CAMPHACK

SOTOの分離型シングルバーナー「新型」と「定番」をくらべてみました

0

キャンパーのあいだで注目されている分離型シングルバーナー「SOTO/ST-301シングルバーナー」と「SOTO/ST-330レギュレーターストーブ フュージョン」。同じようで同じじゃないこの2モデル、どっちがベストチョイスなのかを検証してみました!

牛島 義之

記事中・アイキャッチ画像撮影:筆者

ロングセラーと最新モデルで悩むって、どういうコト?

ST-301 シングルバーナー
出典:Amazon
SOTOのロングセラー「ST-301シングルバーナー」(以下、ST-301)をご存知でしょうか? コンビニなどでも手に入りやすい、安価なCB缶(カセットボンベ)を用いた分離型のバーナーです。

分離型は一体型と比べてゴトクが大きく調理向き。また、ガスボンベを離れた位置にセットできるため、ガスボンベが加熱されて爆発するような危険が少なく、安心して使えるのも特徴です。

ST-330レギュレーターストーブ フュージョン
出典:SOTO(写真はレギュレーターストーブ フュージョン)
SOTOには、そんなカセットボンベを用いた分離型のバーナーがもう一つあります。2019年に発売された「ST-330レギュレーターストーブ フュージョン」(以下、フュージョン)です。

新製品なだけあって「ST-301」にはない機能を備えています。

ST-301 フュージョン  比較
写真左のST-301は、アマゾン限定モノトーンカラー
金額の違いも1,000円程度なので、最新型の「フュージョン」に人気が集中しているかと思いきや、あえてロングセラーモデルを選ぶ人がいるということ……! その理由とは?

今回は「ST-301」と「フュージョン」を比較して、それぞれの機能性を検証してみます。

ふたつのモデルを比較してわかった違いとは?

同じタイプのシングルバーナーに、それほど大きな違いはあるのでしょうか? この2モデルの違いを見ていくことにしましょう。

関連記事