CAMP HACK[キャンプハック]


みなかみRVパーク山to空

車中泊だって焚き火がしたい!BBQや焚き火OKな、RVパーク施設【31選】

2

キャンピングカーを購入してから、テント泊より車中泊が多くなった筆者。調理はもっぱら車内にあるガスコンロ。でもやっぱり火を囲む時間こそアウトドアの醍醐味! ゆらゆらとゆらめく炎に癒されたい……IHコンロ育ちの我が子たちに、火のある生活を体験してほしい……そこで、行ってみたいBBQや焚き火OKのRVパークをまとめてみました!

森木香蛍

制作者

森木香蛍

バックパッカーとして約30ヶ国を巡り、スキーインストラクター、ヨガインストラクターを経て、現在は撮影の仕事をメインに活動中。SIJ(SUP)インストラクターLEVEL1、準星のソムリエ資格保有。 アクティブなインドア派。カヤッカーの夫、2人の子ども、黒猫1匹とキャンピングカーや日常の延長にあるアウトドアを楽しむ。

...続きを読む
森木香蛍のプロフィール

アイキャッチ画像出典:みなかみRVパーク 山 to 空

車中泊をしてもOKな場所って?

RVパーク
道の駅やSAでの車中泊が問題視されている昨今。車中泊禁止の看板が掲げられている場所もありますよね……。

そんな中、日本RV協会(JRVA)の定める基準を満たし、快適に安心して車中泊が出来る場所として公認・推進されている「RVパーク」があります。

また、RVパークとしては認定されていなくても、「くるま旅パーク」として案内されている施設も、同様に安心して車中泊が楽しめる場所です。


えっ!RVパークでは焚き火禁止!?

車中泊で焚火
RVパークは、全国各地の温泉、旅館、道の駅、遊園地など様々な施設に設置されていて、焚き火(特に直火)や車外での調理、キャンプ行為は基本的に禁止されています。

これを知って、意気消沈していたのですが……施設によっては焚き火が可能な場所があります! また、日本RV協会(JRVA)提携キャンプ場を利用するのも1つの手です。

焚き火OKの車中泊施設を全国からピックアップ!

焚火
筆者が気になるRVパークを、各エリアごとにご紹介いたします。気になる条件として、以下の点を満たしている施設の中からピックアップ!
●焚き火OK(焚き火台・耐火シート使用)
●水道・電源・24時間トイレあり
●キャンピングカー横付けOK
●ペット(猫)OK
●自然を楽しめるエリア

また、価格帯の参考になるように、我が家(大人2人・中学生1人・幼児1人・猫1匹)が1泊した場合のトータル料金も記載します。

【北海道】焚き火ができるRVパーク3選

RVパークおおぬま

RVパークおおぬま 道南のリゾート湖畔、大沼国定公園広場に1番近いパーキング。静かな場所で、四季折々の湖畔の自然や、駒ケ岳の壮大な眺望を楽しめる。施設内には天然飲泉があり、自由に飲み放題!

▶1泊料金(オートサイト):1,000~2,500円+電源使用料500円

【我が家のトータル:3,000円】

施設の詳細はこちら

札幌小金湯さくらRVパーク

札幌小金湯さくらRVパーク 洞爺湖、ニセコ、函館、小樽からアクセス良好。持参の焚き火台はもちろん、おしゃれな焚き火調理台をレンタルすることもできます! サウナテントや露天風呂キットなど、北海道の大自然を満喫できるオプションが充実!

▶1泊料金:2,500円+電気使用料500円+火気使用料1,500円

【我が家のトータル:4,500円】

施設の詳細はこちら

RVパークライト メイプルキャンプ場

メイプルキャンプ場 千歳から約25分。観光地でも山の中でもなく、ほどよい自然に囲まれたキャンプ場内にあるRVパーク。近くに温浴施設あり。

▶1泊料金(夏期):大人1人2,000円+追加大人1,500円・7歳以上500円

【我が家のトータル:4,000円】

施設の詳細はこちら

【東北】焚き火ができるRVパーク3選

サンシャインスタイルビレッジ(岩手)

サンシャインスタイルビレッジ 天然温泉施設のある湯YOUパーク(2022年7月現在改装中。近隣に温浴施設あり)。カフェやスイーツ、地元食材、予約制でジンギスカン焼きセットあり。キャンプだけでなく、食も楽しめそうです!

