CAMP HACK[キャンプハック]


インナーダウン

好みの一着が見つかる!最新インナーダウン【コーディネートも】

0

寒くなってきて、ダウンやフリースが活躍する季節が来ましたね。アウターの中にさっと仕込めてぐっと暖かくなる、インナーダウンは持っていますか? 軽いうえに薄いのが特徴で、まさにキャンプに持ってこいの衣装です。早速、どんなものがあるのか見ていきましょう。

yuri

制作者

yuri

キャンプ歴6年、フェス歴10年のアラサー夫婦キャンパー。都内の出版社で働きながら、週末は自然を求めて月2ペースでキャンプを楽しんでいます。

...続きを読む
yuriのプロフィール

アイキャッチ出典:楽天

インナーダウンを選ぶときのポイントは?

①ダウンの性能を表すFP(フィルパワー)をチェック

インナーダウン
出典:無印良品
基本的にアウターの下に着るものなので、デザインよりも機能性が優れているものを選ぶのがおすすめ。

ダウンの品質は、FPという1オンス (28.4g) 当たりの羽毛の体積を示すもので表されており、その数値が大きいほど暖かく、軽いです。目安としては、550~600FP以上が良質なダウン、700FP以上が高品質なダウンといわれています。

②合わせたい服装によって選ぶデザインが変わる

インナーダウン
出典:無印良品
インナーダウンは、袖と襟の形もさまざま。暖かさ重視の場合は長袖のもの、逆に動きやすさやジャケットの下に仕込みたいときはベストタイプを選ぶと、外から見えずに着られます。

襟については、ラウンドネックが色んな服装に合わせやすいので、キャンプではおすすめ。もっと暖かさを求めるなら襟が立っているタイプを選んで。V字のものは襟が空いているコートのインナーとして活用できます。

③アウターとして着るなら撥水加工があるものがおすすめ

インナーダウン
出典:PIXTA
陽が落ちてくる夕方など、ちょっと肌寒くなったときにインナーダウンをさっと一枚羽織ると便利なのですが、実はダウンは雨に弱いのが弱点。

ダウンは中の詰め物のロフト(かさ)の高さを保つことにより保温力を保っていますが、濡れるとかさを保てなくなり保温力が落ちてしまいます。そのため、インナーダウンを一番外側に着るときは、撥水加工あるものが安心です。

それではさっそく、おすすめのインナーダウンを見ていきましょう!

✔︎人気ブランドのインナーダウンについてはこちらの記事もチェック

アウトドアブランドなら間違いなし!高品質インナーダウン

ザ・ノース・フェイス サンダーラウンドネックジャケット

ザ・ノース・フェイスのインナーダウン
出典:Goldwin
中綿には「CLEANDOWN光電子®PRO900」という最も高機能な900フィルパワーのクリーンダウンに、撥水加工と人体の遠赤外線を放射して、衣類の中を温める「光電子®」をミックス素材を使用。濡れても暖かさを保つことができるので、アウターとしても◎。

ザ・ノース・フェイス サンダーラウンドネックジャケット

●生地:<表地>PERTEX Quantum(ナイロン100%)<中わた>HYBRID CLEANDOWN 光電子 PRO(ダウン54%、ポリエステル40%、フェザー6%)<裏地>PERTEX Quantum ECO(ナイロン100%)
●サイズ:S、M、L、XL、XXL
●カラー:ブラック、アーバンネイビー、マラードブルー、ダークセージグリーン



✔︎ザ・ノース・フェイスのインナーダウンについてはこちらの記事もチェック

アークテリクス セリウムLT フーディ

アークテリクス ダウン プレミアム 850 フィルパワー・ダウンを使用しており、フードもついているため1枚でも首までしっかり暖かいです。動きやすいカッティングが入っているので、インナーダウンとして着用しても、着ぶくれ間がなく動きやすいのが魅力です。

アークテリクス セリウムLT フーディ

●生地:Arato10(100%ナイロン)、850フィルヨーロピアンホワイトグースダウン、Coreloft 80g/m2 and 100g/m2インシュレーション
●サイズ:S、M、L、XL、XXL
●カラー:Black、 Cobalt Moon、Dark Elysium、Distortion、 Forcefield、Komorebi、Phantasm


ナンガ インナーダウンカーディガンデタッチャブルスリーブ

ナンガ ダウン
出典;NANGA
ダウンといえば右に出るものはいないナンガ。袖が取り外しできるので、着るものや気温にあわせて変更できるのが他のメーカーにはない特徴です。脇と内袖のパネルに細いキルトステッチが入り、すっきりとした見た目になります。

ナンガ インナーダウンカーディガンデタッチャブルスリーブ

●生地:(表生地)10dn リサイクルナイロン、(裏生地)10dn リサイクルナイロン、(中綿)リサイクルダウン
●サイズ:S、M、L、XL、XXL
●カラー:BLK, NVY, MOCHA, KHA, BEG


