CAMP HACK[キャンプハック]


ドメティックのポータブル3way冷蔵庫

ポータブル冷蔵庫で夏キャンプも無敵!選ぶポイントとおすすめ15選

0

夏のキャンプやアウトドア、車中泊で重宝するポータブル冷蔵庫。その最大の魅力は、クーラーボックスにはない優れた冷却力。外出先でも自宅と同じようにキンキンに冷えたドリンクが飲めたら最高ですよね。そこで今回は、ポータブル冷蔵庫の選び方や人気のおすすめアイテムをご紹介。定番のAC電源タイプやシガーソケット式のほか、カセットガスやバッテリーで使えるコードレスタイプも。ポータブル電源で使えるの? という疑問も解消します。

カエルハイカー

制作者

カエルハイカー

アラフォー夫婦で登山やキャンプを楽しんでいます。登山は関西の低山を中心に夏は北アルプスなど高山へも遠征、雪山は入門向けの山を歩いています。湖岸キャンプが好きなので琵琶湖周辺のキャンプ場へ行くことが多いです。 アウトドアブログ「やまたびチップス(https://yamatabitips.com/)」もぜひご覧ください!

...続きを読む
カエルハイカーのプロフィール

アイキャッチ画像出典:楽天市場

ポータブル冷蔵庫のメリットは“冷却”ができること!

EENOUR(イーノウ) のポータブル冷蔵庫の車載風景
出典:Instagram by@eenourjapan
「キャンプで冷蔵庫って本当に必要?」「クーラーボックスと何が違うの?」と思う方もいるかもしれません。クーラーボックスとの決定的な違いは、保冷ではなく冷却ができること。自宅の冷蔵庫と同じように、常温の飲み物や食べ物を冷やすことができるんです。
 
ポータブル冷蔵庫のメリット
●キンキンに冷えた飲み物が楽しめる
●腐りやすい食材も安心して持ち運べる
●保冷剤いらずで楽ちん
●連泊キャンプや長期旅行に便利
 
なかには冷凍機能付きの商品もあり、アイスや氷、冷凍食品を持ち運ぶこともできちゃいます。

ポータブル冷蔵庫の失敗しない選び方

電源の供給タイプはAC/DC電源の2wayが基本

EENOUR(イーノウ) のポータブル冷蔵庫のDC電源
出典:楽天市場
ポータブル冷蔵庫の電源は、
・家庭用のコンセントでも使えるACタイプ
・車のシガーソケットから給電するDCタイプ
の2種類が基本となります。

キャンプや車中泊で使う場合、ACタイプなら電源付きのキャンプサイトを利用するかポータブル電源から給電するのが一般的です。一方、DCタイプは車のシガーソケットから給電できますが、エンジン停止中に使用するとバッテリーが上がる原因となるので注意が必要。

アイリスオーヤマの車載対応冷蔵冷凍庫の12Vと24Vの図
出典:楽天市場
DCタイプの電圧は12Vと24Vの2種類あるので、車のバッテリーと同じものを選んでくださいね。

多くの商品は、AC電源とDC電源の両方が使える2wayタイプになっているので、車で移動中はシガーソケットで給電し、キャンプ場に着いたらポータブル電源やサイトの電源に切り替えるのがおすすめ。

コードレスで使える!カセットガスやバッテリー対応の3wayも便利

makita(マキタ)のポータブル冷蔵庫とバッテリー
出典:楽天市場
ポータブル冷蔵庫には、バッテリー内蔵型やカセットガス対応など便利な機能が備わった3wayタイプもあります。このタイプは、電源を必要とせずコードレスで使えるのがメリット。 電源の確保が難しい場所や、思いのほかポータブル電源が早くなくなってしまった……というときにも便利なアイテムです。地震など災害による停電時にも重宝しますね。

しっかり冷やすならコンプレッサー式が◎

F40C4TMPの車載冷蔵庫
出典:楽天市場
一口にポータブル冷蔵庫といってもその種類はさまざま。飲み物や食べ物をしっかりと冷やす冷蔵庫タイプの他にも、保温機能が付いた冷温庫や、ー20℃近くまで温度が下げられる冷凍庫タイプもあるんです。

ここで知っておきたいのが冷却方法の違い。冷やすことが目的の冷蔵庫や冷凍庫にはコンプレッサー式が、冷やす機能はないけど保冷・保温の状態をキープする冷温庫にはペルチェ式が多く使われています。

