最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
Amazonで発見した10,000円以下の軽量コット

Amazonで発見した10,000円以下の軽量コットを買ってみた

2022/08/16 更新

気になる格安コットを買ってみた!気になるけど買うのは怖いようなアイテムをCAMPHACK編集部が徹底調査。格安だけど本当に性能はいいの?壊れやすくない?そんな疑問にお答えしながら人気コットとのスペック値比較も教えます。実験的レビューをご覧ください。

目次

アイキャッチ画像撮影:編集部

10,000円で買える軽量コットをAmazonで発見

Amazonで発見した10,000円以下の軽量コット一覧

出典:Amazon

先日Amazonパトロールをしていたら激安コットたちを発見。どれも10,000円以下でお手頃価格。しかも2kg以下の「軽量コット」たちが格安で売られています。これは気になる!

ヘリノックスのコットが35,500円(税抜き)

以前軽量コットを3社比較した記事でもあったように、値段は20,000円を切るものは少なく軽量コットは”高価なもの”という印象のアイテムです。軽量コットの革命児ヘリノックス製のコットの価格と比べると、10,000円以下というのは適正な価格なのか疑ってしまうほど。

果たして優良製品はあるのか

十分に詐欺に注意しながら激安コットたちをチェックしてみました。価格・口コミ・スペック値のバランスを見極めてみます。口コミを覗いてみると「使って数回で壊れた」「ギシギシ音がひどく寝心地が悪い」など酷評のものもチラホラ。

バランスがいいのは「Lixada」のコットだと判断

Lixada ポータブル オフアース折り畳み簡易ベッド

出典:Amazon

 

Lixada ポータブル オフアース折り畳み簡易ベッド脚部分

出典:Amazon

最終的に気に入ったのがLixada(リクサダ)というメーカーのコット。Amazonには無数にある中国製ブランドのひとつです。この製品のいいところは地面からの高さが15cmはあり、そして重量は1.34kgと軽量、そして色も3色から選べる配慮が気に入りました。

Lixada ポータブル オフアース折り畳み簡易ベッドに乗る男女

出典:Amazon

画像を見てみると、対荷重200kgをアピールする強気のパフォーマンスが。口コミにも壊れたなどの書き込みはまだなかったので(2017/6/1)耐久性は信じてみようと思います。

Lixada ポータブル オフアース折り畳み簡易ベッド

●サイズ:185×60cm / 200×60cm / 200×65cm (選択可能)
●対荷重:200kg / 440lb
●ベッドの高さ:15cm / 6in
●収納サイズ:50×12×12cm / 20×5×5in
●重量:1340g / 3 lb
●素材:オックスフォード生地+アルミフレーム
●色:グレー/アーミーグリーン/ブルー(選択可能)

格安軽量コットを買ってみた

Lixadaの格安コット

撮影:編集部

口コミを確認したとはいえ、あまり知らないブランドのものを買うのにはやはり若干の抵抗がありますが、人柱覚悟で今回Lixadaの格安コットを買ってみました。

収納性は◎

かなりコンパクトで、ザックの横付けにちょうどいいサイズ。例を出すならヘリノックスのチェアが15cmほど伸びたサイズ感です。収納サイズは50×12×12cmで、ヘリノックスのコットワンの54×16×16cmと比べると収納性では勝っています。

実際に組み立ててみる

■仕組みは超簡単

コットのパーツ

撮影:編集部

中身のパーツはご覧のとおり。基本的なオックスフォード生地と、アルミフレーム、そして脚となるフレームが入っています。内容物に間違いはありません。

フレームの組み立て

撮影:編集部

はっきりポールの色が違うので、手間取ることなく組み立てられます。

メインポーツに布をセット

撮影:編集部

メインとなる長いポールを生地に差し込みます。

両脇のポールに布をセット

撮影:編集部

2本とも差し込んだら次は脚のパーツをはめ込んでいきます。

足はヘリノックスの脚のような仕組み

脚のパーツ拡大

撮影:編集部

ここで脚のパーツをクローズアップ。接続部は強めのゴムで繋がっており、穴の位置を合わせると「カシュンッ」とはめ込まれます。感覚はヘリノックスの脚に近いです。

脚のパーツをセット

撮影:編集部

口コミでは「生地のサイドに差し込むポールが少し入れづらい」とありましたが、特に問題なくはめ込めました。仕組みは簡単なのでこのあたりは個人差がありそうです。

■足が4本なので時間はかからない

脚のパーツ4本をセット

撮影:編集部

設営完了です。脚が4本なのであっという間に完成しました。脚を6本組まないといけないものもあるので、4本だけで設営できるのは実際の使用シーンを考えると嬉しいポイント。

コット組立完成

撮影:編集部

地面から15cmと十分な高さも確保。

気になる寝心地は?

