ぐっす~り眠れる寝袋6選!おふとん級の寝心地をGET

マミー型タイプの寝袋は保温力が高いですが、少し窮屈に感じる方も少なくないのでは?今回は、まるで家で寝ているような感覚で眠れる寝袋を特集!商品名から「布団」のような眠りを約束するアイテムなどなどおすすめを紹介します。眠りの質にこだわりましょう!


アイキャッチ画像出典:snow peak

寝袋って正直苦手かも……

寝袋
出典:PIXTA
寝袋だと、どうもよく眠れない。キャンプの後はいつも疲れている。外で寝るのに質なんて求められない、と諦めていませんか?

スノーピーク_セパレートオフトン
出典:snow peak
”布団”のような寝心地の寝袋を手に入れれば、キャンプ場でも、家のようにぐっすり眠れる環境を整えることができるんです。

疲れが残るのだけがいつも悩みだったという方も、もう安心。快眠のためのアイテムをご紹介します!

こんな人におすすめ!

・睡眠の質にこだわりたい
・マミー型が正直苦手
・キャンプの翌日に疲れが残る

もはや布団のような寝袋6選!

快眠のために「封筒型」がおすすめ!

シュラフの形
出典:DOD
シュラフはどんな形のものを使っていますか? マミー型と封筒型のシュラフであれば、封筒型のほうが圧迫感が少なく、布団に近い状態で眠ることができます。

さらに今回は、封筒型の寝袋の中でも肌触りや機能性にこだわったアイテムを厳選しました。

コスパ◎キャプテンスタッグ「フォルノ」

シャカシャカした素材が苦手な人に嬉しい、木綿のような肌触り。ファスナーを上下から開閉できるため、温度調整もしやすく、また2人用に連結して使用することもできます。
ITEM
キャプテンスタッグ フォルノ
【スペック】
●サイズ(約):幅75×長さ185cm
●重量(約):1.2kg
●材質:
-表地:ポリエステル100%
-裏地:ポリエステル100%(マイクロファイバー)
-中綿:ポリエステル100%(ホローファイバー)800g
●使用温度目安:(約)12℃~

家族で1人1枚使用したく、追加しました。5月に湖のほとりでキャンプ、例年より寒かったため1枚では寒く、毛布が必要と思いました。ただ、5月から9月までの間の使用であれば大丈夫だと思います。


肌触りが心地よい、ロゴス「丸洗いやわらかシュラフ」

シュラフの中にいつまでもいたくなるような「やわらかフランネル」を採用。まるで肌触りのよい毛布みたいで、暖かさも◎洗濯機で丸洗いでき、手入れもお手軽です。
ITEM
ロゴス 丸洗いやわらかシュラフ
【スペック】
●総重量:(約)2.2kg
●適正温度目安:2℃まで
●適合胸囲:(約)96cmまで
●サイズ:(約)75×190cm
●収納サイズ:(約)30×30×40cm
●主素材:
-表素材:やわらかフランネル
-肌面素材:やわらかフランネル
-中綿:ダイナチューブファイバー

市販の布団用のカバーが使える!?ナンガ「ドリーム/ナチュレ」

家ではダブルの羽根布団として、キャンプのときは寝袋として使える一石二鳥な寝袋。いつも使っている寝具なら、環境が違っても眠りやすいはず!
ITEM
ナンガ ドリーム
【スペック】
●生地:綿100%
●中綿:ダウン80%、フェザー20%
●ダウン量:1800g
●内部構造:ボックスキルト構造
●サイズ:100X210cm
●収納サイズ:50X45X25cm
●総重量:約3290g

私はシュラフだと、狭く寝苦しいのが苦手で、初めはSPのものを物色していましたが価格高いこと、自宅兼用として使用したいこと。羽毛の量とスペックでNANGAにしました。

ITEM
ナンガ ナチュレ
【スペック】
●生地:綿100%
●中綿:ダウン80%、フェザー20%
●ダウン量:1000g
●内部構造:ボックスキルト構造
●サイズ:100X210cm
●収納サイズ:径23X35cm
●総重量:約2320g

車中泊に使うために購入しました。今持っているシュラフは、寒い時期には羽毛布団をかけて使っています。


スノーピークのオフトンシリーズ

スノーピーク‗グランドオフトンシングル
出典:snow peak
両側にジッパーがついており、掛け布団と敷き布団に分けて使えるまさに「布団」な寝袋。テントの中がまるで自宅の寝室に早変わり!
 オフトン
出典:snow peak
寒い時にはジッパーを閉めて、暑いときには分離させて掛け布団を部分的にかけるなど自分の好きなようにアレンジできます。
ITEM
スノーピーク セパレートシュラフ オフトンワイド
【スペック】
●素材:
-表地・収納ケース/40Dナイロンリップストップ
-裏地/TCコットン
-中綿/アモノフォロファイバー
●サイズ:105×210cm(敷)、110×200cm(掛)
●収納サイズ:φ28×52cm
●総重量:約2 600g