一見するとコンプレッサー式の方が優れているように見えますが、それぞれにメリット、デメリットがあるので下記の表でチェック!
冷却方法 メリット デメリット
コンプレッサー式
(冷蔵庫・冷凍庫)
・常温のものを急速に冷やせる
・飲み物をキンキンに冷やせる
・商品によっては冷凍もできる
・サイズが大きい
・モーター音が大きい
・価格が高い
ペルチェ式
(冷温庫)
・保温もできる
・サイズがコンパクト
・モーター音が静か
・価格が安い
・常温のものを冷やせない
・冷却温度に限界がある
しっかり冷やすという点では、やはりコンプレッサー式の冷蔵庫・冷凍庫が適しているといえます。夏キャンプでメインの冷蔵庫として使いたい、アイスや冷凍食品も保管しておきたいという方はコンプレッサー式の商品を選びましょう。

容量は10L〜30Lが使いやすい

エンゲルのポータブル冷蔵庫
出典:楽天市場
ポータブル冷蔵庫は、5Lほどの小型タイプから50L以上の大型タイプまでさまざまな容量があります。あまり大きすぎると持ち運びしづらいだけでなく、電気代やバッテリー消費量も大きくなるため、その辺りも考慮して選びましょう。
 
一般的には10L~30L前後のものが使いやすく、商品のラインナップも多くなります。また、容量が同じでも庫内の形状によっては入れたいものが入らないということも。500mlのペットボトルが立てて入れられるか、2Lのペットボトルが入るかなど、購入前に必ず確認してくださいね。

AC/DC電源対応の2wayタイプ10選

EENOUR(イーノウ) の車載冷蔵庫の使用風景
出典:楽天市場
まずは、最もオーソドックスな2wayタイプ(AC/DC電源)のおすすめ商品をご紹介。冷凍機能付きのアイテムも多数ラインナップ。

【5.5L】Twinbird(ツインバード工業)|2電源式コンパクト電子保冷保温ボックス D-CUBE S

1台で保冷も保温もできてオールシーズン使えるコンパクトな冷温庫。約5℃と約7℃での保冷に加え、保温モードでは約60℃で缶コーヒーやお茶などを温めることができます。500mlペットボトルが4本収納でき、ドア裏におしぼりポケット付き。

ツインバード 2電源式コンパクト電子保冷保温ボックス D-CUBE S

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:5.5L
●重量:2.9kg
●サイズ:高さ30cm×幅23.5×奥行き30.5cm
●設定可能温度:5℃、7℃、60℃
●冷却方法:ペルチェ式


【10L】ROCKPALS |冷温庫

500mlのペットボトルが5~6本収納できる小型冷温庫です。設定可能温度が-9℃~60℃と、ペルチェ式にしては低い温度に設定できるのも魅力。取手付きなので片手でラクラク持ち運べて携帯性も◎。上下で仕切れる仕切り板も付いているので、飲み物と食べ物を分けて入れることも可能ですよ。

ロックパルス 冷温庫

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:10L
●重量:4kg
●サイズ:不明
●設定可能温度:−9℃~60℃
●冷却方法:ペルチェ式


【14L】ENGEL(エンゲル)|ポータブル冷凍冷蔵庫 MD14F

早く良く冷える!と評判の冷却力に優れたポータブル冷蔵庫です。-18℃まで温度設定ができるので、冷凍庫としても使用可能。世界各国への累計出荷台数が300万台以上という実績があり、日本のメーカーならではの安心感もありますね。※ACアダプター別売り

エンゲル ポータブル冷凍冷蔵庫 MD14F

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:14L
●重量:11.5kg
●サイズ:高さ39.8×幅44.2×奥行き28.4cm
●設定可能温度:-18℃~5℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【18L】Goture(ゴチュール)| 大容量車載冷蔵庫

釣具メーカーGoture(ゴチュール)の冷凍冷蔵庫。ドイツのコンプレッサーテクノロジーを利用した急速冷凍が最大の売りです。庫内がアルミニウム素材なのでプラスチック製に比べて冷凍効率が良いのが特徴。10℃~-22℃まで1℃単位で温度調節が可能。他に28Lサイズもあります。

Goture(ゴチュール)| 大容量車載冷蔵庫

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:18L
●重量:9.7kg
●サイズ:高さ28.5×幅57×奥行き32cm
●設定可能温度:-22℃~10℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【18L】F40C4TMP|車載冷蔵庫 RCG18

冷蔵・冷凍の両方に対応したタイプで、1℃単位で温度調整が可能。冷却時間を早めるMAXモードと省エネ稼働ができるECOモードがあります。ドリンクをホールドできる凹みやUSBポートが付いているなど、細かい気配りがうれしいですね。

