4社のスペックを徹底比較!これからの季節に買い足したい「ガスストーブ」はどれ?

寒さ対策に1台は持っておきたい「ガスストーブ」。今回は人気のガスストーブ4社の口コミとスペックを比較します。これからの寒い季節に キャンプを楽しむため、商品選びで後悔しないように、事前にしっかりと検討・比較をしましょう!


アイキャッチ出典:Insutaguramby @ residence_

これからの季節、ガスストーブはマスト!?

JUN★GOさん(@residence_)がシェアした投稿


一人用や秋用、追加の暖房として注目されているのがポータブルガスストーブ。どこでも手に入るカセットガスを刺すだけで手軽に温まれるキャンパーの味方です。

カセットコンロと燃料を共有できる点もありがたーいアドバンテージですよね。

今回はコンパクトでお手頃価格な商品群から、有力な4つのガスストーブを紹介して、最後に徹底比較します!

こんな人におすすめ!

・ガスストーブの購入を検討している人
・冬のキャンプを楽しみたい人
・ワカサギ釣りも好きな人

定番である安心感「ユニフレーム ハンディガスヒーター ワームII」

8b0ede4ec0e9e128b738629a0031ccca-725x4001-695x460 バーベキューや、焚き火周辺アイテムからダッチオーブンなど、幅広くアウトドアギアを展開するユニフレームのガスストーブ。

角度調整できることが、今回比較するストーブにはない唯一の特徴です。

口コミをチェック!

ストーブ前の15センチ位があったかくなります。真冬の山の中の湖の上でも問題無く使用できます。−15度くらいの時はボンベをお腹に入れてからでないと、火がつかない時もあります。(出典:amazon

獲物を待つ時や釣り、又は仕事で重宝しています。少しガスの音がします。(出典:楽天

ITEM
ユニフレーム ハンディガスヒーター ワームII
●サイズ:約260×180×255mm
●重量:約2kg
●最大火力:0.7kW
●連続燃焼時間:最大火力時=10時間(2本)

安心設計の「イワタニ アウトドアヒーター」

gs_01
出典:Iwatani
イワタニのアウトドアストーブは3つの安心機能を備えています。それは「消え安全装置」と「転倒時消火装置」「圧力感知安全装置」。

転倒時に炎が消えるのはこのストーブだけなので、小さなお子さんがいるご家族にもおすすめです。

口コミをチェック!

思った以上に暖かいです。燃費も良いし、燃料が手に入れやすいカセットガスというのも良いですね。(出典:amazon

物がいいのですが温度調整できないので買って失敗したかな。調整出来れば最高にいいのに残念(出典:amazon

ITEM
イワタニ カセットガス アウトドアヒーター
●サイズ:約272mm×200mm×294mm
●重量:約2.6kg
●最大火力:1.0kW
●連続燃焼時間:約3時間28分
●材質:バーナー=ステンレス

レトロなデザインが魅力の「カリフォルニアパティオ」

カリフォルニアパティオ
出典:trailhead
おしゃれサイトの演出にぴったりなのはこちら。ビンテージアメリカンなムード漂うカリフォルニアパティオのストーブ。レトロでキュートなデザインは、女性にもおすすめです。

低温時の対策でガスのパイプを暖める「ジェネレーター機能」とガスボンベを暖める「ヒートパネル機能」が特徴。

口コミをチェック!

寒い部屋でちょこっと作業するときに、ピンポイントで温められます。ガスのカセットも3本で198円くらいなので、助かってます。(出典:amazon

ストーブとしての機能を求めるなら、イワタニのCB-ODH-1を買うのを断然おすすめします。実際私もこれでは役に立たないと思い、CB-ODH-1を6千円弱で買ったのですが、製品の質とパワーが違う。(出典:amazon

ITEM
カリフォルニアパティオ カセットガスヒーター
●サイズ:約280 mm x 230 mm x 210 mm
●重量:約2.4kg
●最大火力:1.1kW
●連続燃焼時間:約 3 時間
●材質:本体=鉄、バーナー=セラミック

収納も楽々「ニチネン ミスターヒート」

ミスターヒート
出典:webby
どこか懐かしいオーソドックスなデザインで、思わず親近感を抱いてしまう一台。

今回の中で価格が一番安いのがこのアイテム。それでいてプラスチックの専用収納ケースが付属するというサービス精神は見逃せません。

口コミをチェック!