■「張り具合」はいい感じ

コットに寝る男性

撮影:編集部

実際に寝てみたところ、しっかり張りも感じられコット寝の快適さを実感させてくれます。長さも185cmあるので180cm近い編集部員もギリ満足、という感じ。

185cmのコットに寝る180cmの男性

撮影:編集部

単体のみで満足度のある寝心地でしたが、これにマットやブランケットなどを追加して使えば、さらに寝心地はグレードアップできそうですね。

「沈み具合」は不安がよぎる

マット部分の沈み具合

撮影:編集部

気になったのが沈み具合。15cmはあるので地面に着くことはまずありませんが、元気な芝生サイトだと容赦なく背中に植物が当たってきます。

沈んだときに付いた汚れ

結果、お尻部分の裏生地に地面の土汚れが。しかしほんの少しカスった程度なのであまり気になりません。

ヘリノックスのコットワンも高さは16cm、DODのバッグインベッドも15.5cmなので高さは肩を並べる優秀さ。沈み具合はDOD製品と同じくらいの印象です。

痛恨のミス「横幅が狭い」

横幅60cmのコットに寝る男性

撮影:編集部

試してから後悔したのが横幅の問題。このLixadaのコットは横幅のサイズを60cmと65cmで選べたのですが、気付かずに60cmを購入。そして60cmを体感してみると窮屈な感じが否めません……。

ただ幅65cmになると値段も2,000円ほど上がり、重量も若干重くなるのでここは検討の余地がありそうです。

横幅60cmのコットに寝る女性

撮影:編集部

女性(身長165cm)に使ってみてもらいましたが、収まりはちょうどいい感じ。185×60cmというサイズ、そして1.34kgという軽量性は女性には最適ですね。

人気コットと比べた場合

ちなみに他人気メーカーと比較すると、横幅はヘリノックスのコットワンが68cm、ヘリノックスのコットマックスが75cm、DODのバッグインベッドが72cm、ロゴスのアッセムコンパクトベッドが61.5cmです。

ヘリノックス コットワン 幅68cmに寝る男性

出典:CAMP HOUSE

こちらがヘリノックスのコットワン。幅68cmあれば男性でも窮屈には見えません。

ヘリノックス コットワン 幅70cmに寝る女性

撮影:編集部

DODのコットがこちら。こう見てみると横幅72cmはかなり快適そう。

サイズは要検討、コスパは超最高

Lixada ポータブルオフアース折り畳み簡易ベッド軽量キャンプスリーピングベッドウォーターレジスタンス防湿性キャンプテントマット440Lb

出典:Amazon

今回、人柱覚悟で買ってみましたが結果的にはかなり使えるコットを購入したぞ、という印象です。コット購入の際は横幅をしっかりチェックしましょうね。10日間以上使ってみましたが、いまだにどこも破損しないので耐久性は信頼できそうですよ。

Amazonギフト券にチャージして賢く買い物をしよう

Amazonギフト券チャージ出典:Amazon

Amazonでのお買い物をするなら、よりポイントが貯まる方法で購入するのがおすすめ。Amazonギフト券チャージタイプにチャージ(5,000円〜)をすることでポイントが貯まります!

現金でチャージする場合

最大2.5%のポイントが付与されます。

※コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合

現金でチャージする

クレジットカードからチャージする場合(プライム会員限定)

キャンペーンにエントリーしてチャージすれば、0.5%のポイントが付与されます。

クレジットカードでチャージする

 

DODコットを実際に試してみた記事もチェック!

今回比較対象にしていたDODコットについて詳しく調査してみた記事もあわせてチェックしてみてください。よりコット選びの候補が絞れるはずですよ。

 Let’s debut light weight cot!

軽量コットデビューしてみよう!

紹介されたアイテム