CAMP HACK[キャンプハック]


アルパカストーブと灯油携行缶をサンドベージュに塗装

セルフカスタムの達人直伝!スチール製ギアを好みの色に塗り変えてみた【キャンプギアDIY講座Vol.1】

0

“フィールドのアイディアマン”の異名を持つ、38explore主宰の宮崎秀仁さん(ミヤさん)が、キャンプギアのDIYテクニックを教えてくれる連載がスタート!第1回目はスチール素材の塗装について。必要な道具と手順や注意事項などを、詳しく教えてもらいました!

まつい ただゆき


アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者
※記事内で石油ストーブの分解を紹介していますが、故障等のトラブルについてメーカーによる保証はありません。行う際は自己責任となりますことを、ご了承ください。

【QUESTION】ギアの色がバラバラ……これってどうにか揃えられない?

アルパカストーブ 灯油携行缶
キャンプサイトで使うギアは、色数を絞ったほうがお洒落な雰囲気になります。写真は筆者のアルパカストーブと灯油携行缶。秋~春のキャンプでは常にセットで持ち運びをするだけにカラーも揃えたいのですが、やったことが無いし火器なので安全面も心配……。

そこで、セルフカスタムの達人に相談してみました。

【ANSWER】塗装しなおすことで解決できます!

38explore 宮崎秀仁さん
その人とは、CAMP HACKでもおなじみのガレージブランド「38explore」を主宰する宮崎秀仁さん(通称:ミヤさん)。少年時代はプラモデルの塗装に没頭し、最近では愛車をもセルフペイントしてしまったのだとか。

そんなDIYの達人であるミヤさんが、キャンプギアを好みの色味に仕立て上げるセルフカスタム術を教えてくれました。

スチールギアをカラーチェンジ!

灯油携行缶の塗装
今回は、さきほどのストーブと携行缶をトレンドのサンドカラーにチェンジします。先に携行缶の仕上がり(写真左)を少しお見せすると、色が変わったことでまるで別のアイテムのよう!

ちなみに右はミヤさんが3年前に塗装したという携行缶。これはまたいい味が出ていて、オリジナルカスタムへの期待が高まりますね。

ではさっそく、必要な道具とやり方をレクチャーしていただきましょう!

関連記事