CAMPHACK

わずか5分で作れて、費用はたったの500円!「マスクストラップ」を作ってみた

0

巷で流行中の「マスクストラップ」というのをご存知ですか?ファッション的な側面を持ちながらも、マスクを首から下げておけるので、けっこう実用的なアイテムなんです。そんなマスクストラップをアウトドア風に作ってみました。わずか5分で作れて、費用はたったの500円。休日のちょっとした時間で作ってみてはいかがでしょうか。

ぶん

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

流行中の「マスクストラップ」知ってる?

コロナ禍のいま、日常生活に欠かせないマスク。ファッションアイテムのひとつとして、さまざまなデザインや素材のものが登場していますよね。そんななか、「マスクストラップ」なるものが流行っているのはご存知ですか?

マスクストラップは、マスクを首でぶら下げておけるアイテムで、うまくマスクと付き合うことが必須条件の新時代に登場した便利グッズ。調べてみると自作している人も多く、ヒモや取り付け用の小物があれば、けっこう簡単に作れそう。

ということで休日の空いている時間を使って、アウトドアなマスクストラップ作りにチャレンジしてみました! とはいえ、裁縫・手芸経験がゼロに等しい筆者。はたして難なく作れるのでしょうか……。

さっそくマスクストラップを作ってみた


今回使用した材料と道具がこちら。

【材料】
・パラコード(径2mm〜3mm、長さ70cm以上のもの)
・コードストッパー
・フック × 2
【道具】
・メジャー(ものさし)
・ハサミ
・ライター

材料はすべてインターネットで注文。1セット500円で揃えることができました。外出せずに揃えられるのもうれしいポイントですね。

コードストッパーやフックは身の回りの小物にも使われていることが多いので、それらを使い回す手もありますよ。

パラコード

パラコードはメートル単位で購入できるショップをおすすめします。いろんなカラーを買って楽しむのもアリですよ!

コードストッパー

プラスチックフック



それでは作り方をみていきましょう。

関連記事