ソロキャンプもいいかな~と思える、5つのテントたち

ソロキャンプに似合う5つのテントたちをご紹介。金額も5,000円から10万以上まで。重さは500g以下から10倍の5kgまで。デザインコンセプトや、ポールの構造も様々ですが「これでソロキャンプしたい!」と思えるようなテントたちです。あなたはどれが好み?


アイキャッチ画像撮影:編集部

どんなテントでソロキャンプしたい?

撮影:編集部
仲間とのBBQやおしゃれキャンプから入って、アウトドアにハマった人たちが次に注目するのが「ソロキャンプ」。

安全面さえ確保すれば実はビギナーにとってもおすすめ! なぜなら失敗を気にしなくていい気楽なキャンプだから。

撮影:編集部
またキャンプブームの成熟なのか、最近とくに注目されるカテゴリになりつつあるようです。

今回はそんなソロキャンプのいわば”レッスン1″。ソロキャンプに使いたいテントについてチェックしていきます。


ソロキャンプもいいかな~と思える、5つのテントたち

唯一無二の”曲線美”!「フロントポーチ 2P」

出典:NEMO
撮影:編集部
“独特の曲線美”という個性をもつテント。そのデザインはただのルックスの良さにとどまらず、タープいらずともいえる広い前室を生みだしている機能美です。

出典:NEMO
合計たった3本のポールだけで前室、宿泊空間を構成している点にも脱帽! 「タープ込み」と考えればなかなか優秀な重量3.8kg。技ありと感じさせるパッケージです。

ITEM
ニーモ・イクイップメント フロントポーチ 2P
●サイズ:フロア面積=3.1m2、前室面積=4m2
●最小重量:3.8kg
●素材:68D ポリエステル、フライ=68D PUポリエステル、フロア素材=150D PUポリエステル

一回り大きくなって男前に進化!「PANDA TC」

撮影:編集部
おしゃれソロキャンパーの誰もが注目するパンダが、TC生地(コットン×ポリエステルの混紡生地)になりパワーアップ。今度のパンダは男前。

コンパクトでフェミニンな要素もあった既存モデルから、一回りサイズアップして大柄の男性でも安心な幕に進化。

撮影:編集部
ちなみにこちらが通常のパンダ。TC以外のパンダについてまとめられている記事があるので、そちらもどうぞ。

撮影:編集部
進化してもコスパは超優秀。今回ご紹介するテントの中では最安値の29,800円。重量は約5.4kg。インナーテントもあり、追加すると約6.5kgに。

トレッキングでは厳しめなものの、広い前室や使い勝手等、バイクツーリングや車でのソロキャンプに持ち出したくなります。

詳細はこちら

シンプル・イズ・ベストを体現している「スタイカ」

出典:hilleberg
お次は最高値のヒルバーグ「スタイカ」。ヒルバーグらしい質実剛健なキャラクター。全天候を安心して任せられる剛性のほか、広い入口とシンプルな自立式という使いやすさが魅力です。

出典:hilleberg
どんな環境下でも耐えられるタフなテントながら3.4kgと軽量で、ソロキャンプでの扱いやすさも問題なし。

ヒルバーグ党以外の方にもおすすめしたくなる、幅広い方にマッチする基本性能が高いテントです。

ITEM
ヒルバーグ スタイカ
●サイズ:室内高 105 cm 室内面積 3.2 m2 前室面積 0.9 + 0.9 m2 ポール 387cm/10mm
●最低重量(収納時重量):3.4 kg(4.0 kg)
●素材:ケルロン(Kerlon)1800



構造が巧妙!ポールが室内に干渉しない、天才的発想の仕組み「ラゴ Pro.air 1」

出典:snowpeak
出典:snowpeak
今回ご紹介するテントの中でも、圧倒的に軽い950g! その軽さを実現しているのが、画期的ともいえる特殊な構造。

撮影:編集部
通常、このような形状のテントは室内の真ん中にポールが立っていますが、この「ラゴ Pro.air 1」にはそれがありません。

大胆なフレームワークにより、軽量ながらも人の動きを妨げないギリギリの室内空間作りを実現しています。

出典:snowpeak
出典:snowpeak
ダブルウォールで1kgを切るというまるで曲芸のような軽さ。登山や島キャンプでも活躍が期待できそうです。
ITEM
スノーピーク ラゴ Pro.air 1
●収納サイズ:φ14×33cm
●重量:メインフレーム有=950g(ケース・ペグ含まず)、メインフレーム無=800g(ケース・ペグ含まず)
●素材:フライシート=20Dシリコンポリエステルミニリップストップ・PUコーティング耐水圧1500mmミニマム、インナーウォール=20Dポリエステルミニリップストップ、ボトム=30Dナイロンリップストップ・PUコーティング耐水圧1500mmミニマム、フレーム=ジュラルミンA7001(φ9.5mm)

テントではなく、お気に入りのコットを「テント化」させるという手

コットにワンアイテムくわえるとテントコットに大変身。コット上に載せるサンシェードと蚊帳を追加すれば暑い時期にはテントとして使用できます。

こちらはクオルツの2WAYコットの上にアルパインデザインの「ポップメッシュシェルター」を活用しているようです。

タープをかければ雨も安心、わずか+5000円でテント泊を楽しめるキャンプ法です。これならテントを新たに購入しなくても気軽にソロキャンプに挑戦できますね。

ITEM
アルパインデザイン ポップメッシュシェルター
●サイズ:使用時=約203x63x65h cm、収納時=約60x60x4cm
●重量:約1.2kg


出典:楽天
ラストは孤独なソロスタイルの極地。ちょっとした番外編。こちらのビビィならコットもいらず、単体で”地面泊”が可能です。

強い雨でなければタープもいらず、蚊に悩まされることなくわずか510gだけのコストを払うだけで安眠可能。無茶な宿泊スタイルのようにも思えますが、合理的な作りになっています。

ソロキャンプをやりたいけど、余計なものを飾るのではなく とにかくミニマムで自然と同化できるような野営スタイルがやりたい!という方におすすめです。

ITEM
アウトドアリサーチ ヘリウムビビィ
●重量:510g
●素材:アッパー=30Dリップストップ 2.5レイヤーPertex Shield+ ナイロン100%、フロアー=TPUラミネート70D ナイロン100%

快適テントで究極のソロ充!

ソロキャンプを楽しむならまずはジャストなテントチョイスから。悪天候やタフシーンでは別ですが、ソロキャンプは本当にビギナーにこそはおすすめです。

失敗したって誰も見てません。好きな時間を楽しんでOK、全てはあなたの思うがまま。快適なテントをゲットして、魅惑のソロプレイの扉を開いてみませんか?

 

Let’s do selfish Solo-camp by a comfortable tent!

快適テントでわがままソロキャンプしよう!


ソロキャンプのスタイルもどんどん変化している!

道具だったり女性ソロキャンパーの増加だったり、「ソロキャンプ」の進化は止らない!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
夏野 栄

作家でクリエイター、アウトドアライターでファッションエディター。アウトドア誌やファッション誌で連載するほか、ノベル執筆やプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。Tw@nhaeru

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!