▶1泊料金:2,000円+施設利用料大人500円・小学生250円・犬200円+電源使用料300円

【我が家のトータル:2,300円(くるま旅クラブプレミアム会員価格)】

施設の詳細はこちら

創生の森 クリフキャンプサイト(宮城)

創生の森 クリフキャンプサイト 宮城川崎ICから約20分のくるま旅パーク。標高500メートルの高台に位置し、絶好の見晴らし! 15万坪の広大な敷地にあり、のびのびとしたドッグラン併設です。

▶1泊料金:3,000円

【我が家のトータル:2,500円(くるま旅クラブプレミアム会員価格)】

施設の詳細はこちら

磐梯高原・絶景の猪苗代スキー場RVパーク(福島)

磐梯高原・絶景の猪苗代スキー場RVパーク 猪苗代スキー場を利用したRVパーク。標高650メートルで猪苗代町の夜景を眺めながら、車中泊と焚き火、そして満点の星空が楽しめる贅沢なスポット!

▶1泊料金:3,500~12,800円

【我が家のトータル:3,500円(標高650メートル)】

施設の詳細はこちら

【関東】焚き火ができるRVパーク6選

RVパークみはらしの湯(栃木)

上河内スマートICから約45分。見晴らしの良い田園風景の中にある静かなRVパーク。ピザ窯や燻製器のレンタル、温泉あり!

▶1泊料金:1,000円+電源使用料500円+火気使用料1,000円

【我が家のトータル:2,500円】

施設の詳細はこちら

みなかみRVパーク 山 to 空(群馬)

みなかみRVパーク山to空 水上ICから約15分。谷川岳の麓の国道291号線上に位置し、トレッキングカヌーなどのアウトドアアクティビティへのアクセス良好。宿泊だけでなく、旅行を楽しむサポートもお任せできるのが嬉しいポイント! 我が家も、次のカヤックトリップでお世話になろうと思っています!

▶1泊料金:3,000円

【我が家のトータル:3,000円】

施設の詳細はこちら

RVパークみどりの村(埼玉)

RVパークみどりの村 埼玉県営みどりの村公園施設内にあるRVパーク。小鳥のさえずりを耳にしながら、のんびりと過ごせます。ジャブジャブ池、芝生広場があり、併設のカフェではディナーや朝食も予約可能。

▶1泊料金(ハイシーズン):3,000円

【我が家のトータル:3,000円】

施設の詳細はこちら

RVパークとみうら【M-REX富浦シーサイドビレッジ】(千葉)

RVパークとみうら【M-REX富浦シーサイドビレッジ】 富浦ICから約10分。富岡海岸が目の前にあり、海の景色や潮風を感じながら車中泊を楽しめるパーク。海水浴や磯遊びを楽しめます! 夕方にパークから見える富士山が絶景!

▶1泊料金:4,000円(大人2人まで)+追加小学生以上1,000円+電源使用料1,000円

【我が家のトータル:6,000円】

施設の詳細はこちら

RVパーク中津川(神奈川)

RVパーク中津川 都心から約1時間で、中津川のせせらぎを聞きながら焚き火と車中泊が楽しめるRVパーク。車中泊のできる車がなくても、トレーラーハウスをレンタルできます。5キロ内に、フィッシングフィールドや牧場、公園、湖があり、アウトドアアクティビティを手軽に楽しめます。

▶1泊料金(プレミアムサイト):5,000円+管理費大人500円・小学生250円

【我が家のトータル:6,750円】

施設の詳細はこちら

【北陸甲信越】焚き火ができるRVパーク7選

RVパーク 石打ユングパルナス オートキャンプ場(新潟)

RVパーク 石打ユングパルナス オートキャンプ場
湯沢ICから約10分。石打丸山でのプチハイキングや、自然の中でのアトラクション豊富な湯沢高原パノラマパークが近くにあります。自然の中で汗を流した後は、RVパークから徒歩圏内の温泉へ行けるのが便利!
▶1泊料金(休前日):サイト5,000円+宿泊大人1,000円・小学生500円+電源使用料1,000円

【我が家のトータル:9,000円】

施設の詳細はこちら

休暇村越前三国(福井)

休暇村越前三国
金津インターから約30分。漁場越前で越前ガニなどの魚介グルメを楽しむも良し、壮大な海の景観や温泉を楽しむも良し! 施設内に水生昆虫が生息するビオトープがあり、また徒歩圏内にアスレチック広場や、磯遊びが楽しめる海岸もあります。
▶1泊料金:4,500+管理費大人550円・4歳~小学生550円

【我が家のトータル:4,400円(くるま旅クラブプレミアム会員価格)】

施設の詳細はこちら

RVパーク道の駅「越前おおの 荒島の郷」(福井)

RVパーク道の駅「越前おおの 荒島の郷」 大野ICからすぐ。道の駅越前おおの荒島の郷併設の、北信越最大のRVパーク! 道の駅内にはモンベル直営店、カヌー体験池、クライミングピナクルがあり、アウトドア好きのアンテナを刺激する車中泊スポット! ミニふれあい牧場やわんぱく広場もあり、小さな子ども連れにも嬉しい。

