CAMP HACK[キャンプハック]


フート付きアウター

スタイリスト 平健一のアウトドア ファッションテク講座#03:キャンプのアウター選び

0

アウトドア界でも引っ張りだこのスタイリスト 平健一氏がCAMP HACKに登場。独自のアイテム選びは多くのアウトドアマンの指標となっています。この連載では、その唯一無二の視点を存分に披露してもらいます。

平 健一


2017年一発目、#03はキャンプでのアウター選び!

2017年を迎え、日本列島に強い寒波を迎えキャンプをしたくても寒くて出来ない、そんなムズムズしている方も多いかと思われますが、皆さんいかがお過ごしですか?

私は年末から正月にかけて田舎の山形に行ってきまして、雪のない年末年明けを味わいました。田舎の冬は雪のイメージが強いので年末年始は残念ながら冬をあまり感じられませんでしたが・・・。まぁそれでも正月明けには雑誌の撮影で雪山にも行き、寒い雪山でスノートレックとそり遊びでお陰様で体にちょい不調が・・・(笑)

そんなこんなで不調をかかえながらの2017年一発目は、キャンプのアウター選びになります。

TilakのOdin JK

%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%bc1
まずはこちらチェコのアウトドアブランドのTilakのOdin JKです。Tilakは現在、NIKEのacgラインのクリエティブディレクターであるエルロソンヒューもこちらのブランドのデザインをしており、アクロニウムのデザイナーでもあるので格好良さが伝わります。

今回紹介するOdin JKの色はカーキで、素材はベンタイルコットン(高密度コットン)織りを使用しており、撥水性もありながら、素材感があまり派手ではなく、ナイロンにあるテカリなども有りません。風合いもよく、キャンプだけでなく街や普段使いも出来ます。そしてメイドイン チェコを徹底しており、今なお自社工場で作っております。

プルオーバーですが、サイド片方のみにジッパーがついており着やすくて便利です。撥水加工なので、キャンプで少しの雨や風が吹いてもこれ一枚でOKとオールマイティに使えます!前身頃のポケットは多くあって、収納も使い易さもあり弱点がないくらいです。またブランド名の由来も調べると面白いのでぜひ検索してみてください。

2枚目はオイルドジャケットの紹介です。

関連記事