車が汚れるストレスとオサラバ!愛車を汚さないための賢いアイテム教えます

2019/06/24 更新

車でキャンプへ行く途中、子供がジュースをバシャッ…。仕方がないとは思いつつ、気になってしまう方も多いのでは?そんな時も焦らずに済む、車を汚れから守るアイテムをご紹介。シート・足元・トランクルームと、キャンプで汚れがちな車内の三箇所はコレで徹底ガード!


アイキャッチ画像撮影:編集部

キャンプには行くけど、車はなるべく汚したくない

撮影:編集部
汚れた靴で車内と外とを行き来するオートキャンプは、車の中がけっこう汚れませんか?

アウトドアで汚れなんか気にしていられないということと、車が汚くてもいいというのはまた別の話です。

出典:PIXTA
特にファミリーキャンプでは、子供が後部座席で食べ・飲み物こぼしをすることも。新車だったり車内をきれいに保ちたい方にとって、じつは悩ましい問題ではないでしょうか。

できることなら愛車を汚したくない。そのためにキャンパーたちはこんな対策をしているようです!

キャンパーたちの車汚れ防止策

提供:松田さん
買ったばかりの新車のデリカD:5! これは大事に乗りたいですよね。シートが汚れないよう、しっかりブランケットを敷いています。

提供:佐々木さん
こちらのVOXY内では「土足厳禁スタイル」を徹底。マットが汚れないようレジャーシートを敷き、脱いだ靴をのせておく用のトレイを置いています。

こちらはランクル・プラド。四駆となれば、車内の雰囲気も大事にしたいところ。実用的な対策をしつつ、雰囲気あるグッズを取り入れられています。

いろいろな対策があるなか、汚れる場所はひとつではないのが悩みの種。今回は特に汚れがちな三箇所をガードするアイテムに注目! いずれも機能性と見た目が両立されたものをピックアップしますよ。

汚れがちなスポット① 後部座席のシート

車の汚れのなかでも、一番やっかいなのがシートのシミ。油分が多い食べ物や色がついたジュースがこぼれると、なかなか落ちないんですよね。

そこでおすすめなのが、防水シートです!

JKM 防水シートカバー(リア用)

出典:JACK&MARIE
横並びの座席をしっかり覆うこのシートは、背中側カバーのストッパーをシートの隙間に差し込むだけと取り付けも簡単。

ヘッドレスト部分もカバーできるので、頭の汗や手の汚れも防止できます!

出典:JACK&MARIE
裏面はPVCコーティングによる撥水加工。万が一飲み物をこぼしてしまっても、シート本体を透過してびしょ濡れになることはありません。

アウトドア感あるミリタリーカラーも、キャンパー向けですね!

「防水シートカバー リア用」について詳しくはこちら

JKM 防水シートカバー(フロント用)

出典:AUTOBACKS
分離型のフロントシート用カバーもあります。マリンアクティビティの後、微妙に濡れたまま運転するというシーンにも備えられますね。

「防水シートカバー フロント用」について詳しくはこちら

何かしらを装着するのが面倒という方は、手軽なスプレーもおすすめです。

エスデザイン 液体保護スプレー

出典:Amazon
こちらは水や油を弾く防水スプレー。こまめに重ね塗りをして、より厳重に対策をしましょう!

ただしレザーや合皮のシートには適さない場合もあるので、素材を確かめてから使ってくださいね。
ITEM
Sデザイン 液体保護スプレー
●内容量:300ml
●成分:ケイ素化合物、水、エタノール

JKM リアトレイ

出典:JACK&MARIE
こぼさないための工夫として、シート裏にトレイを取り付けるという手も。ヘッドレストの下部分に、バンドで固定します。

出典:JACK&MARIE
ポーチのようになっているので、使わない時はファスナーを閉じればこの通りスリムに収納可能!

「リアトレイ」について詳しくはこちら

撮影:編集部
やんちゃなお子さんがいるお宅は、靴裏の泥でシート背面がこんな風に汚れがち。これを回避するのが「キックガード」です!

JKM キックガード付き防水ケース

出典:JACK&MARIE
靴裏の汚れがつかないのはもちろん、じつは傘も収納できるという優れもの。こちらも防水生地なので、濡れた傘の水滴で車内が水浸しになる心配もありません。

「キックガード付き防水ケース」について詳しくはこちら

汚れがちなスポット② 後部座席の足元

撮影:編集部
その他汚れがちな場所といえば、シートの足元。ゴミや埃は掃除機で吸えばきれいになりますが、マメに掃除するのはちょっと面倒。

ドア付近に靴裏の汚れがつくのも、気になりますね。

JKM バケットマット

出典:JACK&MARIE
というわけで、マットを敷きましょう! こちらは立体構造のため、砂埃やゴミをしっかりキャッチ。車内に汚れをまき散らしません。

防水素材で、雨の日の水濡れからもガードしてくれますよ。

「バケットマット」について詳しくはこちら

AUTOBACS QUALITYAQ. 立体形状のインテリアマット

出典:AUTOBACKS
同じくこちらも、立体構造のマット。今敷いているマットがフラットなタイプなら、こちらに変えてみてはいかがでしょうか。

小さな工夫が車を汚れから守ります!

「立体形状のインテリアマット」について詳しくはこちら

汚れがちなスポット③ トランクルーム

撮影:編集部
トランクルームは人が乗る場所ではないとは言え、汚れてしまうと気になるもの。キャンプギアの積み下ろしをするので、特に汚れがちな場所とも言えます。

あらかじめブルーシートを敷いている人もいますが、もう少しスマートな汚れ防止策がありますよ!

ラゲージトレイ

出典:D.I plannnig
汚れがちなキャンプギアを載せるなら、防水素材の大きなトレイを敷いておくといいでしょう。このラゲージトレイは、トランクルームに園芸用品や釣り具を積む際に使われることが多いようです。

ペットと移動する時にも、良さそうですね。M・Lなどサイズ展開があるので、自分の車に合ったサイズを選びましょう!
ITEM
ボンフォーム ラゲージトレイ L
●サイズ:900×850mm 

迷彩シートカバー

見た目にもう少しこだわるなら、迷彩柄のこちらはいかがでしょう? 車内の雰囲気がカッコよく引き締まります。見た目だけでなく、裏面は防水・表面は撥水加工と機能性も高いアイテムです。
ITEM
迷彩 ドライブシートカバー
●サイズ:長さ147cm×幅137cm
●材質:牛津布(オックスフォード)

ラゲッジルームバッグ

出典:Amazon
キャンプ場で使って汚れたり濡れている遊び道具なども、そのまま放り込んでいませんか? それらがゴロゴロ転がることも、汚れの原因に。

シート裏に括り付ける「ラゲッジルームバック」に入れておけば、散らからないうえに積載スペースも有効活用できますよ。
ITEM
ナポレックス ラゲッジルームバッグ
●サイズ:250(H)×900(W)×120(D)
●重量:703g

きれいな愛車でキャンプに行こう!

オートキャンパーにとって、車も大切なギアのひとつ。いつでも気分よく乗るために、汚れない工夫をして気持ちよくキャンプへ出かけましょう!


紹介されたアイテム

Sデザイン 液体保護スプレー
ボンフォーム ラゲージトレイ L
迷彩 ドライブシートカバー
ナポレックス ラゲッジルームバッグ

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。8歳と6歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!