【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


パーツは?ショップは?費用は?超イケてる「パジェロミニカスタム」事例12選

0

アウトドアブームと共に右肩上がりの軽SUV人気。そんな中、今再び脚光を浴びる「パジェロミニ」。オリジナルカラーに塗装したりルーフキャリーで積載力を上げたりとこだわりどころも満載ですが、気になるのは費用やカスタム専門業者について。見違えるほど“アウトドア”に生まれ変わった12のカスタム事例をもとに、詳しくご紹介します!

TOMOKO YAMADA


アイキャッチ画像出典:Instagram by@autoreal_realspeed

三菱「パジェロミニ」のカスタムカーが人気急上昇中?!

出典:Instagram by@autoreal_realspeed
2018年7月のフルモデルチェンジから約3年が経過してもなお、圧倒的人気のジムニー。未だ納期は1年以上待ちという状況からも、軽SUV人気の高さが窺えます。

そこで注目を集めるのが、かつての有力対抗馬「パジェロミニ」。昨今、格段にセンスUPしたカスタム事情も後押しし、今、人気急上昇中の車なんです。

そもそもパジェロミニってどんなクルマ?

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:カーセンサー,カーセンサー,カーセンサー(画像左:初代前期型VR-Ⅱ、中:初代後期型XR-Ⅱ、右:2代目後期型)
三菱自動車を代表する本格4WD「パジェロ」の弟分として、1994年にデビューした「パジェロミニ」。パジェロでは車体が大きくて運転しづらいというニーズにマッチした車でした。

より乗用車的な4WD車を目指し、車体はモノコック構造を採用して足回りにも快適性をプラス。愛嬌あるフロントフェイスで、女性ドライバーからも高い支持を集めました。

アウトドアブームの今、軽SUVを狙うならパジェロミニカスタム!

出典:Instagram by@naoto_japanese
残念ながら、2012年に生産終了してしまったパジェロミニ。ですが、空前のアウトドアブームの今、悪路走破性が高く街乗りもしやすいパジェロミニが再注目。

しかも、ランクル風フェイスキットやトレンドにマッチしたカラーリングなど、近年カスタムセンスも大きくアップデート。生産台数も多く、中古車市場での平均価格も43万円と(カーセンサー調べ)比較的手頃で、まさに狙い目の軽SUVと言えます。

今回は、そんなパジェロミニのカスタム事例を厳選! 個性が光る全12事例をじっくりご紹介していきますよ。

関連記事