編集部がアイテムを厳選!!CAMP HACK STORE
オマモリタグケース

日々の「アレどこだっけ…?」にめちゃ有効なホルダーを発見!AirTagもセンス良くカモフラージュできたぞ

大切なキャンプギアの盗難・紛失防止などにとても便利なAppleの「AirTag」ですが、専用カバーって「AirTag」が丸見えのタイプが多くデザインもいまひとつキャンプギアに馴染むモノが少なく……。

何かいい方法がないかと探していた筆者が見つけたのが、「オマモリタグケース」。「AirTag」カバー問題だけでなく、AirTag以外のものを入れるのにも好都合。毎日のいろいろなウッカリ防止にも大活躍するアイテムだったので、詳しくご紹介します!

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

目次

記事中画像撮影:筆者

「AirTag」が丸見えなのってちょっと気になる…

バックパックに装着したAirTag

大切なキャンプギアの紛失・盗難防止や、お子さんの迷子防止策などに、Appleの「AirTag(エアタグ)」を装着している人って多いんじゃないでしょうか?

筆者もその1人ですが、ちょっと気になっていることが。それは、専用カバーには、「AirTag」を視認できる穴あきフォルムで、あくまで外周保護を目的とするアイテムが多いこと。

そもそもAirタグって…

AirTagと「iPhoneを探す」画面

出典:Amazon

ちょっと本題に入る前に、そもそもの「AirTag」についてサクッとおさらいを。

「AirTag」とは、鍵など大事なモノに取り付けておけば、紛失したときに現在位置が分かる「紛失防止タグ」です。

iPhoneの「探す」アプリと接続すれば、「AirTag」からのBluetooth信号を検知。自分のiPhoneに信号が届く範囲(約10m)を離れても、「AirTag」周辺の他のAppleデバイスがハブとなって位置情報を中継し、世界中で追跡が可能です。

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」が優秀!

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」2種を平置き

そんな便利な「AirTag」なんですが、せっかく装着しても丸見えのカバーなのがちょっと心配で……。「AirTag」自体、4,980円(税込)と決して安いものではありませんし。

また、従来のカバーデザインは、見た目もキャンプギアに馴染まない点も不満でした。

何かいい方法はないかと悩んでいた筆者ですが、先日、このお悩みを解消するアイテムを発見! それが、grn GENERAL LIFE「OMAMORI TAG CASE(オマモリタグケース)」です。

デザインも機能も優秀なうえ、他にもいろいろ役立つアイテムだったので、詳しくご紹介します! 

grn GENERAL LIFE オマモリタグケース

「オマモリタグケース」5つのGOODポイント

1 |AirTagがシンデレラフィット

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」とAirTag・ゴールゼロなど並べて
grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」にAirTagを入れて真上から

「オマモリタグケース」は、幅約4×長さ9cmのミニミニサイズのケース。「AirTag」にピッタリのサイズ感ですが、マチがあるので「AirTag」なら2枚重ねて入りそうな容量です。

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」ベルクロ部分のアップ
grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」ベルクロ部分の裏側

※画像は2枚とも、ベルクロ部が見やすいようカラビナフックを外した状態

開閉はベルクロ式。ベルクロ付きのベルト部分は、本体の裏側一面にしっかりと縫製され、安心感のある作りです。

2|360°回転式カラビナ付き

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」カラビナ部分アップ

ベルクロテープが通ったDカンの上には、360度回転式のカラビナ付き。

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」をランタンケースに装着

おかげで、ボディに厚みのあるランタンケースに装着しても、クルリと回って自然とフォルムに添ってくれて、携行時も邪魔になりにくいのが魅力です。

3|丈夫なコーデュラナイロン製

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」生地アップ

大事なアイテムを追跡する大事な「AirTag」の身を預けるからには、耐久性も気になりますよね。それもご安心あれ。

生地にはコーデュラ®ナイロンを使用しており、一般的なナイロンの7倍もの強度を誇ります。

4|センスよくカモフラージュするデザイン

車のキーに装着

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」を車のキーに装着

ポーチに装着

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」をポーチに装着

ベルトループに装着

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」をベルトループに装着

ランドセルに装着

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」をランドセルに装着

車や自宅の鍵にキーホルダーとして、貴重品が入ったポーチに、はたまたお子さんのズボンのベルトループやランドセルなどなど……、あらゆる場所に「AirTag」を隠しつつ、スマートに装着できます。

また「オマモリタグケース」自体がコーデのアクセントにもなる、むしろ見せたくなるデザインなのもうれしいポイント。

5|全部欲しくなる!豊富なカラバリ

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」2種を四角に並べて

カラーのバリエーションも豊富。筆者が使ったのは「PAISLEY(ペイズリー)」「CAMO(カモ)」の2種。

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」コヨーテ

出典:grn GENERAL LIFE

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」ブラック

出典:grn GENERAL LIFE

そのほか、「BLACK(ブラック)」「COYOTE(コヨーテ)」の無地カラーもあり、全4種が展開。装着するアイテムやコーデに合わせて選べるのもうれしいですね。

アイディア次第でもっと活躍!