▶1泊料金(ハイシーズン):3,500円

【我が家のトータル:3,500円】

施設の詳細はこちら

RVパーク Annex 道志(山梨)

RVパーク Annex 道志 都留IC・山中湖ICより約30分。道志村の自然に囲まれた、遊びと仕事を楽しめるRVパーク。隣接のワーケーション施設にて、貸切檜風呂、シャワーも利用できます。

▶1泊料金:3,500円+電気使用料500円

【我が家のトータル:4,000円】

施設の詳細はこちら

RVパーク MAUKA RESORT AZMY(山梨)

RVパーク MAUKA RESORT AZMY 山中湖ICより約15分。山中湖でのアクティビティのベースに最適! 施設内には、バスケットボールなどが楽しめるエリアや、ハンモックエリア、スケートボードランプあり。早朝には富士山の日の出が見られます。

▶1泊料金(コンクリートエリア・バーゴラ付):4,000円+施設利用料大人500円・子ども300円

【我が家のトータル:5,600円】

施設の詳細はこちら

白馬塩の道温泉 倉下の湯(長野)

白馬塩の道温泉 倉下の湯 白馬エリアにある倉下の湯。スキーヤー・スノーボーダーの皆さんなら、ご存じの方も多いのでは? ゴールデンウィーク以降は、RVパークとして営業中。ここから見える、朝日に照らされた白馬三山は絶景です!

▶1泊料金:3,500円

【我が家のトータル:3,500円】

施設の詳細はこちら

RVパーク飯田さるくら(長野)

RVパーク飯田さるくら 飯田インターから約10分。アクセス良好ながら、夜には星空が綺麗な静かな場所にあります。天体望遠鏡の貸出し無料。リゾートレストラン、カフェ、バー併設で、ドリンクのテイクアウト可。有料にて本格石窯のレンタルや、貸切風呂あり。

▶1泊料金(土日祝前日):5,500円+電気使用量550円

【我が家のトータル:3,500円】

施設の詳細はこちら

【関西】焚き火ができるRVパーク5選

Hygge BASE 京丹後 RVパーク(京都)

Hygge BASE 京丹後 RVパーク 京丹後大宮ICから約30分。シーカヤックや釣りのオプションもあり、海の京都を満喫できるパーク。全面芝生で子どもやペット連れに優しい。キャンピングカーのレンタルもあり、キャンプでもグランピングでもない、キャンピングカーで過ごす特別な時間を体験できます。

▶1泊料金(スタンダード):8,800円

【我が家のトータル:8,800円】

施設の詳細はこちら

RVパーク 京都大呂ガーデンテラス(京都)

RVパーク 京都大呂ガーデンテラス 福知山IC・舞鶴大江ICから約30分。豊かな自然の中にあり、動物の声が聞こえるほど静かな場所にあります。駐車場の一部を活用したRVパーク(電源あり)の他に、オートキャンプ場(電源なし)での車の乗り入れ利用も可能。

▶1泊料金(RVパーク):3,500円

【我が家のトータル:3,500円】

施設の詳細はこちら

RVパーク 宙の森ホテル花郷里(兵庫)

RVパーク 宙の森ホテル花郷里 日本で最も美しい村、香美町小代にある西日本最大級のRVパーク。高台にあり、開放感抜群! 晴天時には毎日無料で天体観測を体験でき、他にも季節ごとに自然体験が企画されています。宿泊体験ができるキャンピングカーも1台常設。温泉施設も徒歩圏内!

▶1泊料金:3,300円+電源使用料700円+入場料3歳以上200円

【我が家のトータル:4,500円(くるま旅クラブプレミアム会員価格)】

施設の詳細はこちら

グランパスinn白浜(和歌山)

グランパスinn白浜 白浜ICから約10分。アドベンチャーワールド、白良浜へはそれぞれ約10分の近さ。オートキャンプ場、BBQ施設、温泉併設で、家族やグループで楽しめるアクアリゾート施設です。

▶1泊料金(RVパーク):3,000円+施設利用料大人500円・小学生以上300円

【我が家のトータル:4,300円(くるま旅クラブプレミアム会員価格)】

施設の詳細はこちら

Temple Hotel 大泰寺 RVパーク(和歌山)

Temple Hotel 大泰寺 RVパーク アウトドアと開創1,200年の歴史あるお寺の斬新な融合! 熊野古道の澄んだ空気を感じながらのアウトドア……それだけでも心洗われるようですが、朝のお勤めの音で目覚め、座禅を体験し、サウナで汗を流したり、夕方には鐘の音に耳を澄ませる……心身ともにデトックスできる時間を過ごせそうです。

▶1泊料金:3,000円

【我が家のトータル:3,000円】

施設の詳細はこちら

関連記事