CAMP HACK[キャンプハック]


焚き火ウェア

焚き火ウェアまとめ!服が火の粉で“穴だらけ”になる前に!

1

焚き火ウェアは、ふだん使用しているアウトドアウェアと違い火の粉で穴が開く心配のない優れもの!化繊素材のウェアで焚き火をすると、あっという間に火の粉で穴だらけに……。そんな悲しい目に合わないために“焚き火ウエア”の着用がおすすめ!

CAMP HACK編集部

制作者

CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

...続きを読む
CAMP HACK編集部のプロフィール

アイキャッチ画像出典 : コールマン

化繊のウエアは焚き火で穴だらけになります!

秋冬キャンプのお楽しみといえば焚き火!けれど気がついたらアウトドアウエアに穴が開いていた……なんて経験、ありませんか?ない人はきちんと対策していたか、たまたまラッキーだっただけなんです。

アウトドアウエアによく使用されている化学繊維素材の弱点のひとつが火の粉。化繊素材のウエアに火の粉がつくと溶けて穴が開き、最悪の場合引火して火傷を負う危険も。高価なアウトドアウエアを守るため、そして安全・安心に焚き火を楽しむには、“火の粉に強いウエアの着用”をおすすめします。

火の粉に強い素材ってなんだろう?

焚き火の火の粉で穴が開きにくい素材といえば、まずはコットンやウールの天然素材。火の粉がついてもすぐには燃えないので、さっと払えばOK。化繊の場合は火の粉がついたらすぐに溶けて穴が開きます。また燃えにくい難燃素材のものも焚き火に適しています。


焚き火ウエアはアウターに。袖口や襟元にも注意

焚き火が燃えている 火の粉から肌を守ってくれる焚き火ウエアは、一番外側に着用しましょう。中に化繊のウエアを着ていても焚き火ウエアでカバーできていれば安心ですが、気をつけたいのは袖口や襟元。これらの部分も火の粉にさらされないよう、中に入れ込んだりアウトドアグローブなどでカバーを。

火の粉に強い!焚き火におすすめのウエア

ジャケット、パンツ、ブランケットなどさまざまなタイプの焚き火ウエアがアウトドアブランドからリリースされています。トップス、ボトムス、ブランケットのタイプ別に紹介します!

<トップス>
スノーピーク タキビキャンピングパーカー

スノーピーク タキビキャンピングパーカー

難燃性に優れたアラミドと、オーガニックコットンが混紡された生地で作られた シーズンレスで着用が可能なマウンテンパーカ。寒い季節はインナーダウンやインサレーション等をインナーに着込み、暖かい季節にはTシャツ、シャツをあわせての着用できます。生地には撥水加工を施され、焚き火はもちろん急な雨にも安心なキャンプシーンから普段使いまで活躍するアイテムです。


スノーピーク ファイヤープロテクトポンチョ ウィメンズ
アラミド繊維混素材を採用したスノーピーク焚き火ウエアのポンチョタイプ。ギャザー入りのふんわりとしたシルエットが特徴。

スノーピーク タキビシャツ

スノーピーク タキビシャツ

春夏シーズンでも焚火が楽しめるように、オーガニックコットンとカネカロンという難燃糸を含んだ繊維を配合された難燃シャツ。すっきりとした爽やかな着心地で夏のキャンプの焚き火を華やかにしてくれます。





グリップスワニー ファイアープルーフポンチョ

グリップスワニー ファイアープルーフポンチョ

難燃生地ブレイズシールドを使用した焚き火用ポンチョ。火の粉を受けても穴があきにくく優れた本格的焚き火ウエア。胸には大型のポケットがあり小物、携帯電話などが収納できます。



グリップスワニー ファイヤーパーカー4


グリップスワニー ファイヤーパーカー4
出典 : WILD-1
コットン100%のヘビーオックスフォード生地採用で、焚き火のそばでも安心して着用できる前開きパーカー。大容量ポケットや肘部のエルボーパッチなど快適な機能も装備。カラーはブラウン、カーキの2色。

L.L.Bean オリジナル・フィールド・コート


L.L.Bean オリジナル・フィールド・コート
出典 : L.L.Bean
水分や汚れをはじく加工済みの厚手コットン・キャンバス生地のフィールドコートは、アウトドアマンにファン多し。中綿素材やライナーのあるなしで3タイプあり、カラーは全2色。

カブー スローシャツ ロングスリーブ

カブー スローシャツ ロングスリーブ

10オンスのコットン100%のプルオーバーシャツはカブーのロングセラーモデル。男女問わずに着用できるデザインが魅力。全5色。


<ボトムス>
チャムス フレイムリターダントパンツライト

チャムス フレイムリターダントパンツライト

コットン地に溶接作業用の衣類にも使用される難燃処理がされた、ゆとりのあるワイドシルエットのボトムズ。フロントとバックに大きなポケットを備え、右サイドにはペグハンマーの収納に適したスパナポケットもあります。使い込んでいく内に、だんだんと味が出てくる経年劣化も魅力で、長く付き合っていけるひと品。



グリップスワニー ワークパンツ2 GSP-12

グリップスワニー ワークパンツ

グリップスワニー×WILD-1のコラボパンツ。素材にタフなヘビーオックスフォード生地、大開口のカーゴポケットや大きめな股下ガゼットなど快適。全3色。



スノーピーク 圧縮ウールニットタイスカート


スノーピーク 圧縮ウールニットタイスカート 圧縮ウール素材のラップスカートなので、腰に巻くほかひざ掛けやブランケットなど多用途に使えます。ブラック、ベージュ、グレーの3色。



<ブランケット>
コールマン アウトドアニーブランケット

コールマン ブランケット アウトドアニー

片面は火の粉に強いコットンツイル、もう片面はフリース素材を採用したリバーシブルブランケット。肩に掛けることもできます。


ールマン アウトドアニーブランケット オレゴニアンキャンパー

オレゴニアンキャンパー ファイヤープルーフ ブランケットR Mサイズ

マイヤー毛布素材を使用したブランケット。肩掛けや下半身をすっぽり覆えるサイズ。スナップボタンを留めてポンチョとしても使えます。


「焚き火マント」を自作する方法も!

アウトドアブランドの焚き火ウエアを紹介しましたが、綿100%の厚手の生地で自作することもできます。必要なものは10オンス以上の綿100%の厚手生地、アイロンで接着できるバイアステープ、大きめのボタン、ひも。

自分で作れば好みの柄を選べますし、愛着が沸くというもの。オリジナル好きな方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

★こちらに詳しく紹介されています
→BE-PAL「服のにおいや焦げも気にならない! キャンプに必携の焚き火マントを自作する

焚火ウエアを着用して快適に焚き火を楽しもう!

焚き火ウェアをまとってキャンプ出典 : コールマン
秋冬キャンプに焚き火はつきもの。でも火の粉を気にしながら焚き火は楽しさ半減。火の粉に強い焚き火ウエアを着用して、快適に安心に焚き火を楽しみましょう!

 

Sparks Worry, Bonfire Wear!
焚き火ウエアで安心な焚き火を!

紹介されたアイテム

関連記事