CAMPHACK

【製作費約14万円】木材で夢の「軽トラキャンピングカー」を作ってみよう!

0

CAMP HACK×DIYer(s)連携記事企画!ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で紹介されたDIY方法をCAMP HACKでご紹介します。今回のテーマは、なんと軽トラキャンピングカーをDIY!素人でも、木材を使って作ることが可能なんです。

DIYer(s)

CAMP HACK × DIYer(s)

新ロゴ
この記事は、ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で掲載されたDIY方法をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。今回は「ドゥーパ!」編集部員が、軽トラキャンピングカーをDIYした模様をお届けします。

軽トラキャンピングカーをDIY キャンピングカーを作るとなると、FRPや金属の加工が不可欠で素人には無理……。漠然とそんなイメージを抱いていた軽トラオーナーも、多いのではないでしょうか?

しかし! じつは木材でも作ることが可能なんです。今回は「ドゥーパ!」編集部員が、その憧れを形にした軽トラキャンピングカー作りに挑戦! その模様をご紹介します。
軽トラキャンピングカーをDIY 編集部員が作る、軽トラキャンパーのコンセプトは「小屋」。あえてキャンピングカー風のルックスにはせず、荷台に小屋が載っている風に仕上げてみたら面白いのでは、という考えから。

小屋風ならDIYムードも増して、自作を身近に感じる人が増えるかも。そして、いかにも手作り感のある軽トラキャンピングカーが増えたら楽しそう! そんな想いから設計がスタートします。

設計のポイントは、まずサイズ。シェルは積載物扱いになるため、法律に定められた積載物サイズの上限を超えないことが大前提です。その上で、大きいほど居住性が高まりますが、走行性は低下するということを考慮してサイズを決めます。

結局、小屋らしさを出すために切妻屋根にしましたが、四角い屋根と比べて室内容量が小さくなることもあり、ほぼ上限いっぱいのサイズになりました。

同じく積載重量の上限も決まっていますが、これは走行性や積み降ろしのことを考えると、軽いに越したことはありません。そのため、剛性を保てるであろう範囲で、なるべく軽い材料を選ぶこと。たとえば、骨組みは30×30㎜または30×40㎜角材、合板は4㎜厚といった具合です。

また、積載物扱いであるため車検時にはシェルを降ろさなければならず、その方法も考えておく必要があります。成人男性4~6人ほどで持ち上がる重量になるはずですが、都合よく人員を集められるとは限らないため、ひとりで積み降ろしできる仕組みを作っておきたいところ。

そこで単管パイプによるシェルの昇降システムを採用(のちほど紹介する、STEP.06の画像を参照)。シェルと荷台は、4カ所をボルト留めして固定しました。
軽トラキャンピングカーをDIY 編集部員行った工程は、大まかに7つ。STEP.01から順を追って紹介していきます。

関連記事