普通免許でも牽引できる、卵型のキャンピングトレーラー「T.Globe」ファンが増えているワケ

キャンピングカーの熱が徐々に高まっている昨今。いろんな種類があるなかで、トレーラーを選択する人もいるでしょう。その中でも、「T.Globe」というブランドが人気を集めていることをご存知ですか?今回は、このT.Globeがなぜ人気を集めているのか、理由と魅力をご紹介します。


  • アイキャッチ画像出典:@jinsuke1973
  • 丸みを帯びたフォルムのキャンピングトレーラーが注目を集めています

T.Globe(トランキル・グローブ)というトレーラーブランドをご存知ですか?

丸みを帯びたかわいいフォルムにシンプルな構造、そして充実した機能性があり、トレーラーファンのみならずキャンピングカーに興味を持っている人からも注目が集まっているブランドです。

そんなT.Globeは、どのようなブランドなのか? そして魅力はどこにあるのか? ご紹介します。
  • 【復習】キャンピングトレーラーとはどんなものか知っている?

出典:PIXTA
キャンピングカーの中でも、とりわけ「キャンピングトレーラー(牽引カー)」とはどんなものか知らない人もいるかもしれないので、少しだけご紹介します。

キャンピングトレーラー(以下、トレーラー)とは、キャビン(居住部屋)を架装した車体をいいます。別名「トラベルトレーラー」ともいい、車体に付いている牽引装置をクルマの後方部に装着して運びます。

出典:@jinsuke1973
トレーラーのメリットは、

・エンジンや運転席がないので広々と過ごせる
・クルマと切り離しても自立して過ごせる
・避難所や書斎などプライベートな空間として活用できる

などが挙げられます。

デメリットとしては、

・8ナンバー(特殊用途自動車)になると牽引免許が必要
・駐車など運転にコツが必要なものが多い
・ものによっては大きすぎて普通の駐車場に収まらない

などが挙げられます。

なぜT.Globeに注目が集まるのか?その魅力を紹介

では、T.Globeに注目が集まっている理由をご紹介します。トレーラーの特徴と比較すると、その魅力が理解できますよ!


なんと言ってもこのかわいらしいデザイン!

類を見ないこのかわいらしいフォルムは、もともとアメリカのカシータ社のトレーラーがベースとなっていて、それを日本仕様に変更したものなんです。

ひと目見て「あっ、T.Globeだ!」とわかるこのかわいらしいデザインは、個性派キャンパーにはもってこいのトレーラーですね。

普通自動車で牽引が可能

出典:T.Globe
トレーラーを引いているクルマのイメージって、どんなものか想像できますか? おそらくトヨタ「ランドクルーザー」やランドローバー「ディフェンダー」など、馬力のある大型車という人がほとんどでしょう。

しかし、T.Globeは通常のSUVやミニバンなど一般的な普通自動車(3ナンバー)で牽引することができます。なんと、ユーザーの中には1.8Lのセダンで引いている人もいるとか! その手軽さを聞くと、夢が広がりますよね。

シンプルな構造なのに快適に過ごせる性能

T.Globeの象徴ともいえるこのデザイン。ボートなどに使用されているFRP(繊維強化プラスチック)をバスタブのような形に仕上げ、それを2つ上下に合わせたシンプルな構造になっています。

内側には特製の断熱材を挟んでいて、年中快適に過ごせる工夫が凝らされているんです。

実は、一般的なトレーラーは海外で過ごすことを想定してつくられているため、断熱材の効果があまりなかったり、雨水や湿度で腐食・サビが発生しやすかったりすることが多いそう。

長く使うことを考えると、日本の気候を考慮してつくられているT.Globeの機能性は、まさに理想のトレーラーなんです。

維持費が抑えられる

たとえば、T.Globeは普通自動車1台分のサイズとほぼ変わらないため、5×2.5mの駐車場に収まります。また、自動車税は1年につき1万円ほどで、重量税は2年で12,600円(車検ごと)と予想外の維持費ですね!

普通免許で引けるものがほとんど

牽引免許が必要なものは、「自走しない状態の車両総重量が750kgを超えるクルマ」です。そのクルマを運転するために免許を取得するには、時間もお金もかかり、正直面倒……と感じる人もいるでしょう。

しかし、T.Globeのほとんどの車両は750kgを超えておらず、牽引免許なしで運べることができます。購入して牽引装置を付ければ、すぐに運ぶことが可能なんです!


小回りが利いて運転がしやすい

出典:T.Globe
T.Globeの特徴として、ヒッチボール(クルマとトレーラーを連結する部分)を中心に曲がるようになっていて、小回りが利くようになっています。

90度で曲がるような都心の住宅街やT字路でも、難なく曲がることが可能。運転に自信がない人でも、慣れれば簡単に運転することができますよ!

メーカーオプションを付けて機能性を向上できる

出典:T.Globe
T.Globeはツーバーナーガスレンジやシンク、ディアルバッテリーなどが標準装備されていますが、オプションで様々なものを搭載することができます。

サイドオーニング外部温度シャワーなど、かゆいところに手がとどくオプションが盛りだくさん! ご自身のお好みのものをセレクトしてみてはいかが?

