CAMP HACK[キャンプハック]


モンテインが欲しくなる!デザインも機能性も良しのおすすめ7選!

0

モンテイン(Montane)というブランドをご存知でしょうか?日本では知る人ぞ知るブランドですが、ファンからは高い支持を得ています。その理由は、追及されたデザインと機能性の高さです。山でも街でも着る場所を選ばない、モンテインおすすめの商品を紹介していきます!

kukka


アイキャッチ画像出典:MONTANE

モンテインは英国発のブランド。その特徴は「素材」と「軽量性」

出典:MONTANE
MONTANE(モンテイン)というブランドをご存知ですか?「Further,Faster」(より遠くへ、より速く)のブランドコンセプトの通り、軽量かつ高機能、そしてデザイン性にも優れたウェアを作っており、その実力はイギリスの山岳救助隊や国連PKOで採用されるほど。生産量がまず少ないので、扱うショップが少なく、入手が難しいのであまり知られていませんが、一度着用すると手放せなくなるウェアなんです。

モンテインは自作のジャケット作りから始まった!

出典:MONTANE
1993年にその出会いは訪れました。南米チリ北部を探索するために訪れた創業者が冒険家になる夢を抱いたクリフ・ロフと出会います。その時クリフ・ロフが着用していたのが古いコットンテントを使って作った自作のジャケットだったのです。その後イギリスに戻った二人は自分たちの求めるアウトドアウェアを作り始め、今に至ります。

モンテインは素材にこだわる

ブランドの成り立ちからもわかるように、極限の環境でもしっかりと着る人の体力を奪わないようなウェア作りのためにモンテインが重要視しているのが、使用する素材です。世界中の生地サプライヤーと協力して機能的で丈夫、そして軽量という今までになかった革新的な素材をウェアに採用しているのです。

このモデルの登場まで200g代の軽量レインシェルといえば、GORE-TEX pacliteや各ブランドの独自素材による2~2.5レイヤーを使用したモデルがほとんどで、軽さと透湿性がトレードオフになっていたところに、eVentの3レイヤーを使い200g前半の重量という透湿性・軽さともに大きなインパクトを持って登場した軽量レインシェルの記念碑的モデルです。透湿性・快適性においてコアなランナーからかなり評価の高いeVentですが、トレイルランニングに使用できるモデルはOMM Cypher Smock/JacketとこのMONTANE Spectr Smockくらいに限られます。(出典:Run Boys! Run Girls!)

モンテインは軽さを追求!

出典:楽天
モンテインのウェアは、その機能性と丈夫さに加えて軽量化に定評があります。例えば、後で紹介するミニマス777ジャケットは、3レイヤーのウォータープルーフジャケットでありながら、なんと143g(Mサイズ)という脅威の数値を叩き出し、アウトドアウェアの世界に衝撃を与えました。しかも薄いからといって、その耐久性はなんら劣ることはありません。

『Minimus Smock』は従来の防水透湿性のクロージングの中で最軽量クラスの一つです。(*2016年4月時点)アスリートフィット(細めのパターン)を採用していますが、きつすぎるということはなく、思っているよりはゆとりがあります。従来のサイズに近いままでこれだけの軽量化をしています。スペクトラスモック同様に細部を簡素化することもしていますが、機能の付加もなくしていません。(出典:Hiker’s Depot)

関連記事