イワタニのガス缶で使用していますが冬のキャンプでも缶が冷え切って出力が落ちることもありませんでした。(出典:amazon

ケースに入るカセットガスヒーターを探してました。試運転は良好でしたのでアウトドアでの使用が楽しみです。(出典:楽天

ITEM
ニチネン カセットボンベ式ガスヒーター ミスターヒート
●サイズ:約W230×D195×H190mm
●重量:約1.5kg
●最大火力:0.93kW
●燃焼時間:約220分

4社のスペックを徹底比較!

それぞれのキャラクターをご紹介したところで、いよいよ各社公式発表のスペックから徹底的比較します。

どのスペックを優先するか、どのデメリットなら妥協できるか、そんな視点でチェックしていくとぴったりのガスストーブが明らかになるはず!

大きさ・重量などの使い勝手は?

gs_02
出典:vaps
<ユニフレーム>
●約260mm x 255mm x 180mm
●約2kg

<イワタニ>
●約272mm x 294mm x 200mm
●約1.5kg

<カリフォルニアパティオ>
●約280mm x 230mm x 210mm
●約2.4Kg

<ニチネン>
●約230mm x 180mm x 180mm
●約1.5kg
※大きさは幅×高さ×奥行

サイズはニチネンがやや小さいものの、基本的にどれもコンパクトです。携帯性には大差なし、というレベルでしょうか。重さの面ではカリフォルニアパティオがやや重いですね。車移動であれば気にならない差です。

次は気になる暖かさと、継続して使用可能な時間をチェックします!

気になる「暖かさ」は?発熱量を比較

img_8012
撮影:編集部
<ユニフレーム>
●0.7kW(600Kcal/hから換算)

<イワタニ>
●1.0kW

<カリフォルニアパティオ>
●1.1kW

<ニチネン>
●0.93kW

熱量に関しては大差なしという結果です。しかし重要なポイントは『体感』。イワタニは反射板が球状になっているので、正面を高効率で暖められるという利点があります。

継続して使える時間は?

<ユニフレーム>
●約5時間(1本)

<イワタニ>
●約3時間20分

<カリフォルニアパティオ>
●約3時間

<ニチネン>
●約3時間30分

燃費が最も良いのはユニフレームでした。評判通りこのクラスのガスストーブの中では継続時間NO1。ガスボンベを2本セットで10時間も使用できます。

使用イメージを明確にしてガスストーブを選ぼう!

From PIXTA
出典:PIXTA
価格帯やスペックの近いガスストーブですが、今回の比較調査でそれぞれのキャラクターが明確になったと思います。

安全性や温かさ優先ならイワタニ。ランニングコストを優先するならユニフレーム。なんといってもデザイン! という方にはカリフォルニアパティオ。コスパが最重要ならニチネンをおすすめます。

それではお好みのストーブを導入して、秋冬も存分にキャンプをお楽しみください。

やっぱり憧れは薪ストーブ?

そのうち薪ストーブも導入したいですね。要チェックです!

Enjoy a comfortable camp in winter with a Gas stove!

ガスストーブで冬も快適キャンプを楽しもう!

紹介されたアイテム

ユニフレーム ハンディガスヒーター ワームII

ユニフレーム ハンディガスヒーター ワームII

¥12,800 税込

イワタニ カセットガス アウトドアヒーター

イワタニ カセットガス アウトドアヒーター

¥9,500 税込

カリフォルニアパティオ カセットガスヒーター

カリフォルニアパティオ カセットガスヒーター

¥10,584 税込

ニチネン カセットボンベ式ガスヒーター ミスターヒート

ニチネン カセットボンベ式ガスヒーター ミスターヒート

¥5,553 税込

関連する記事

gs_04
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
夏野 栄

湘南在住の作家、クリエイターでアウトドアマン。ノベルからアウトドア書籍、ゲームやアニメ脚本、アパレルプロダクトまで多数制作。ファッション誌での連載とマーケットプロデュース。『ぼくの決断』/実業之日本社

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!