キャンプ好きの中でも話題になった2018新作テントBIG3! 【使用者インタビュー】

2018/12/27 更新

2018年も残りわずか。今年もいろいろな新作テントが登場しましたが、中でも話題となった3つのテントをクローズアップ!「ジオドーム」に「ペポ」、そして「アポロン」を2018年的3大テントとし、それぞれのオーナーに実際の使用感を聞いてみました。


アイキャッチ画像提供:instagram by @ akatonbo516

今年話題になった「3大テント」を振り返ろう

出典:EHS激安店
2018年も終わりが近づいてきましたね。このタイミングで、今年登場した様々な新作テントのうち、特に注目度が高かった3つのテントに注目してみましょう!

まずは、独自のフレームワークに斬新なルックスで話題をさらった、ノースフェイスの「ジオドーム4」。

そして、ヴィンテージ感漂うテンマクデザインの「ぺポ」。Aフレーム型テントの登場により、レトロなキャンプスタイルも増えました。

出典:ogawa
極めつけは、ロングスケールに大開口のメッシュ窓で圧倒的存在感を放つ、オガワの「アポロン」。

いずれもCAMP HACKでも大きな反響を呼んだテントですが、この3幕について実際に所有している方々にインタビューをさせていただきました!

複数テントのオーナーならではの″目利き″に注目

お話を伺ったのは、錚々たる幕を複数所有されている玄人キャンパーたち。他を知っているからこそ際立つそのテントの良さを、リアルな視点で語っていただきました。

「2018年を象徴する3大テント」のオーナーを直撃!

1. ザ・ノースフェイス「ジオドーム4」

オーナー:@takakyo_k2ns2 さん
キャンプスタイル:少数グループ・家族で
所有テント:moss「リトルディッパー」、ヒルバーグ「ケロン」、マーモット「レア8p」、テンティピ「ジルコン15cp」など

 ジオドームを、どんなシーンで使いましたか?


使用した時期は、主に夏です。幕の色と森の緑が映えると思ったので。区画サイトやフリーサイトどちらでも使用しました。

 ジオドームのお気に入りポイントは?


設営は少しコツが要りますが、他のテントには無い形や窓の多さ、頑丈さがお気に入りです。

 ジオドームと併せて使うのにおすすめのギアは?


このテントと合わせて、サーマレストのアロースペースシェルターを使ってます。色もちょうどよく、雨が降って来たときは、ジオドームと連結することにより前室ができるので気に入ってます。

6本のポールで織り成す近未来的フォルムで、個性的なオーラを放つジオドーム。内部は4人用の広々空間ながら重量はわずか10kg強というコンパクトさも、多くのキャンパーに支持された理由ではないでしょうか。

ITEM
ザ・ノースフェイス ジオドーム4
●サイズ:奥行:218cm 幅:230cm 高さ:210cm
●フロア面積:4.12㎡
●収納時サイズ:73×26cm
●出入口数:1
●ポール本数:6
ITEM
サーマレスト アロースペースシェルター
●収納時サイズ:30×15×53cm
●重量:3628g
●材質:フライ:68Dポリエステルリップストップ、耐水圧1500mm、ポリウレタンコーティング/ポール7000シリーズアルミ

2.  テンマクデザイン「ペポ」

オーナー:@mukitomo さん
キャンプスタイル:グルキャン
所有テント:フランス幕「ラクレ」、ノルディスク「アスガルド」、ミズノテントほか計6張り

 ペポを、どんなシーンで使いましたか?


真夏に使いましたが、前後に入口があり両サイドに窓があるので、非常に風通しが良く快適に過ごせました。

大人2名でちょうどいいサイズ感で、コットを2つ置いても充分スペースが余ります。また、氷点下でも使いましたが、幕内に石油ストーブとテーブルと椅子を入れてあたたかく過ごせました。

 ペポのお気に入りポイントは?


とにかく設営・撤収が楽! 一人でも簡単に設営できます。前後を逆に張ることで違った雰囲気を演出できるので、飽きがこないですね。

現行品なのにレトロ感があり、よくキャンプ場でヴィンテージテントと間違われます。前面入口サイドの、SOLUMの大き目タグも可愛いんです。

 ペポと併せて使うのにおすすめのギアは?