モンベル スペリオダウン ラウンドネックジャケット

モンベル ダウン
出典:モンベル
「EXダウン」というモンベル独自のダウンを使用。一般的なダウンよりダウンボールが大きく、小羽枝の密度が高いため、優れた保温力がウリ。何といっても、コスパが最強なのがモンベルのダウン。800フィルパワーと高品質なうえに、10,000円前後で買えます。カラバリも豊富なので、一つ持っていても損はないアイテムです。

モンベル スペリオダウン

●生地:15デニール・フルダル・ナイロン・リップストップ[はっ水加工]
中綿:800フィルパワー・EXダウン
●サイズ:XS、S、M、L、XL、U/S(海外モデル)、U/M(海外モデル)、U/L(海外モデル)、U/XL(海外モデル)
●カラー:ブラック(BK)、ダークグリーン(BKOV)、ネイビー(MIBL)、レッド(RSWD)


マーモット 1000イーズダウンフーディー

デサント ダウン
出典:DESCENTE
今まで見てきた中で一番FPが高いのがこちらのダウン。なんと1000FPものマザーグースダウンを使用しており、軽量かつ保温力抜群。撥水加工がなされているので、アウターとして着るのも、天候が変わりやすいアウトドアでも安心。

マーモット 1000イーズダウンフーディー

●生地:表地:ナイロン100% 裏地:ナイロン100% 中わた:ダウン95% フェザー5%
●サイズ:S、M、L、XL
●カラー:ブラック、ライム、ナイト、スティールオニキス


チャムス プロボインナーダウンジャケット

チャムス インナーダウン
出典:チャムス
すっきりとしたシルエットと適度なサイズ感でアウターを邪魔しないインナーダウン。耐久性のあるリップストップ素材を使用しているので、アウトドアなど活発なシーンにもぴったり。

チャムス プロボインナーダウンジャケット

●生地:Polyester100%、Body Filling/Down90% Feather10%
【Spec】Down Spec:Fill Power 650
●サイズ:S、M、L、XL、XXL
●カラー:ブラック、ベージュ、グレー


プチプラだけど安心感 無印良品とユニクロのおすすめインナーダウン

ユニクロ ウルトラライトダウンオーバーサイズジャケット

ユニクロ インナーダウン
出典:UNIQLO
圧倒的なコストパフォーマンスで知られるユニクロの「ウルトラライトダウン」シリーズですが、今年何といってもイチ押しなのが、〈White Mountaineering〉とのコラボダウン。

このオーバーサイズジャケットも、コラボしかできない美しいシルエット、かつ可動性に優れた一着。すでに在庫が少ない店舗もあるので、急いでチェックして!

購入はこちら

✔︎ウルトラライトダウンオーバーサイズジャケットについてはこちらの記事もチェック

無印良品 軽量オーストラリアダウンポケッタブルノーカラージャケット

インナーダウン 無印良品
出典:無印良品
5,000円にも関わらず750FPの圧倒的な暖かさ。色展開も4種類、サイズもS~XLまであるので、インナーダウンをまずは試してみたい方にはおすすめ。女性用もあります。

購入はこちら

インナーダウンはこう着こなせ!間違いないコーディネートは?

①アウターとして街中をスタイリッシュに

ザ・ノース・フェイスのダウン
出典:Goldwin
インナーダウンをアウターとして着用し、色味や丈感を意識することで、街中でもおしゃれに着こなせます。ザ・アウトドアっぽさを感じないコーデです。さすがノースフェイスと言わんばかりの体になじむシルエットも◎。

②ベストをコーディネートのアクセントに

インナーダウン ベスト
出典:Instagram by @brownfloorhokkaido
インナーダウンのベストタイプを、ロンTとレイヤード。あえて外に出すことでロンTの着回しに幅が出ます。

インナーダウン コーディネート
出典:Instagram by @brownfloorhokkaido
ジャケットを羽織ってみても、ちらっと見えるベストがいいアクセントになります。

③女性にもおすすめ!パーカーとのレイヤード

インナーダウン 女性
出典:Instagram by @ciaopanictypy_sapporopaseo
キャンプのときの服装として男女問わず愛用されているパーカーも、ダウンと合わせることでひとあじ違ったコーデに。女性にもおすすめです。

インナーダウンは性能で選ぶべし!

インナーダウン 男性
出典:Instagram by @smartclothingstore_machida
さまざまなメーカーのものがありますが、共通しているのは「インナーダウンは軽くて、暖かい」ということ。自分がどのシーズンまでアウトドアをするのか? どのような場面で着たいのか? を意識して、性能で買うのがおすすめです。

こちらの記事もおすすめ

関連記事