F40C4TMP 車載冷蔵庫 RCG18

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:18L
●重量:10.6kg
●サイズ:高さ28.5×幅57×奥行き32cm
●設定可能温度:−22℃~10℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【20L】アイリスオーヤマ|車載対応冷蔵冷凍庫 PCR-20U

500mlペットボトルが15本入る大容量20Lタイプ。冷凍機能も付いて2万円以下というリーズナブルな価格が魅力です。DC電源は12Vと24V両方に対応しているので、車の車種を問わず利用できるのもメリットですね。

アイリスオーヤマ 車載対応冷蔵冷凍庫 PCR-20U

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:20L
●重量:8.5kg
●サイズ:高さ32×幅57×奥行き32cm
●設定可能温度:−20℃~20℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【25L】EENOUR(イーノウ) |車載冷蔵庫

冷蔵と冷凍を同時に使い分けることができる画期的なタイプ。庫内が2室に分かれていて、小さい部屋は0℃~10℃の冷蔵用、大きい部屋は-20℃~10℃の冷凍・冷蔵両用として使用できます。本体は11.8㎏とやや重いですが、大きな取っ手が付いているので持ち運びも楽ちん。32L、42L、52Lタイプもあります。

イーノウ 車載冷蔵庫

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:25L
●重量:11.8kg
●サイズ:高さ31.5×幅63.5×奥行き37.5cm
●設定可能温度:−20℃~10℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【25L】Hewflit(ヒューフリット)| 冷蔵冷凍庫 

短時間で冷蔵・冷凍が可能なHewflit(ヒューフリット)の冷蔵冷凍庫。庫内温度34℃から-1℃までたったの10分で冷やすことができます。DC電源用コードが約3.4mと長めに設計されており、標準的な乗用車であればトランクまで届くのがうれしいですね。大人数でのキャンプなら40Lタイプもおすすめです。

ヒューフリット 冷蔵冷凍庫

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:25L
●重量:15kg
●サイズ:高さ35×幅57×奥行き36.5cm
●設定可能温度:−22℃~10℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【30L】Bonarca(ボルナカ) |車載冷蔵冷凍庫

500mlのペットボトルが26本入る大容量タイプで、持ち運びに便利なキャスター&取手付き。稼働音が約43dBと静音設計なので、車中泊や自宅でもストレスなく使用できます。9~50Lまで全8種類の幅広いサイズ展開も魅力。

ボルナカ 車載冷蔵冷凍庫

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:30L
●重量:11.6kg
●サイズ:高さ37.5×幅63×奥行き39cm
●設定可能温度:−20℃~20℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【55L】AVEST|車載用ポータブル冷凍冷蔵庫

大人数でのBBQや連泊キャンプにも便利な55Lの超大型タイプ。高級感のあるブラック鏡面天板が特徴で、-25℃まで冷やすことが可能。庫内が2層式になっていて、冷蔵庫と冷凍庫を同時に使用できるのもうれしいポイント。26Lと32Lタイプは、オプションでスマホコントロールを付けることもできます。※ACアダプター別売り

アフェスト 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫

●給電タイプ:AC電源、DC電源
●容量:55L
●重量:16kg
●サイズ:高さ49.5×幅67.2×奥行き36cm
●設定可能温度:−20℃~25℃
●冷却方法:コンプレッサー式


充電式バッテリーやカセットガス対応の3wayタイプ5選

HiKOKI(ハイコーキ)のコードレス冷温庫の使用風景
出典:HiKOKI
バッテリー内蔵やカセットガス対応など、コードレスで使えるタイプをご紹介します。もちろんAC/DC電源でも使用できますよ。

【20L】makita(マキタ)|充電式保冷温庫 CW180DZ (外付けバッテリー対応)

インパクトドライバーで有名なmakita(マキタ)の充電式保冷温庫 CW180DZ。設定温度が-18℃~60℃と、冷凍・冷蔵・保温までこなす万能タイプです。別売りのバッテリーを2本まで装着することができ、3wayで使用可能。

マキタ 充電式保冷温庫 CW180DZ

●給電タイプ:AC電源、DC電源、蓄電池
●容量:20L
●重量:14.3kg
●サイズ:高さ37.1×幅62.3×奥行き34.1cm
●設定可能温度:−18℃~60℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【25L】HiKOKI(ハイコーキ)|コードレス冷温庫 UL18DA-XM (バッテリー内蔵)