焚き火をメインとした、無骨な男前ギアが良くマッチすると思います。また、レトロな雰囲気を活かしてヴィンテージギアを並べると可愛い感じになります。

クラシカルなA型テントは、フィールドでも注目の的! 観音開きの大きな背面パネルのおかげで、テント内も開放感が感じられます。ポリエステル×コットンの混紡素材で火の粉にも強いので、冬キャンでも活躍してくれる一幕です。

ITEM
テンマクデザイン ペポ
●サイズ(約):270×290×205(H)cm
●収納時サイズ(約):75×35×35cm
●重量(約):15.9kg
●素材:フライシート/コットン35%、ポリエステル65%(表面撥水加工)、サイドパネル・グランドシート/ポリエステル オックス210D、スクリーンメッシュ・ポリエステル、ポール/アルミ合金製
●耐水圧:1,500mm(サイドパネル、グランドシート)
ITEM
ハスクバーナ 手斧 38cm
●全長:38cm
ITEM
ファイヤーサイド グランマーコッパーケトル (小)
●サイズ : φ180×H240mm
●材質 : 銅(内側 スズメッキ)、真鍮、木(ブナ)
●容量 : 約3.2リットル

3.  オガワ アポロン

オーナー:@akatonbo516 さん
キャンプスタイル:グルキャン、ファミキャンたまにソロ
所有テント:ヘルスポート「バランゲルドーム」、ノースフェイス「ECWT」、ヘリノックス「ノナドーム」、ネイバーフッド×ヘリノックス「N-SOLO . M-16」ほか計23幕

 アポロンを、どんなシーンで使いましたか?


メインはグルキャンの宴会幕としてですが、ファミキャンでも使用しています。基本オールシーズン対応ですが、フルメッシュにできる幕なので暖かい季節にロケーションの良い場所で景色を見ながら使う事が多いです。

 アポロンのお気に入りポイントは?


やはりフルメッシュによる開放感です。形状に無駄がないのでデットスペースが少なく、キッチン類を外に設置するなどうまく使えば15人程でも快適に使用できました。

 アポロンと併せて使うのにおすすめのギアは?


大人数で使う事が多い幕だと思うので、長テーブルがおすすめですね。

全長約4mに室内高約2mと、シェルター使用で大人数の宴会幕としても充分なスケールのアポロン。夏はフルメッシュにすれば通気性も良く、大きな窓から楽しむ景観は圧巻です。しっかりスカートが付いているので、寒い季節も安心です。

ITEM
オガワ アポロン
●サイズ:435cm×320cm×高さ205cm
●収納時サイズ/80×45×35cm
●重量(付属品を除く):23.0kg[内容]フライ/約10.7kg、ルーフフライ/約1.2kg、インナーテント/約3.2kg、ポール/約7.9kg
●素材:フライ/ポリエステル210d(耐水圧1800mm)、インナーテント/ポリエステル68d、グランドシート/ポリエステル210d(耐水圧1800mm)、ルーフフライ/ポリエステル75d、メインポール/アルミ径19mm×2、径17.5mm×2、リッジポール/アルミ径14.5mm×3

ITEM
アウトプットライフ ウッド ロールトップテーブル L
●サイズ::(約)幅120×奥行70×高さ43cm
●収納時サイズ:(約)幅77×奥行26×高さ15cm  
●重量:約7.8kg
●素材:本体/天然木(バーチ ラッカー塗装)、ステンレス  
ITEM
ヘリノックス タクティカル コットコンバーチブル マルチカモ
●サイズ:190×68×16cm
●収納時サイズ:54×16.5cm
●重量:2540g
●重量:2365g
●耐荷重:145kg
●材質:シート/ポリエステル、フレーム・アルミ合金、樹脂
ITEM
ヘリノックス コットレッグ
●サイズ:22×22×29mm
●収納時サイズ:130×5×370mm
●重量:539g
●座面高:38cm(コットワンコンバーチブルへ装着時)

どうせ買うなら「話題のテント」で気分良く!

2018年の新作テントを代表する3幕をご紹介しました。今シーズンはもうキャンプをお休みする方も「いや、まだまだ行く!」という方も、これから買うなら話題のテントで注目を浴びちゃいませんか?

2018年的「10のギア」

アウトドアの祭典「フィールドスタイル」の取材レポ。今年話題となった10のキャンプギアをチェック!

Three Tents Of 2018!

2018年を代表する3大テント

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。8歳と6歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!