定番から新作まで!コールマンのスクリーンシェード特集

2019/04/25 更新

公園、海水浴場でよく見かけるコールマンのスクリーンシェード。ポップアップテントに比べて風にも強く、全面をフルクローズにもできるので、着替えにも便利ですよね。今回はそんなスクリーンシェードの定番から新作まで、各モデルを深堀りをしていきます!


アイキャッチ画像出典:Coleman

コールマンの「スクリーンシェード」とは?

コールマンのスクリーンシェード
出典:Coleman
スクリーンシェードとは、手軽に扱える簡易テント。手早く組み立てることができるので、公園でのピクニックや川辺でのバーベキュー、海水浴に運動会の応援など、さまざまなシーンで活躍してくれます。
出典:Coleman
また上の画像のように、出入口とサイドの窓はフルオープン、フルクローズすることが可能。着替えなど、用途に応じてプライベート空間を作ることができます。最近では、災害時のプライベート空間確保を目的に購入する方も増えているようです。

またコールマンのスクリーンシェードは、ポールを十字にさせて組み立てるクロスフレーム構造を採用しており、風に強いのも特徴です。周りのポップアップテントやパラソルが飛ばされている中、コールマンのシェードだけは飛ばされずに済んだ、というレビューもちらほら。

日は、風が強く砂浜が軽い砂嵐状態でした。 周りを見渡すと、パラソルが飛ばされてる家族や、バスタオルで顔をガードしたり、風に負けてたたまれてしまっているシェードをみかけました。

そんななか、購入したコールマンスクリーンシェードはフルクローズできるので、半分クローズにして砂をよけつつ通気性を保つことができました。 そんな砂嵐の中、下の子はシェードの中でお昼寝してました。(出典:ナチュラム


※注意※ 2面メッシュと4面メッシュがある

スクリーンシェードには、同じ製品名でも2面メッシュと4面メッシュのモデルの2種類あります。
●2面メッシュ スクリーンシェード 2000017137
コールマンのスクリーンシェード
出典:Amazon
●4面メッシュ スクリーンシェード 2000022107
コールマンのスクリーンシェード。
出典:Amazon
2014年モデル(2000017137)は前後対面の2面のみメッシュパネルになっています。一方2016年モデルは4面すべてメッシュパネルです。

上の画像のように、インターネット上の画像だと正直見分けるのが難しいですね。迷ったときは、窓の裾のほうを見てください。フルオープンにした際に布をまとめられるよう、留めるための輪が外側全面にあれば4面メッシュです。

型番を確認しよう!

デザインや裾の留め具以外にも、型番(商品名の末尾についている数字)で2面か4面メッシュかを確認することができます。

●4面メッシュ
・コールマン スクリーンシェード フォリッジ/ブルー【2000022107-06】
・コールマン スクリーンシェードフォリッジ/ピンク【2000022107-06】
●2面メッシュ
・コールマン スクリーンシェード アーガイル/ブルー【2000017136】
・コールマン スクリーンシェード アーガイル/ライムグリーン【2000017137】

インターネット上で購入される場合は、型番やスペック表記を必ず確認しましょう。

続いては、上記で紹介した2014年(2面メッシュ)と2017年(4面メッシュ)モデルをさらに深掘りしていきます。

定番① スクリーンシェード(2000017136&2000017137)

スクリーンシェード青
出典:Amazon
先ほどご紹介した通り、こちらは2面メッシュのモデルです。まずは基本的なスペックからみていきましょう!
【スペック】
サイズ:約210×約180×約120(h)cm
収納時:約φ16.5×約58(h)cm
重量:約3.3kg
耐水圧:約500mm
定員:2~3名

ここが良い!3つの魅力

【① プライベート空間も確保できる】
4面をフルオープンにすれば、開放的で風通しも◎。フルクローズにすれば着替え場所にもなる上、水辺で遊ぶ場合、いざ着替えるときに室内が温まっていて体が冷えにくくなるという利点も。

説明にもある通り、フルオープン、フルクローズ、スクリーンなど 日当たりや突然の雨や突風に合わせてフレキシブルに開閉できますし、 着替えスペースとしても使えるので、大変重宝しています。(出典:ナチュラム

【② 風が強い日も心強い!】
冒頭でクロスフレーム構造について紹介しましたが、もう1つ風に強い理由として砂袋が付属している点が挙げられます。

付属の砂袋は本体の四隅に結び外に置く、もしくは砂の中に埋めることで、風に飛ばされににくくすることができます。室内に置いても重しになるので、方法は人によって様々。
【③ スペック以上の広さ!?】
公式ホームページに対応人数は2~3人用と表記されています。しかし子供が小さければ、大人2人子ども2人の4人家族でも室内で食事をとることができるという声も。

大人2人、子供(幼児)2人の4人で使用しました。 泳いで疲れた体を休めたり、昼食を取ったりと快適に過ごせました。(出典:ナチュラム

ここが気になる!

