“空気”がキャンプを楽にする!?キャンプで役立つエアー○○特集

2019/03/12 更新

出来るだけ手軽で楽チンだと嬉しい、キャンプに関わる設営の手間。そんな手間を解決してくれる注目の素材はなんと空気!?実はここ最近、空気を利用したキャンプアイテムが増えています。今回はそんなキャンプで使える「エアー○○」に注目しましたよ!


アイキャッチ画像出典:Instagram by @toshi8884

これからのキャンプは”空気”を使って快適に!

From PIXTA 出典:PIXTA
近年、注目を集める空気を使ったキャンプアイテム。「空気を入れるだけ」という、とってもシンプルな作りがキャンプで必要なアイテムを最小限に抑えてくれます。今回はそんなキャンプで使えるエアー〇〇シリーズを一挙にご紹介します!

まずは知っておきたい!エアー○○のメリット/デメリット

メリット1 とにかく設営・設置が簡単!

anime
出典:HEIMPLANET
空気を使って設営をおこなうキャンプアイテムのメリットは、とにかく設営・設置が簡単! 面倒なポールの組み立ても、説明書をいったり、きたりしながら組み立てる手間も大幅にカットされます。

メリット2 最小限の知識で挑めるので、初心者でも安心!

From PIXTA 出典:PIXTA
空気を使うキャンプアイテムのほとんどが「空気を入れる」「空気を抜く」で、設営から撤収まで完結出来てしまいます。これならキャンプ慣れしていない初心者の方でも安心して使えます。


デメリット1 当日に壊れてしまった時の替えが効かない・・

From PIXTA 出典:PIXTA
空気を入れることでテントを支えたり、形状を保っているアイテムの為、当然穴が空いてしまえば使えなくなってしまいます。事前に分かっていれば、補正テープで保護したり、他のアイテムで替えをきかすなどの対策が打てるものの当日壊れてしまった場合は、1日不便な思いをする可能性も無きにしも非ずです。

デメリット2 空気入れ作業=手間!?

From PIXTA 出典:PIXTA
これは個人によってだとは思いますが、空気入れの作業が手間と感じる方もいると思います。ポールを組み立てたり、ペグを打ったりといったテントを作る、ひとつひとつの作業が設営時の楽しみでもあったりしますよね!

エアー○○と言えばこれ!ファミリーキャンプの定番エアーマット3選

既に使っている方も多いのではないでしょうか? テントの寝室空間をより快適にしてくれるアイテム「エアーマット」。定番の形から、より便利に進化を遂げた最新エアーマットをご紹介します!

コールマン

コールマンからスタンダードな形の定番エアーマット。しっかりした厚みを持っているので、キャンプだけでなく、車中泊にも使えます。コールマンのテントカラーと一緒なので、テントと揃えれば相性も◎。
ITEM
コールマン/コンフォートエアーマットレス
●サイズ:187×138×19(h)cm
●質量:3.3kg
●材質:PVC
●仕様:ダブルロックバルブ、ロール式収納

膨らますのも畳むのも簡単です!気に入りました!ただ、空気を入れる時、シューシューという音が大きくてちょつと恥ずかしいです(笑)


AUGYMER

地面に広げて、吸気/排気バルブを開けるだけで、バルブから空気を自動で取り込み完成するタイプのエアーマット。
712tpcqza7l-_sl1000_ 出典:Amazon
バルブ式なので空気量を調整して好みの硬さに出来ますし、連結もできるのでソロキャンプからファミリー用途まで幅広いニーズに対応できます。

ITEM
AUGYMER / エアーマット
●本体サイズ:約188cm×66cm×5.0cm
●収納サイズ:66cm×16cm
●重量:1.4kg
●材料:190Tポリエステル+PVCコーティング

FUTO

「たった20秒で快適なベッドができあがり、入れた空気は8時間以上保持」というキャッチコピーが目を引くアイテム。重量も96Ogと軽量で付属のバックパック1つで背負えてしまう。
futo-nap01
出典:楽天
写真で見ても分かるように、サイズと幅がそれなりにあるので、ソロテントより3-4人タイプのテントで使うのをオススメします!

ITEM
FUTO /エアーマットレス
●本体:長さ193cm × 幅115cm × 高さ30cm
●重量:約970g
●持ち運び用バックパック付き、3ヶ月間のメーカー保証付き

キャンプシーンに革命を起こした!?エアーテント4選

初めてこのシリーズを見たときは驚いた方もきっと多かったハズ。テントはポールを組み立てて立つもの、という常識を覆したエアーテントシリーズ。まだ出しているメーカーも限られている分、これから最も注目度の高いエアーアイテムです。

ヘイムプラネット(HEIMPLANET)

「エアーテントと言えば、このメーカー」と言っても過言ではないくらい、インパクトのあるビジュアルと洗練されたデザインが特徴的なヘイムプラネットからソロテントとファミリー向けテントのご紹介。

ITEM
ヘイムプラネット /  FISTRAL Camo
●収納サイズ:約18×18×30cm
●重量:約2.5kg
●素材:フライシート(40Dリップストップナイロン耐水圧2000mm)、インナーテント(40Dリップストップナイロン)、グラウンドシート(70Dナイロン耐水圧7000mm)


