CAMPHACK

まずは挑戦!ナイフ「研ぎ方」のコツと知っておきたい基礎知識

1

ナイフ・包丁の研ぎ方のコツを紹介!意外と簡単にできる研ぎ方と、基本的な準備からナイフの種類まで徹底解説。まず自分が持ってるナイフの素材の特徴から知って、それに合ったナイフの研ぎ方をマスターしよう!よく切れるナイフにしておけばアウトドアも安心!

keiichiro kaneko

アイキャッチ画像出典:楽天

ナイフ/包丁の研ぎ方のコツは?

ナイフ/包丁の研ぎ方
出典:楽天
アウトドアでも料理や作業に欠かすことの出来ないナイフ、最近切れにくくなってきたなと感じることはありませんか?

切れにくくなったナイフの切れ味を復活させる「研ぎ方」のコツやナイフの種類や素材の特徴について基礎知識をご紹介します。

ナイフの研ぎ方で重要なのは「角度」

ナイフを研ぐときに重要な角度は2つあります。基本的に「15度」と「45度」と覚えましょう。15度は砥石に置いたナイフを寝かせる角度。45度は砥石に置いたナイフを上から見たときの砥石に対する角度です。角度を保ってぶらさずに研ぐことがポイント!

ナイフ/包丁を研ぐのに必要なもの

●包丁
●砥石
●布巾(砥石のすべり止め。汚れるので不要なものを用意する)
●砥石が入るサイズの容器(風呂桶やバケツ等)

砥石は使う前に水を張った風呂桶やバケツに30分程度漬けこみ水分を十分に吸収させ滑りやすくしておきます。水分を吸収させた砥石は平らな場所において使用しましょう。砥石の下に濡らして固く絞った布巾を敷くことで砥石の滑り止めになりますよ。

関連記事