CAMPHACK

夏キャンプの夜でも意外と寒い?テント泊でも快眠できるマット・寝袋の”黄金”の組み合わせ

0

夏キャンプは日夜暑い!と思っている人も多いでしょう。じつは夜は意外と冷え込みます。寝袋やマットを軽視していると、寒くて眠れない、なんてこともあるかも。寝袋やマットはキャンプ泊での眠りを大きく左右します。キャンプの夜が寒い理由と対策、そしておすすめグッズを紹介します。

暑いイメージしかない夏キャンプ。じつは朝晩は意外と寒い……


自宅周辺の夏気温を基準に考えると、夏場のキャンプでも「夜は暑いのが当たり前」と思いますよね。

ですが、場所によっては朝晩は涼しいを通り越して「寒い!」なんてこともあり得ます。

本当に寒い? 夜の寒さのメカニズムとは?

「夏の夜が寒いなんて嘘でしょ?」と思っている方のために、夏の夜が寒い理由を科学的に2つご説明します。
  1. 【理由1】”放射冷却現象”で寒くなる!


放射冷却現象とは、地面の熱が宇宙へ放射(=放出)されて冷却される現象をいいます。植物でも地面でも、あらゆる物体で起こる現象です。

熱を地面に与える太陽が沈めば、地面の熱が放射され冷えてきます。この冷えた状態を”底冷え”と言い、キャンプで寝ているマットが薄いと、背中から冷えを感じる原因となります。


さらに地面が冷えることで大気も冷やされ、熱がなくなった夜〜日が昇る早朝にかけて寒さがピークに。

昼間は暑いからといって油断していると、寒さで起きてしまう可能性があります。