充電式リチウムイオンバッテリーが標準で装備された、HiKOKI(ハイコーキ)のコードレス冷温庫。25Lの大容量ながらペルチェ式のため重量が軽いのが特徴。コロンと丸みのあるキュートな形状で、ショルダーベルトやキャスターも付いていて持ち運びもラクラク。DC電源は12Vのみ対応。

ハイコーキ コードレス冷温庫 UL18DA-XM

●給電タイプ:AC電源、DC電源、蓄電池
●容量:25L
●重量:8kg
●サイズ:高さ44.5×幅56×奥行き34cm
●設定可能温度:0℃~40℃
●冷却方法:ペルチェ式


【30L】ミナト電機工業|M.O.Lポータブル冷蔵庫&冷凍庫 (外付けバッテリー対応)

ワンタッチロックで出し入れがしやすいポータブル冷蔵庫。-20℃まで設定できるので冷凍庫としても使用可能。別売りの外付けバッテリーをセットしてコードレスで使うこともできます。20L、30L、40L、50Lの4サイズ展開で、30L以上の商品は運搬に便利なキャスター付き。

ミナト電機工業 M.O.Lポータブル冷蔵庫&冷凍庫

●給電タイプ:AC電源、DC電源、蓄電池
●容量:30L
●重量:14kg
●サイズ:高さ38×幅63×奥行き40cm
●設定可能温度:−20℃~20℃
●冷却方法:コンプレッサー式


【31L】Dometic(ドメティック)|ポータブル 3way冷蔵庫 COMBICOOL ACX 35G (カセットガス対応)

スウェーデン発のアウトドアメーカーDometic(ドメティック)のポータブル冷蔵庫。AC/DC電源に加え、カセットガスに対応しており、市販の一般的なカセットガス1本で約20時間稼働します。アブソープションシステムという独自の冷却方法で、コンプレッサーを使用しないのでとっても静か。

ドメティック ポータブル 3way冷蔵庫 COMBICOOL ACX 35G

●給電タイプ:AC電源、DC電源、カセットガス
●容量:31L
●重量:15kg
●サイズ:高さ44×幅50×奥行き44.3cm
●設定可能温度:ー
●冷却方法:アブソープションシステム


【42L】Aileron(エルロン)|3way冷蔵庫 フロステル(カセットガス対応)

OB缶、OD缶のどちらでも使用できるカセットガス対応の3way冷蔵庫。250gのガス缶1本で約20時間連続稼働します。車での移動中はシガーソケットで、キャンプ場に着いたらガス缶に切り替えるのが◎また、ホースをつなぎ替えればLPガス容器から連続供給することも可能。

エルロン 3way冷蔵庫 フロステル

●給電タイプ:AC電源、DC電源、カセットガス
●容量:42L
●重量:18kg
●サイズ:高さ44.7×幅50×奥行き49cm
●設定可能温度:ー
●冷却方法:アンモニア吸収式


ポータブル電源で何時間使える?その計算はとっても簡単!

Jackeryのポータブル電源の使用風景
出典:Instagram by@jackeryjapan
ポータブル冷蔵庫をポータブル電源と組み合わせて使うという方も多いと思います。そこで気になるのが、「どれぐらいの時間使えるのか?」ではないでしょうか。

何時間使えるかは、使用する冷蔵庫の消費電力とポータブル電源の電力量によって変わってくるため一概には言えませんが、目安時間は下記の計算方法で簡単に求めることができます。
ポータブル電源の電力量(Wh)×0.8÷冷蔵庫の消費電力(W)

例)Goture(ゴチュール)の18L大容量車載冷蔵庫(45W)を、Jackeryのポータブル電源 708(500W)で使用した場合→500W×0.8÷45Wh=8.888

となり、およそ8~9時間使用できることが分かります。ポータブル電源を購入される際は参考にしてみてくださいね。

おすすめのポータブル電源

Jackery(ジャックリー)|ポータブル電源 708

●容量:708Wh
●定格出力:500W
●瞬間最大出力:1000W
●重量:6.8kg

EENOUR(イーノウ)|ポータブル電源P703

●容量:710Wh
●定格出力:700W
●瞬間最大出力:1400W
●重量:6.9kg


ポータブル冷蔵庫でアウトドアをもっと楽しもう!

EENOUR(イーノウ) のポータブル冷蔵庫の使用風景
出典:楽天市場
ポータブル冷蔵庫があれば、夏キャンプや車中泊がもっと楽しく快適になるはず。使用シーンや何を入れたいかをしっかりイメージして、あなたにぴったりの1台を見つけてくださいね。

紹介されたアイテム

関連記事