ITEM
ヘイムプラネット / The Cave Gray
●サイズ:全長125cm(インナーテントの高さ102cm)収納時:45×30×20cm
●重量:5.2kg
●素材:エアフレーム(リサイクル可能素材)、外層(非常に頑丈で耐久性に富むポリエステル)、内層(柔軟性のあるポリウレタン)、フライシート(75Dポリエステル/PUラミネート耐水圧5,000mm)、インナーテント(40Dナイロン)、グランドシート(70Dナイロン/PUラミネート耐水圧7,000mm)
●付属品:ペグ、張り綱、修理キット、パックサック



ケシュア

高品質かつ、低価格を売りにしたフランスのアウトドアブランド「ケシュア」。ヨーロッパブランドならではの国内メーカーにない綺麗な色合いのテントも魅力のひとつ。

6246854898251 こちらは3人用のテント。FRESH&BLACK素材(同社特許)を使っており、日中でもテント内での暗さを担保している。耐風性(60km/h)・耐水性にも優れながら、価格2万円代という低価格を実現したコストパフォーマンスの高いテント。

b7cc5517-a447-4bfc-ad86-eb2ac81cd22b こちらは2ベッドルーム付の4人用ファミリータイプのテント。ファミリータイプでありながらも、1人でも簡単に設営出来るエアーテントならではの利便性を兼ね備えています!



    レジャーアイテムとしても注目のアイテム!エアーソファ2選

    近年キャンプだけでなく、レジャー全般で注目を集めているアイテム「エアーソファ」。設営も超簡単で、畳んでしまえばコンパクトで荷物にもなりません。

    コッティーバッグ(COTTYBAG)

    空気入れやポンプすら不要で、誰でも・どこでも簡単に作れちゃうエアソファ。カラー展開も豊富なので、皆んなで持ち寄れば楽しい雰囲気になること間違いなし!

    ITEM
    コッティーバッグ(COTTYBAG)
    ●素材:ポリエステル/ナイロン
    ●製品サイズ:200×90×70cm (使用時)、35×24×13cm (収納時)
    ●耐荷重:120kg
    ●付属品:収納用バッグ・流れ止めロープ・カラビナ付き

    AUKUYEE

    こちらのエアーソファは取り外し可能な日除け付き。サイドポケットが付いておりスマホを入れたり出来るちょっとした機能が嬉しいポイント。

    81i9xhidpil-_sl1500_
    出典:Amazon
    収納もとてもコンパクトで、寝袋などと同じような大きさ。これならそこまで気になるほどの荷物ではないですよね。

    ITEM
    AUKUYEE / エアーソファー
    ●生地:高密度ポリエステル素材
    ●重量:1.45kg
    ●本体材質:210Tポリエステル
    ●材質機能:防水、裂け防止、静電防止
    ●サイズ:185×90×60cm 
    ●収納サイズ:19×16×36cm



    エアー○○に必須!持っておくと便利な空気入れ3選

    エアーテントやエアーマットといったキャンプアイテムには、もはや必須のアイテム空気入れ。より設営の手間を省いてくれる便利な空気入れから、メーカー純正品までご紹介します。

    コールマン

    空気を入れることすらめんどくさい!という方に朗報なアイテム。単1乾電池4本で使用でき、これ一つで空気の注入・排出まで可能です。

    ITEM
    コールマン / 4Dクイックポンプ
    ●サイズ:約19×9×11(h)cm
    ●重量:約330g
    ●材質:ABS、他
    ●使用電源:単1乾電池×4本(別売)
    ●付属品:ダブルロックバルブアダプター、ミニダブルロックアダプター

    小型でもパワーがあります。キャンプのエアベッド用に購入しましたが、車のバッテリーから電源をとるタイプの空気入れと比較してもほとんど差はありませんでした。これからの季節、海に山に必需品です。


    ヘイムプラネット(HEIMPLANET)

    安心のメーカー純正ポンプ。テントと揃えるのも良し◎ 迷った時はやっぱりメーカー品を選びましょう!

    ITEM
    ヘイムプラネット / DOUBLE ACTION HAND PUMP
    ●重量:900g



    キングキャンプ

    こちらは足踏みポンプ式の空気入れ。これなら女性でも疲れず、簡単に空気を入れられる。使わない時はたため、収納時の場所を取らないのが嬉しい◎。

    ITEM
    キングキャンプ / フットポンプ

    キャンプを楽にするエアー〇〇からこれからも目が離せない!

    as_family_g7 出典:楽天
    余計な荷物もいらず、設営から撤収まで超簡単。まだまだメジャーでもない分、持っているだけで注目の的になれるかも!? 進化を続ける、空気を使ったキャンプアイテムたちから今後も目が離せないですね。

    設営の簡単さなら「ワンタッチ系」も負けてない

    エアー式も簡単ですが、設営の素早さだったらワンタッチテントも負けません!10秒~3分程で設営できるテントたちも要チェックです。

      Try to use the Air!!

      空気を使おう!

      紹介されたアイテム

      コールマン/コンフォートエアーマットレス
      AUGYMER / エアーマット
      サイトを見る
      FUTO /エアーマットレス
      ヘイムプラネット /  FISTRAL…
      ヘイムプラネット / The Cave…
      コッティーバッグ(COTTYBAG)
      AUKUYEE / エアーソファー
      サイトを見る
      コールマン / 4Dクイックポンプ
      ヘイムプラネット / DOUBLE AC…
      サイトを見る
      キングキャンプ / フットポンプ
      サイトを見る

      関連する記事

      この記事が気に入ったら
      「いいね!」をしよう
      CAMP HACK編集部

      CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

      アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

      150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
      アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
      お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!