「オマモリタグケース」は他にもアイディア次第で、キャンプから日常まで、さまざまなウッカリの防止に大活躍してくれるんです。

キャッシュレスNGなときの備えに

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」と硬貨を並べて

日常生活の範囲内だけでなく、スマホでキャッシュレス決済できるキャンプ場なども増え、ついつい現金の持参を忘れてしまうことってありませんか?

けれど、コインシャワーに場内の自販機など、現金が必須なシーンってまだまだあります。

そんなときにイチオシなのが、「オマモリタグケース」に小銭を忍ばせておくこと! 

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」に硬貨を入れて上から

試しに筆者手持ちの小銭を入れてみたら、500円玉×2枚+100円玉×5枚の合計1,500円分が、余裕を持って入りましたよ。

ただし、あまり厚みが出るとベルクロテープと本体の間の隙間が開き、小銭が出てしまう懸念があるので注意しましょう。

ピルケースとして

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」に錠剤を入れて

1日に何度か服用しなくてはいけないお薬ってありますよね。朝晩は自宅で飲むタイミングを見つけやすいですが、昼間って難しくないですか? 

仕事中や出先では、ついつい飲み忘れがちな筆者。そんなときも「オマモリタグケース」に薬を入れ、バッグの外側など目につきやすい場所に装着しておけば、ウッカリ飲み忘れの防止に

一般的な大きさのシート入り錠剤なら、約4個入ります。

メモリーカード入れにも

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」にSDカードを入れて

SDカードなんかもちょうどフィットするサイズ感。

撮影途中にSDカードが満杯になり、急いで新しいSDカードに替えてバタバタと撮影続行……。なんてときにも、カメラのストラップなどに「オマモリタグケース」を付けておけば、ひとまずここに入れておけます。

バッグやポケットに慌てて放り込んで見つからなくなる……、なんてことも防げますよ。

細かいカスタムパーツの収納に

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」とLEDカスタムパーツなど

最近ジワジワ増えてきて、地味に管理に困っているのが、小型LEDランタン周りの細かいカスタムパーツたち。

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」と「38灯」カスタムパーツなど

例えば38exploreの「38灯」だと、ランタンフックに吊るす時には天面に「Dリング付き 1/4ネジ」パーツの装着が必要ですが、スタンドパーツでスタイリッシュに使うときには外したい……。

けれど、いかんせん小さいパーツゆえ、できるだけ探しやすい方法で収納したいんですよね。そこで「オマモリタグケース」が活躍!

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」と「ミニマライト」カスタムパーツなど

画像はミニマライトのボディにカスタムパーツ「グローブシリーズ」も装着

そしてもう1つは、5050WORKSHOPの「ミニマライト」のカスタムパーツ。

底部も発光し、ハンディライトにもなる便利な「ミニマライト」なんですが、カスタムパーツ「ミニトライポット SS」を装着して立てるには、底部の「レンズパーツ」を外して、「スクリューアダプター」に替える必要があるんです。

どちらも小さく見るからに無くしやすそうなパーツなんですが、これらにも「オマモリタグケース」がシンデレラフィット。

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」を「ワンタッチバケット」に装着

さらに筆者は、ワットノット「ワンタッチバケット」のベルトループに、「オマモリタグケース」をズラリと装着。

こうしておけば、1つ1つの小さなパーツを使いたいときにすぐ出せて、しまうときもスムーズ。細かいカスタムパーツの管理・収納に困っている人に、イチオシの方法です。

1つだけ気になったのは…

保護カバーごと入らない

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」に保護カバーごとAirTagが入らない

非常に優秀な「オマモリタグケース」なんですが、1点だけ気になったところが。それは、AirTagを入れる場合、元々使っていたシリコンケースを装着したままだと入らない点です。

いくら小さいとはいえ、「AirTag」は精密機器。筆者は、衝撃緩和や傷防止など考慮すると保護目的のシリコンケースも装着しておきたい派。

生地の耐久性は申し分ナシの「オマモリタグケース」ですが、クッション性はないため、欲を言うと、シリコンケースごと入る余裕があるといいのにな、と感じました。

小さな「オマモリタグケース」で大きな安心を!

grn GENERAL LIFE「オマモリタグケース」を「ワンタッチバケット」の上に乗せて

スマートかつおしゃれに「AirTag」をカモフラージュできるだけでなく、小銭忘れから細かいカスタムパーツの紛失まで、あらゆるウッカリを防止などアイディア次第で大活躍の「オマモリタグケース」。

小さいけどリアルに頼れる「オマモリタグケース」で、あなたも大きな安心を手に入れてみませんか?

grn GENERAL LIFE オマモリタグケース

合わせて読みたい