CAMP HACK[キャンプハック]


【今話題】新たな刺客!ベルン「トレッキングパッド」って何者だ?

0

トレッキングパッドとは一体ナニモノ? ということで調べてみるとソロテーブルとして使え、バーナー使用時の風防や遮熱板としても利用できる便利なアイテムだと分かりました。特にソロテーブル用途で考えると、圧倒的に小型軽量。早速、現物を入手して筆者所有のキャンプ用ソロテーブルと比較してみました。

柳沢かつ吉


撮影・執筆:柳沢かつ吉

知ってる?ソロテーブルの圧倒的ダークホース

ベルンのトレッキングパッド
出典:Instagram by @verne_camping
ソロキャンパーの皆さん、キャンプ楽しんでいますか? ソロの醍醐味といえば、UL(ウルトラライト)ギア。「いかに軽く、コンパクトにできるか」がアイテム選びの楽しみの一つですよね。

今回、ご紹介するのは、ソロギア界のダークホースとして注目を集めている、VERNEのトレッキングパッド。このアイテム、軽い・薄い・簡単の三拍子を揃えた最強ULテーブルとして巷で噂になっているんです。

編集部では、実物を入手。「使える」という評判は本当なのか? 検証してみました!

あれ?これソロテーブルの理想形かも?

軽くて薄い?


トレッキングパッドの評判を見ているとまず目に入るのが軽さと薄さ。「びっくりするほどコンパクト」という噂は誠なのか、筆者所有のSOTO「フィールドホッパー(L)」とロゴス「アルミロールテーブル」と比較してみます。

各テーブル 薄さ
厚さの比較(実測値)

(左)トレッキングパッド:1.3cm

(真ん中)フィールドホッパー(L)2.5cm

(右)アルミロールテーブル7cm

3商品を側面から見ると、薄さは一目瞭然。他2つのギアもコンパクトなUL仕様ですが、トレッキングパッドは群を抜くぺったんこ具合。これがテーブルに展開するんですから驚きです。

各テーブル 重量比較
重さの比較(実測値)
(左)トレッキングパッド:360g

(真ん中)フィールドホッパー(L):1210g

(右)アルミロールテーブル930g

お次は重さ。それぞれ天板の大きさが異なるので、単純な比較にはなりませんが、トレッキングパッドの軽さが際立ちます。プリプロピレン製のケースに収納した状態で、500gを切る軽量さは、ソロキャンパーにはうれしいサイズ感。

各テーブル 収納状態
収納時のサイズ比較(実測値)

(左)トレッキングパッド:32.5cm×11.8cm×1.6cm

(真ん中)フィールドホッパー(L):44cm×15cm×2.7cm

(右)アルミロールテーブル43cm×7cm×7.5cm

収納時は他2つのテーブルと比べて二回りほど小さくなります。手に持った感じもトレッキングパッドのみ片手で握れるサイズでした。

スッと出して、パッと広がる?


トレッキングパットが注目されている理由は、単純なスペックだけでありません。

その珍しい構造がコアなキャンパーの目に止まったのです。百聞は一見にしかず。さっそく展開してみることに。


収納時はまるでカードケースのようなスタイリッシュさ。あえてハードケースにすることで、余分なスペースをなくなり、テーブルがピッタリとハマるかっこよさがあります。

ベルン トレッキングパッド
付属ケースは蝶番で繋がっておらず、フタと底に分離する構造でした。開けるためにケースの隙間に指の爪を差し込む必要があり、最初は少し手こずるかもしれません。

ベルン トレッキングパッド 収納ケースから出したら、ぺったんこの板が出現。天板上面になる側を下にして広げると、脚部らしきパーツが折り畳まれていました。
ベルン トレッキングパッド
脚部分を持ち上げて、ススっと動かすと天板裏の窪みにカチッと入りました。
ベルン トレッキングパッドそのまま裏返してみると….テーブルになっている!

厚さ1mm以下のアルミ合金板で作られた天板を、折り紙のような脚部がしっかりと支えています。

ここまでの作業時間は10秒以下。こりゃ楽です!

関連記事