CAMP HACK[キャンプハック]


海 ライフセーバー

大洗キャンプ場と大洗サンビーチキャンプ場を比較してみた!

0

大洗キャンプ場と大洗サンビーチキャンプ場を徹底比較!ブログの声を参考に、ゴールデンウイーク混雑必須の2大人気キャンプ場を紹介。目の前に広がるビーチで海水浴、釣り、バーべキュ―、ウッドキャビンなど、楽しみどころ満載の人気スポットをチェック!

keiichiro kaneko


アイキャッチ画像出典:大洗観光協会

茨城県大洗町にある2大人気キャンプ場を比較!

茨城県大洗市のビーチ 茨城県の太平洋側に位置する大洗町は、北関東最大級の広さを誇る大洗サンビーチをはじめ、夏の海水浴場として人気のスポット。広大な砂丘に覆われた遠浅のビーチなので、小さな子供のいるファミリーに人気の海水浴場です。

名勝指定された岩礁もあるので、磯釣りなども楽しめます。もちろん海釣りできるスポットも充実!常磐道から北関東自動車道(東水戸道路)が開通し、 首都圏からのアクセスも良好です。

今回は、そんな大洗町にある有名なキャンプ場、大洗キャンプ場と大洗ビーチキャンプ場を比較してみました。どちらに行こうか迷っている方は要チェックです!

ウッドキャビンなど宿泊施設あり!予約なしでいける大洗キャンプ場

大洗キャンプ場のテントサイト 森林浴日本百選に選ばれた松林に囲まれたキャンプ場。大洗海岸のすぐそばにあるキャンプ場なので、海水浴の拠点に便利です。

周辺には水族館や科学館、コンビニ、スーパー、ホームセンター、緊急指定病院があるので、不測の事態が起こった時でも対応しやすい立地にあるので、ファミリーやキャンプ初心者の方でも安心して利用することができます。

気になる混雑状況は?ブログから見る!大洗キャンプ場の評判

「大洗キャンプ場って・・どんなもんかいな?」とご検討の方もいるかもしれないのでここで 私目線の率直な評価を述べます。フリーサイトは意外と広いので張れないことはないと思う、スーパーはすぐ隣でなにかと便利、漁港も近いので予算があれば旨い海鮮バーベキューが出来る、水族館やアウトレットなど観光っぽい場所が付近にある。(出典:「休日野外生活」日記

こちらのキャンプ場は車200台は入るフリーサイトで何と言っても予約がいらないこととテントを張る数も張る場所も自由なところがいい(出典:Amashou’s Diary)

5月2日~4日、2泊で大洗キャンプ場へ行ってきましたよ。夜中の2時に出発、4時に到着。さすがに渋滞はありませんでした。ブルーシートを広げて、忍び足で荷物を運んで、場所取り完了!この時間でも場所取りの人たちがちらほらいました。(出典:タマPの外遊び)

大洗キャンプ場は海の近くとあって漁港で新鮮な魚介類が調達できるのでこれまでと違ったキャンプが体験できそうです。また、予約なしでふらっと行けるのも人気の秘密のようですね。

基本情報

営業期間:通年営業
定休日:水曜日
施設タイプ:ロッジ、ログハウス、コテージ、フリーサイト
住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231-4
電話番号:029-267-2276(受付時間午前9時から午後5時)
アクセス:●車 北関東自動車道・東水戸道路 水戸大洗ICより約10分
●電車 大洗鹿島線 大洗駅からタクシーで約5分
駐車場:200台
宿泊者…大型車2,000円/普通車1,500円/オートバイ500円
日帰り…大型車1,000円/普通車800円/オートバイ200円
料金:テントサイト…大人1,300円/中高生850円/小学生以下600円(10名以上割引あり)
ウッドキャビン…2名6,000円/3名8,000円/4名10,000円/5名12,000円/5名以上12,000円+1名あたり1,000円
日帰り利用…大人550円/中高生350円/小学生以下100円
詳細はこちら

関連記事