先輩キャンパーのDIY案!おしゃれかつ使えるアイテム9連発!第3弾

2019/10/02 更新

「こんなギアがあったらなぁ」「これ欲しいけど、高いなぁ」と既製品に満足できないキャンパーも多いのでは?今回は、世界に一つしかないオリジナルギアを開発した先輩キャンパーたちのDIY実例集をご紹介。初心者さんから玄人まで、DIYに興味がある方は要チェック!


アイキャッチ画像出典:Instagram by @hideya.u

キャンパーが生み出す、世界で1つだけのオリジナルギア

出典:Instagram by @w_hiro_w
ひと昔前に比べると、キャンプギアのラインナップは驚くほど増え、機能だけでなくルックスもどんどん進化。今や便利なのは当たり前、おしゃれかつ個性的なギアが求められる時代に。
出典:Instagram by @outdoor178kokorozashi
そんな時代でも、コストを含め自分のニーズを100%満たすアイテムが見つからない時ってありますよね。ならばやはり自分で作ってしまうのが1番!

今回も既製品では叶わないニッチなニーズを満たすDIYアイディア9連発、一挙ご紹介しちゃいます!


既製品だけで満足できない!キャンパーのDIYアイディア9連発

既製品では叶わないキャンパーそれぞれのニッチなニーズを満たしてくれる、個性あふれる自作ギア9連発、早速みていきましょう!

1. 木製ジョイントがアクセント、スタイリッシュな自作ラック

出典:Instagram by @hajitake.cam_
細めのポールに木製のジョイントがスタイリッシュで目を引くデザインの自作ラック。既製品にはなかなかないスリムな奥行き&幅も使いやすそうです。

天板・脚・ポール全てバラバラに分解できるので、収納時もとてもコンパクトになりそうですね。

2. シンプルでコンパクト!コーヒードリップスタンド

出典:Instagram by @n.out.sho1235
丸木の横棒を、クロスさせたジョイント用穴開き金具にネジ止め、底面に板を渡しただけのシンプル構造のDIY。
出典:Instagram by @n.out.sho1235
構造はシンプルですが、下部の横棒を片側だけ底面から外してこのようにペタンコにすることもできるという、じつは収納面も計算された作り! ほぼワンタッチでコンパクトにできる構造は秀逸です!

3. 折りたたみ式ハンガーラック&ハンガーでスッキリサイトに

出典:Instagram by@hiro_petaro
こちらは、ついつい椅子に掛けてしまいがちな帽子や上着などを掛けておけるハンガーラック。
出典:Instagram by@hiro_petaro
横棒こそアイアンですが、支柱部分は木製だからナチュラルインテリアにもバッチリ馴染みます。しかも折りたたみ式だからコンパクト収納&イージー設営を実現。手作りの木製ハンガーとセットで使えばいつもスッキリおしゃれなサイトに。

4. トランクカーゴにシンデレラフィットする2段ラック

出典:Instagram by@olivedrab3000
こちらは「トラスコ トランクカーゴ70L」に「アンブラ イメルダ シューラックス」がシンデレラフィットするのをうまく利用したDIY。
出典:Instagram by@olivedrab3000
シューラックの棚部分がメッシュ状のため、ダイソーのMDF材をカットしてカーゴBOX同様ブラックに塗装して乗せています。
出典:Instagram by@olivedrab3000
さらに全てがカーゴBOXに収納できるサイズバランスも絶妙。既製品を活用した、手軽なのに完成度の高いDIYのお手本例ですね。

ITEM
アンブラ イメルダ シューラックス
●サイズ:1個/約W813×D228×H230mm
●重量:約600g
●材質:スチール、ポリエステル



5. いろいろ引っ掛けたい!ベルトリング付きポール用カバー

出典:Instagram by@0024base
こちら、まるで本橋テープ「タフフック」をポールカバーにしたような便利アイテム。タフフックは横スペースを活用できますが、こちらは縦スペースの有効活用を実現。

カラビナで帽子など掛けるもよし、キーホルダーなどたくさん掛けてポール自体をデコるのもアリですね!

6. 赤スチベルと双子コーデ!カスタム塗装蚊取り

出典:Instagram by@hideya.u
続いては、コールマンの“赤スチールベルトクーラー愛”から、じつに遊び心あふれるこんな作品が生まれました! なんと電池式蚊取り「フマキラー どこでもベープ」を完全おそろいにカスタム塗装。夏キャンプが何倍も楽しみになる最強双子コーデDIY、さすがです!

7. 洗い物乾燥カゴが置ける自作アイアンラック

出典:Instagram by@yoshitaka0803
自作アイアンラックはよく見かけますが、こちらはもう一工夫。下段をただの板ではなく、ラダー状の枠組みにして、洗った食器を乾かしておけるカゴが設置できる仕様に!

既製の金属バスケットがピッタリハマるサイズにできるのも、DIYならではですね。

8. デザインも保冷力も両立!自作クーラーBOX

出典:Instagram by @tomoshibi_71
アンティーク調のタイル装飾がおしゃれで、宝物が入っていそうな雰囲気のこちらの木箱。なんと自作のクーラーBOXというから驚きです!
出典:Instagram by @tomoshibi_71
断熱材には「カネライトフォーム」の50mmを使用、蓋のシール性を高めるために「エプトシーラー」を使って扉の隙間テープを貼り付けたというこだわりよう。
出典:Instagram by @tomoshibi_71
その甲斐あって、ロゴスの保冷剤と手の平サイズの氷を入れた場合、12時間後も半分は溶けずに残る保冷力! この保冷力と個性的なデザインの両立はやはり自作ならでは。

ちょっと難易度は高めですが、ぜひチャレンジしてみたいアイディアですね。

9. ありそうでなかった!100均粉ふるいでスポンジ&洗剤入れ

出典:Instagram by@suzuken00
最後にご紹介するのは、カンタンながらありそうでなかったアイディア! 食器洗い用の濡れたスポンジと、洗剤のボトルを収納できるケースです。
出典:Instagram by@suzuken00
こちらダイソーの粉ふるいを利用、底面が網になっているからスポンジが自然に乾いてとても衛生的。持ち手の部分をグイッと曲げるだけのカンタンDIYですが、洗剤ボトルも一緒に置けて便利なおすすめアイディアです。

100%自分ニーズを満たすのはやっぱり自作ギア!

出典:Instagram by@asayan_camp
デザインも使い勝手もコスパも……キャンパーそれぞれに違うニッチなニーズを100%満たすのはやはりDIYに他なりません。必然的に個性が光る作品が生まれ、ギアへの愛着もひとしおに。

キャンプが何倍も楽しくなるDIY、先輩のアイディアを参考にぜひチャレンジしてみてくださいね!

過去のシリーズはこちら


紹介されたアイテム

アンブラ イメルダ シューラックス
サイトを見る

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、中3次男、小6長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagram:@tomoko_y_0216

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!