床地上高や車高が調整できる特注品もあり!

さらに、デコボコした道が多い林間部や積雪路面を走行することが多い場合に備えて、床地上高を高くすることができ、反対にショピングセンターやマンション内の駐車場でも停められるように車高を低くできる特注品もあります。

住んでいる周辺環境やよく利用するお店、そしてキャンプスタイルにあったトレーラーを選びたい人は、この特注品を選択する手もアリですね!

T.Globeでちょっと気になったところ

と、ここまでは良いところばかりのT.Globeですが、気になるところも少々あります。2点ほど気になるポイントをご紹介。


購入から納品まで3〜6か月くらいはかかるらしい

T.Globeは日本の気候にあったトレーラーとはいえ、アメリカのカシータ社が製造するもの。日本国内で製造するわけではないので、すぐに購入できるものではないそうです。

また、調べると年間数十台しか輸入しておらず、ほぼ受注販売の形式となり、結果として購入から納品まで3〜6か月はかかるとのこと。新車を利用したい人は、利用するまでに長い目で見ておいたほうがいいかもしれません。

たくさんオプションを付けると750kgオーバーするかも

T.Globeの最大のメリットは、牽引免許なしで運べるところ。しかし、これは標準装備のみで利用する場合で、いろんなオプションを付けてしますと牽引免許が必要になってしまいます。

もし牽引免許なしで利用したい場合は、使いたいT.Globeの重量からどのくらいまでオプションがつけられるかを逆算してみたほうがいいでしょう。

T.Globeがピッタリなのはこんな人!

T.Globeの特徴や気になったところをご紹介しましたが、総括としてどんな人にオススメなのか、まとめてみました。

気候が変わりやすい時期でも快適にキャンプをしたい人

出典:T.Globe
T.Globeの特徴に、抜群の断熱材が使われていることを前述しました。断熱材があるということは、外の冷暖気を遮断し、中の温度を一定に保ってくれるということでもあります。

季節の変わり目など、環境の変化が激しい時期は急に暑くなったり寒くなったりするもの。そんな外の影響を受けずに過ごしたい人は、T.Globeは理想のトレーラーでしょう。

機能も大切だけどスタイルにも手を抜きたくない人

T.Globeは、男女ともに使えるかわいらしいフォルムもまた特徴。たとえば、アメリカ生まれという共通点を使ってアメリカンヴィンテージアイテムで統一したり、ウッドギアを使ってさらに温かみを表現したりというのもアリでしょう。

このトレーラーに合わせたキャンプ道具も用意して、優越感あるスタイルで楽しんでみては?
  • T.Globeのラインナップ3種!

最後に、T.Globeのラインナップをご紹介します。

※掲載している価格は参考価格で、装備内容によって異なるそうです。詳しい価格は、ホームページの問い合わせフォームにて聞いてみてください

出典:T.Globe
まずはもっともコンパクトな車体の13ft。サイズは全長約4150×全幅約2070×全高約2400mmで、就寝数は4人となっています。

61Lの上水タンクやツーバーナーガスレンジなど、最低限の装備が施されています。エアコンやFFヒーターはオプションとなっているため、必要とあれば注文して付けてもらいましょう。

標準装備の本体価格は、大体271万円〜とのことです。

出典:T.Globe
こちらは、エアコンとFFヒーターが標準装備されている16ft。サイズは、全長約4980×全幅約2070×全高約2450mmで、就寝数は3人+1人(携帯ベッド)となっています。

T.Globeの中でも中堅のサイズでありながら、普通自動車で牽引できる手軽さがあることから、もっとも人気が高いモデルです。

標準装備の本体価格は、大体294万円〜だそうです。

出典:T.Globe
サイズが全長約5200×全幅約2070×全高約2600mm で、T.Globe のなかで唯一牽引免許が必要な17ft。

16ftと同じくエアコンとFFヒーターが標準装備されていて、就寝数は4人となっています。

ルーフはオプションになっていますが、牽引免許が必要であるならフルオプションを搭載して豪勢にキャンプを楽しむのもアリでしょう。

標準装備の本体価格は、大体378万円〜とのことです。

日本の気候にあったT.Globeはトレーラー選びの最有力候補だ!

数あるトレーラーの中でも、このT.Globeはキャンプ初心者から上級者まで幅広い人が使えるイチ押しのトレーラー。キャンピングカーやトレーラーを探している人は、ぜひ一度チェックしてみてください!

購入を検討している人は、T.Globeのホームページにある問い合わせメールアドレスから連絡するのが近道。疑問点や気になることがあれば、ぜひ問い合わせてみましょう。

T.Globeのホームページはこちら

 

Have a nice camping time with T.Globe !

T.Globeとともに素敵なキャンプの時間を

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
小川 迪裕

フリーランスライター・編集者。WEBや雑誌の執筆を主な活動とし、タブロイドやイベント冊子の製作も担当。最近はもっぱらキャンプとウイスキーに夢中。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!