【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


ダイソー「メスティン」に新サイズが追加!本家トランギアとの違いも比べてみた

3

SNSで話題のダイソー製メスティンを使用レビュー! 1合炊き、1.5合炊き、3合炊きの3サイズを入手。本家トランギア製メスティンと比べて何が違う? 本当に使えるの? 使い勝手は? 実際にご飯を炊いたり料理をして、性能をチェックしてみました!

関美奈子


記事中画像提供:アトリエばく
※記事中の価格表示は税込価格です。ところによって取扱商品が異なりますので、詳しくはお近くの店舗までお問い合わせください。

ダイソーのメスティン知ってる?

ダイソー製メスティン
ダイソーから、アウトドア系商品の一環として、メスティンが話題をよんだのも記憶に新しいところ!

パッケージには、ハンドルのついたメスティンの画像と、「火力調節いらずの半自動炊飯」の文字が。簡単に美味しいご飯が炊ける手順が書いてあり、アウトドア未経験者でもこれを読めば「やってみようかな!」と思える手軽さが人気を呼びました。

大好評の1合炊きに続いて、1.5合と3合サイズが新登場!

メスティン外箱・縦
さらに大ヒットした1合炊きのメスティンに続いて、1.5合炊きと3合炊きの2サイズも追加発売! 1合炊き(550円)、1.5合炊き(880円)、3合炊き(1,100円)。全部買っても2,530円と破格です。

早速購入、実際に使ってスペックを確認!

アウトドアでどれだけ使えるのか、早速その能力をチェックしてみました。それでは、レッツ・チャレンジ!

関連記事