【① 側面と底面は一体型】
砂浜とテントの境がフラットにならないため、砂が入ってしまうと出すのが大変だという声が。なので、ミニ箒などを持参しておくと便利です。
【② UVカットではない!】
コールマンのテントには「UV-PRO」という生地が使われています。これは紫外線による生地の劣化を防いでくれる機能であり、紫外線を遮ってくれるものではありません。炎天下での長時間の使用は注意してください。
【③ フロアシートのみだと頼りない?】
地面が凸凹している場所だと、フロアシートだけでは「ごつごつして痛い」という口コミが多く見受けられました。レジャーシートや銀マットなどを敷けば対応できるので、セットで用意したほうが無難でしょう。
【④ 役割はサンシェード】
宿泊を想定したテントではなく、あくまでも直射日光を遮るためのものです。通常のテントにあるような室内ポケットや、ライトを吊るすフックなどはついていません。
ITEM
スクリーンシェード アーガイル/ブルー
●材質:ポリエステルタフタ・ポリエチレン
●仕様:メッシュドア×2
●付属品:砂袋、キャリーバック

ITEM
スクリーンシェード アーガイル/ライムグリーン
●材質:ポリエステルタフタ・ポリエチレン
●仕様:メッシュドア×2
●付属品:砂袋、キャリーバック

設営方法について

クロスフレーム構造なので、十字に交互させたポール湾曲させながら立ち上げるテントです。

スクリーンシェード 立ち上げ説明
出典:Coleman
まずは本体を広げ、2本のポールが十字になるようスリーブ(天井に当たる白い十字の帯)に差し込みます。次にポールをエンドピン(本体の4隅についている黒い輪っか)に差しこみ、テントを立ちあげましょう。

この時、コールマンのロゴ、ランタンマークのある面のポールには取り掛からず、対面の面にあるポール2本のみをエンドピンに差し込みましょう。
コールマン スクリーンシェード 設営方法2
出典:Coleman
テントを立ち上げた後は、先ほど取り掛からなかったコールマンのランタンマークがある面のポールを差し込みます。最後に本体についているフックをポールに引っ掛ければ完了。

設営の手順はかなりシンプルなので、1度組み立ててしまえば10分もかからずに設営できます。

設営も慣れれば、とても簡単で、子どもと一緒にやっています。(出典:ナチュラム

7歳の娘と二人で5分足らずで設営することができました。(出典:ナチュラム


定番② スクリーンシェード(2000022107-06)

コールマンのスクリーンシェード2016年モデル
出典:Amazon
2016年に発売されたモデル(型番2000022107-06)。旧モデルとどこが変わったかチェックしていきましょう。
【スペック】
サイズ:約210×約180×約120(h)cm
収納時:約φ16.5×約58(h)cm
重量:約3.3kg
耐水圧:約500mm
定員:2~3名

旧モデルとここが違う!

【① デザインがおしゃれ】
全面に柄の入ったデザインなので、遠くからでも見つけやすいですね。ただし、コールマンのスクリーンシェードは人気商品なので、数組と被ってしまうなんてこともザラにあるようです。
【② 4面メッシュで風通し◎】
旧モデルが2面メッシュだったのに対し、こちらは4面メッシュ。用途に合わせて、フルオープン、クローズが可能です。虫の多い場所では虫除け、風の強い日などの砂除けにも便利です。
ITEM
スクリーンシェード (2000022107-06)
●材質:ポリエステルタフタ・ポリエチレン
●仕様:メッシュドア×2
●付属品:砂袋、キャリーバッグ

設営について

設営方法は前述した2014年モデルと同じ手順。2人で行うとスムーズですが、慣れると1人でも組み立てることができます。ここまで定番のスクリーンシェードを見てきましたが、さらにパワーアップして新作も登場していますよ!

