚きつけ用の細い薪を作りたいときに実践したいテクニック

薪にナイフを押し当て、ナイフの刃先を木材で叩くことで簡単に薪を割ることができるので、キャンパーなら習得しておくと便利です。

そこで今回は、アウトドア歴40年を越える寒川さんを講師に迎え、初心者でも簡単にできる「バトニングのやり方」から「おすすめのナイフ」まで教えてもらいます。

寒川 一(サンガワ ハジメ)
40年以上ものアウトドア経験を活かし、アウトドアライフアドバイザーとして活動中。北欧のアウトドア用品を取り扱うショップ「UPI OUTDOOR PRODUCTS」のアドバイザーや、完全予約制の「焚火カフェ」の運営、焚き火道具開発にも携わり、多岐に渡るフィールドでアウトドアの魅力を発信し、注目を浴びている。

まずは必要な道具の準備から! バトニングで欠かせない道具といえば、ずばりナイフ。しかし初心者の場合、このアウトドアナイフ選びも頭を悩ませるポイントに。

そこで数あるアウトドアナイフを取り扱ってきた寒川さんに、ナイフ初心者におすすめ「バトニング向けナイフ」BEST3を教えてもらいました。

関連記事