「ガソリン・灯油」vs「ガス缶」vs「LED」おすすめのメインランタンはどれだ?!

2019/07/19 更新

ランタンは、キャンプの夜を照らしてくれるなくてはならないアイテムです。ガソリン、ガス、LEDなどさまざまなタイプの物がありますが、それぞれに適材適所があります。各ランタンの特徴、機能、得意とするシーンなどをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:snowpeak

キャンプの定番アイテム「ランタン」

SOTOのランタン 出典:SOTO
キャンプの夜を照らしてくれるランタン。ガソリン、ガス、LEDなどさまざまなタイプの物がありますが、一体、どのタイプがどの場所に向いているのか?

まだ今一つ掴めないという方へ向けて、各ランタンの特徴、機能、得意とするシーンなどをご紹介します。

各ランタンの特徴とは?

撮影:編集部
まずは、燃料の違いによる各ランタンの特徴をチェックしましょう!



各種ランタン機能紹介【ガソリン・灯油】
(長所)ランタンの中でも光量が大きく、外気温に左右されにくい。燃料のコストも安い。
(短所)使用時に、ポンピング(ガソリンを気化するための作業)などの手間がかかる。

【ガス】
(長所)面倒なポンピングなどの手間がない。初心者でも扱いやすく、光量も大きい。
(短所)燃料コストが高い。寒冷地に弱い。

【LED】
(長所)テント内、車内に向いている。スイッチ一つでON・OFFの切り替え可。
(短所)光量が小さく、メインランタンには向かないものが多い。ただ、最近はメインになれるLEDランタンも登場しています。また、機種によるが燃料コストはやや高め。

正しいランタンの置き場所

各種ランタン適正表【居住空間】
居住空間の動きをスムーズにするには、全体を照らすメインランタンが必要。光量の大きいガソリン式、またはガス式がベスト。強光で虫を引き寄せ、テーブルに近づかせない狙いも。

【調理スペース】
日が沈んでからの調理の際、手元を照らすサブランタンがあると便利。ガス式、ガソリン式、LED式、どのランタンでもマッチします。

【タープ内】
晩ご飯をならべるテーブルには、大光量より、程よい灯りの方が食事が美味しくしなります。光量の小さいガス式や、LED式ランタンが適切です。

【テント内】
テント内は火気厳禁。必ず火を使わないLED式ランタンを選びましょう。

メインとして使えるおすすめランタン!【燃料別】

ガソリン・灯油

ITEM
コールマン ワンマントルランタン 286A740J
ランタンの代名詞的モデル。ガソリン式の大光量ランタン。ロングライフデザイン賞受賞。
•本体サイズ:約φ16×31(h)cm
•重量:約1.4kg
•明るさ:約200CP/130W相当
•燃焼時間:約7.5~15時間

もう10年ぐらい使ってます。NORTHSTARもいいけど、こちらのほうが味があります。白ガスのツーバーナーも10年になるでしょうか。白ガスの匂いは、ある意味アウトドアの匂いです。



ITEM
ペトロマックス HK150
実用性と、美しさを兼ね備えた灯油式ランタン。ニッケルメッキを施した美しい本体は、キャンプサイトにムードをもたらしてくれます。
•サイズ:φ13×29(h)cm
•本体重量:1.3kg
•明るさ:150CP
約120W

•燃焼時間:約4時間

値段は少々高いですが、値段の分仕事をしてくれてます、テントの周りを結構明るく照らしてくれる、キャンプを楽しくしてくれるアイテムの一つではないでしょうか。


ガス

ITEM
コールマン ノーススターLPガスランタン
サイト全体を照らす大光量ランタン。ガス式なので、ポンピングなどの面倒な手間いらず。
•サイズ:φ14.5×26(h)cm
•本体重量:1.3kg
•明るさ:約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1,543lm(ルーメン)
•燃焼時間:約4~8時間(470g缶使用時)

なんといっても点火が手軽で明るさ調整がついていて、大光量から小光量までちょうどいい感じで調整できます。明りの感じもなんとも言えないいい明りです



ITEM
ソト フォールディングランタン ST-213
手軽に入手できるカセットコンロガスを燃料とするランタン。収納もコンパクトに収まり、点火もワンタッチ。
•サイズ:φ13.6×37.5(h)cm
•本体重量:1.25kg
•明るさ:450ルクス(200W相当)ST-760使用時
•燃焼時間:約4.0時間(ST-760使用)

何といってもガスが一般に販売しているものでよいため、ちょっと足らないかなーとか、忘れたーという時でもキャンプ場へ行く途中で買うことが出来て安心です。




おすすめランタン【LED】

ITEM
クレイモア ULTRA+L
LEDランタンの中でもっとも明るいのがこちらの「クレイモア」シリーズ。モバイルバッテリーとしても使うことができます。

●総重量:545g
●最大の明るさ(ターボモード):2700Lumens
●バッテリ:17400mAh(62.64Wh)
●連続点灯時間:11〜100hr(ターボモード5.5〜50hr)
●生活防水:IP44


ITEM
ルーメナー2
LEDライトをメインに使うという新しいムーブメントを作ったのが、「ルーメナー」。付属するカラビナやマグネットなどガジェット感がたまりません。

●最大約100時間点灯、3色点灯・調光モード
●重量280g
●色濃度:5700K(昼光色) 4500K(昼白色) 3000K(電球色)
●明るさ(ルーメン):4段階モード(100Lm、500Lm、1000Lm、1500Lm)
●バッテリー容量:リチウムイオンポリマー 10000mAh
●バッテリー充電回数:500回以上
●連続点灯時間:約8時間(1500Lm)〜約100時間(100Lm)
●充電時間:約5時間
●防塵・防水規格:IP67

【番外編】ランタン用おすすめアイテムも!

ITEM
コールマン ランタンスタンド3
高さ100~220㎝で28段階調節できるランタンスタンド。
•サイズ:高さ約217cm
•本体重量:約1.5kg
•材質:アルミ、スチール、ナイロン、PE
•付属品:アルミ製ピンペグ×3本、収納ケース(※ランタンは別売りです。)


ITEM
スノーピーク ランタンハンガー
タープのポールなどに巻き付けて固定するランタン用のハンガー。
•サイズ:φ6×255mm、取付可能ポールサイズ:φ19〜22mm
•重量:110g
•材質:SUS304、塩化ビニールコーティング
•カラー:ブラック

この道具、とてもシンプルですが良く出来ています。ランタンの重みで、きちっとポールに固定されるように設計されています。


目的別にランタンを選ぼう!

ペトロマックスのランタン使用例 出典:STAR CORP
いかがでしたか?日が沈み、闇に包まれたサイトをやさしく照らし出すランタン。テキパキするための灯りと、ゆっくりするための灯り、この2つを上手に使い分けることが快適なキャンプへの近道かもしれません。さあ、いい灯りをチョイスして、いい時間を過ごしましょう!

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

» コールマンの高価買取なら買うトドア

ランタン
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nemoto shunsuke

フリーライター。タウン紙「わかば通信」を中心にライフスタイルやアウトドア分野を活動フィールドとしている。海とキャンプが好きで、学生時代に伊豆でのキャンプ体験からアウトドア・キャンプにはまる。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!