夏キャンプでは足元のファスナーを開ければ足が出せます。これが驚くほど快適でシュラフ内に熱がこもらない為熟睡ができます。
春や秋キャンプなどではファスナーを閉めていれば、問題なしです。

ITEM
スノーピーク グランドオフトン シングル
【スペック】
●素材:
-掛け布団 表地・収納ケース:高密度ナイロンタフタ
-掛け布団 裏地:ネル生地
-掛け布団 中綿:ウォッシャブルダウン1,000g(ダックダウン80%・フェザー20%)
-マット 表地:75Dポリエステル
-マット 裏地:75Dポリエステルノンスリップ加工
-マット インナー:TPUフォーム
-マット バルブ:ABS樹脂
●サイズ:掛け布団:1,100×1,800mm/-マット:770×1,980mm
●収納サイズ:掛け布団:φ310×500mm/-マット:φ210×880mm
●重量:掛け布団:2.6kg/マット:2kg(収納ケース含む)

ロゴス グランベーシックの「Bed Style」

ロゴス_グランベーシック_Bed style 出典:LOGOS
掛け布団、掛けカバー、敷きパッドがセットになった「グランベーシック Bed Style FUTON3点セット」。

同シリーズのコットやカバーなどと組み合わせると、普段ベッド派の人も納得の寝心地に!
ロゴス_グランベーシック_Bed style 出典:LOGOS
シリーズには他にもエアマットやボードラックなどのアイテムがあり、グランピングのようなお洒落で贅沢な空間を作ることができます。
ITEM
ロゴス グランベーシック Bed Style 専用FUTON3点セット
【スペック】
●総重量:(約)4.8kg
●適正温度目安:0℃まで
●サイズ:[掛布団](約)150×210cm/[敷パッド](約)100×200cm/[やわらか掛カバー](約)150×210cm
●収納サイズ:[掛布団](約)35×50cm/[敷パッド](約)18×50cm/[やわらか掛カバー](約)18×50cm
●主素材:[表素材・肌面素材](掛布団・敷きパッド)サーマブレスクロス、(掛カバー)やわらかフランネル/[中綿](掛布団・敷きパッド)ダイナチューブファイバー
ITEM
ロゴス グランベーシック Bed Style ベッドスタイル BIG コット
●主素材:フレーム/スチール、生地/ポリエステル(PVCコーティング)
●サイズ:約217×111×51cm、収納約23×17×113cm
●総重量:約14.5kg

布団感を加速させるアイテム

エア―ベッド

エアベッド エアーマットは体が適度に沈むので心地よく眠りにつける上に、体も痛くなりません。寝返りも打ちやすく、快眠を約束してくれるでしょう!
ITEM
コールマン コンフォートエアーマットレス
【スペック】
●使用時サイズ:約187x97x19(h)cm
●重量:約2.5kg
●材質:PVC
●仕様:ダブルロックバルブ、ロール式収納

キャンプのマットだけで疲れが取れず、この製品を買いました。寝心地はよく、前日まで痛かった腰が悪化することもない、エアーベットの利点はしっかりありました。


枕(ピロー)

キャンプで枕
出典:snow peak
普段枕を使って寝ているのであれば、やはりキャンプにも枕は必須アイテム。

枕があれば翌朝に首が痛くなることもなく、頭のポジションが決まらず寝るまでに時間がかかるなんてことも防げます。
ITEM
サーマレスト コンプレッシブルピローM
【スペック】
●サイズ:36×46cm
●重量:255g

毎回キャンプにマイ枕をもっていくのはアレなので、キャンプ用の枕を検討していました。空気タイプとはちがい、フカフカな点が気に入りました。コンパクトになる点もナイスです。


インナーシーツ

ロゴス_インナーシュラフ使用
出典:LOGOS
肌寒いときには暖かさをプラス、寝袋が湿っぽいときでも関係なくさらっとした寝心地で快適です。

こまめに寝袋は洗わないけど、汚れや臭いが気になる人にも洗濯しやすいのでオススメ。
ITEM
シートゥサミット クールマックスアダプター
【スペック】
●サイズ:226 × 92cm
●素材:ポリエステル100%(クールマックス)
●重量:約328g

ふつーに寝袋に入れて良し、単独で袋の中に入って良し、超あっついときはブランケット代わりにお腹に掛けて休んでもよし、薄くて軽いので、ネットに入れちゃえば普段の洗濯物とまとめて洗濯機で洗えちゃうし、干すのもめんどくさくない。


家と変わらない寝心地でキャンプの朝をスッキリ迎えよう!

テントと寝袋
出典:Unsplash
キャンプだからと諦めないで! せっかくのキャンプなのに朝からだるい、帰っても腰が痛いでは楽しさが半減してしまいます。

思いっきり楽しむために、寝袋にもぜひこだわってみてください!

料理にもこだわる?

料理する環境もこだわって、家のような使い勝手を目指しませんか?
Sleep well and camp well!

ぐっすり眠ってキャンプを十分に楽しもう!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Yuko

フリーランス翻訳家兼ライター。5歳でキャンプデビュー。年に1回はキャンプに行くことを目標にしている。両親からいずれキャンピングカーを譲り受ける予定。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!