2018年最新作① スクリーンIGシェード

コールマン_スクリーンIGシェード
出典:Coleman
2018年の新作「スクリーンIGシェード」。テントの構造、サイズなどはすでにご紹介した2014年、2016年モデルと同様です。

大きく変わったのは、メッシュの素材。通気性は従来モデルのおよそ2.5倍もアップ! さらに虫よけ効果も追加されているんです。
【スペック】
サイズ:約210×180×120(h)cm
収納時:約φ15×60(h)cm
重量:約3kg
耐水圧:約500mm
定員:3~4名

ここが良い!旧モデルにはない3つの魅力

【① 虫よけ効果がある】
防虫効果のある独自素材「Olytec®メッシュ」を採用しています。人や動物に有害ではありませんが、赤ちゃんやペットが舐めると心配という方は使用を控えたほうが無難です。

【② 床下の浸水を抑えてくれる
本体耐水圧は500mmなので、小雨以上になると使用は厳しいです。しかし、フロアの耐水圧は約1,500mmと強い雨にも耐えられるレベル。水捌けのよくない場所でも安心して使用できます。
【③ 少しだけコンパクトになった!】
展開時のサイズは従来のモデルと同じ。にも関わらず、収納サイズと重量がコンパクトになりました。従来モデルでは収納サイズが約16.5×58(h)cmだったのに対し、新モデルは15×60(h)cm。重量は約3.3kgから約3kgと軽くなっています。にもかかわらず、対応人数が増えているのは嬉しいポイント。

展開時のサイズが同じで、なぜ収納サイズと重量はコンパクトになったのか。素材を見てみると、生地やポールの素材に変わりはありませんが、ポール自体が少し細くなっていました。(FRP約φ11mm→9.5mm)。
※FRP……強化したプラスチック素材、φ…パイプなどの直径

ここが気になる!

【① 前後の2面メッシュ】
4面フルオープン、フルクローズできますが、メッシュになるのは前後の2面のみとなっています。虫が入ってほしくない、けれど通気性重視したい! というのであれば、4面メッシュのスクリーンシェードの方がオススメ。
【② 役割はサンシェード】
2014、2016年モデル同様、テントではなくあくまでサンシェード。ポケットやLEDライトなどを吊るすフックはついていません。
ITEM
スクリーンIGシェード ネイビー グレー 2000033129
●材質:ポリエステルタフタ、ポリエチレン
●仕様:Olytec(R)メッシュ
●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース

夏のレジャー用に購入しました。大人2人と子供1人で使用予定ですが広さは充分です。組立は最初だから結構時間かかりましたが慣れれば早く組立られそうです。

ITEM
スクリーンIGシェード グリーン×ベージュ 2000033128
●材質:ポリエステルタフタ・ポリエチレン
●仕様:Olytec(R)メッシュ
●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース

大人2人+子供2人で海水浴に行った時に休めるように使おうと思い購入しました。まずはピクニックで使いましたが、中でランチを食べるには十分な広さです。昼寝するとなると手狭です。収納サイズがとてもコンパクトで、持運びはラクです。


設営について

2014年モデル、2016年モデルと同様の設営方法です。

2018年最新作② ILスクリーンIGシェード(タイダイ)

ILスクリーンIGシェード
出典:Coleman
コールマンとMonro(モンロ)がタッグを組んだ”INDIGO LABEL”より、青空をイメージしたスクリーンIGシェード「タイダイ」が登場! テントの構造や基本スペックなど、デザイン以外はスクリーンIGシェードと全く同じです(価格は少し値上がり)。
【スペック】 
サイズ:約200×180×120(h)cm
収納時:約約φ15×60cm(h)cm
重量:約3kg
耐水圧:約500mm(フロア:約1,500mm)
定員:3~4名
詳細は公式ホームページへ

2018年最新作③ クイックアップIGシェード

コールマン_クイックアップIGシェード
出典:Coleman
ポップアップ式のテントで、組み立てはスクリーンシェードよりも簡単です。フルオープン、クローズが可能。前述したモデルと同様、防虫効果があり、フロアの耐水圧も約1,500mmと十分なスペックです。
【スペック】 
サイズ:約200×150×125(h)cm
収納時:約φ59×8(h)cm
重量:約2.5kg
耐水圧:約500mm(フロア:約1,500mm)
定員:2~3名

ここが良い!3つの魅力

【① 設営完了まで1分以内!?】
ポップアップ式なので、本体を広げるだけでそのまま自立してくれます。あとは張り出し具合をロープで調整し、ペグを打ち込んで完成です。

YouTubeのコールマンの動画で女性の私でも本当に簡単に設置&撤収できました。(出典:楽天

【② ベンチレーションで空気を換気】
前面がメッシュになっており開放感はあるものの、無風状態の場合はテント内の熱気が逃げない+地熱もあり下手したらサウナ状態になる場合も。

しかし、このモデルには空気がこもる天井部分にベンチレーション(通気口)が配置されています。熱がテント内にがこもらないよう排出してくれるので、蒸し風呂にならずに済みますね。

天井に付いたベンチレーションのおかげで、テント内は風の通りがとても良かったです。(出典:楽天

【③  室内にポケットあり】
従来のモデルにはなかったポケットが背面側の窓の下につきました。ペグを収納するためですが、ちょっとした小物を入れてもいいかもしれないですね。

ここが気になる!

