CAMPHACK

関東から行ける高規格キャンプ場15選!秋冬が狙い目です!

0

高規格キャンプ場とは、設備が充実していてきれいで、キャンプ初心者でも安心&快適に過ごせるキャンプ場のこと。人気のためなかなか予約が取れませんが、キャンプ人口が減る秋以降に出かけるのがおすすめです!それでは、関東圏の高規格キャンプ場をご紹介!

CAMP HACK 編集部

アイキャッチ画像出典 : TOKAIネットワーククラブ

キャンプ初心者は「高規格キャンプ場」へ行こう!

キャンプ場にはさまざまな種類やタイプがあるのですが、「高規格キャンプ場」とは、手入れが行き届いて清潔感があり、風呂や水洗トイレ、宿泊施設などの設備が充実していて、まるで公園のように整備されたキャンプ場のこと。

きちんとした定義はないのですが、設備充実&きれいなため初心者でも安心して過ごすことができるのです。

<初心者でも安心な高規格キャンプ場のポイント>
・施設がきれい
・設備が充実している(風呂、水洗トイレ、常夜灯など)
・売店やレンタル用品が充実している
・管理人さんが常駐している

CAMP HACK キャンプ初心者必見!デビューを成功させるキャンプ場の選び方!

高規格キャンプ場に行くなら、シーズンオフが狙い目!


高規格キャンプ場のコテージ概観出典 : 北軽井沢スウィートグラス

そんな高規格キャンプ場だから、多くのキャンパーから大人気!予約はもう数ヶ月以上前から埋まり、なかなか取れないのが現状です。

キャンプ場が混み合うのは夏休み、ゴールデンウィーク、春休み。ですが、夏休みを過ぎるとキャンプ人口はガクッと減少します。そんな時が高規格キャンプ場予約の狙い目!シーズン中よりもずっと予約が取りやすくなるので、チャレンジしてみましょう!

おすすめの高規格キャンプ場15!

全国各地に高規格キャンプ場はありますが、こちらでは関東から行きやすい高規格キャンプ場を紹介します!

PICA富士吉田(山梨県)

高規格キャンプ場のコテージや森林 出典 : my旅しずおか

高規格キャンプ場のテントヴィラ 贅沢なアウトドア体験ができるテントヴィラ。食材付き宿泊施設は手軽にキャンプ気分を味わえます
出典 : OZmall

海外の雰囲気漂うキャンプ場でパオやオリジナルのトレーラーハウス、フィンランド製コテージなど、宿泊施設が充実。なかでも注目は1泊2食材付きの「テントヴィラ」。豪華テントと食材が提供され、贅沢なアウトドア気分が味わえます。

<基本情報>
住所:山梨県富士吉田市上吉田4959-4
電話:0555-30-4580
営業期間:通年
http://yoshida.pica-village.jp/

関連記事