【①  メッシュになるのは2面のみ】
正面と背面のみメッシュになっています。正面は全開になりますが、背面は小窓のようになっているため開放感はありません。しかし、上にベンチレーションがついているので暑さはそこまで気にならないという声も。

風通しの工夫がしてあって、暑さはあまり気になりませんでした。(出典:楽天

【②  フロアシートにはクッション性がない】
どのモデルも同様、フロアシートにはクッション性がありません。レジャーシートや銀マットがあれば快適性アップ。
【③ 従来のモデルよりは少し狭い】
従来モデルのドーム型と比べ、天井部にかけて横幅も狭くなっています。子供が小さければ大人2人、子供2人でも程よいサイズ感。広く使うのであれば、公式で発表されているように2~3人くらいの人数がベストでしょう。

設営方法について

さっと広げて、形を整えるだけという簡単さ。あっという間に組み立てられるので、女性やテント設営経験が方も安心です。
撤収には少しコツがいります。とくに本体を8の字にねじって折りたたむ部分は、慣れるまでは少し苦戦します。設営前に試し張りしおくと安心ですね。
ITEM
クイックアップIGシェード ネイビー×グレー
●材質:ポリエステルタフタ・ポリエチレン
●仕様:Olytec(R)メッシュ、バイザートップベンチレーション、メッシュポケット
●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース

畳み方にコツがいる。広いし周りとあまりかぶらないのでいいと思う。

ITEM
クイックアップIGシェード グリーン×ベージュ
●材質:ポリエステルタフタ・ポリエチレン
●仕様:Olytec(R)メッシュ、バイザートップベンチレーション、メッシュポケット
●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース

運動会での待ち時間、わたしはテント内にマットを持ち込み、グッスリ寝れて休息取れました。
去年までは椅子とテーブル、弁当持ってくの大変でしたが持ち運びも楽!


恒例のコラボモデルも見逃せない!

コールマンとユナイテッドアローズのコラボ商品

出典:Coleman
毎年注目されるコールマンの別注アイテム。2018年のBEAUTY&YOUTH(ビューティ&ユース)とのコラボは、濃い青と白でチェッカーフラッグパターンを表現した清潔感のある大人っぽいデザインが特徴です。

前述したポップアップ式のスクリーンシェード「クイックアップIGシェード」の別注モデルも登場しています。同じ別注のレジャーシートと合わせると、統一感が出て一気におしゃれな雰囲気に!
※公式のオンラインショップではすでに品切れ
ITEM
コールマン×ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ クイックアップシェード
●材質:ポリエステル・ポリエチレン
●仕様:Olytec®メッシュ、バイザートップベンチレーション、メッシュポケット
●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース

コールマンのスクリーンシェードでピクニックやビーチを楽しもう!

コールマン_スクリーンIGシェードの中で寛ぐ女性たち
出典:Coleman
外でのレジャーを楽しむには、絶対にあったほうがいいシェード。コールマンのものは風に強く、倒れにくいと評判もよくオススメです。ブランドとのコラボによるおしゃれなデザインや、椅子やレジャーシートなどコールマンでトータルコーディネートできるところも◎。

 

コールマンのスクリーンシェードは使えるシーンがたくさん!

You can use a screenshade by Coleman in many seane !


    関連する記事

    コールマン_スクリーンIGシェード_インディゴレーベル
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    Yuko

    フリーランス翻訳家兼ライター。5歳でキャンプデビュー。年に1回はキャンプに行くことを目標にしている。両親からいずれキャンピングカーを譲り受ける予定。

    公式プロライター

    • たけだバーベキュー
    • YURIE
    • 平 健一
    • 写風人
    • Takamatsu Misato
    • SAM & 沖田雅生
    • 小雀  陣二
    • A-suke
    • 長谷部 雅一
    • 八幡 暁
    • 風森 美絵
    • カノウ ヒナタ

      アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

      150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
      アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
      お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!