ソリステにも負けない「石頭ハンマー」を知ってますか?

パワフルで、しかも安いハンマーってなかなか見つからない……ってお嘆きの皆さん。じつはあるんです。ものの1000円台で買えて、かのソリステにも全然負けないスゴイやつが。その名も「石頭ハンマー」。本気仕様ならではの力強さを感じてください。


アイキャッチ撮影:編集部

「イシアタマ」でなく「セットウ」

撮影:編集部
このゴツいハンマー、見たことありませんか? ホームセンターなどで売られている、やたら強そうな工事用のハンマー。

実はこれ、キャンプでとっても重宝する隠れアイテムなんです。

ハンマーにはいろんな種類がある。

出典:Unsplash
ひとくちに工事用ハンマーといってもいろいろあります。たとえば片側がくぎ抜きになっているネイルハンマーや、材料にやさしいゴムハンマーなど、用途やシーンにあわせた膨大な種類が存在します。

そんな中から、キャンプでのハードなペグ打ちにマッチする理想的ハンマーが発見されたのです。

「石頭ハンマー」という最強ジャンル

出典:Amazon
工事用ハンマーの中でもペグ打ちで恐るべきパワーを発揮するのが「石頭ハンマー」というジャンルです。「いしあたま」ではなく「せっとう」と発音します。建築現場では縮めて「セットハンマー」「セット」などとも呼ばれていたりもします。

ではこの異ジャンルからやってきたニューカマー「石頭ハンマー」がキャンプシーンにおいてどれだけ魅力的なのか? メリットから気になる点まで、詳細をガツンとお届けします!


アウトドアメーカーのモノに比べて安い

出典:CAINZ
最強の石頭ハンマーですが、パワー以外にも大きな魅力があります。実は驚異のロープライスなんです。

多くのキャンパーに支持されるアウトドアメーカーのハンマーと比べると驚きのお値段!

有名アウトドアハンマーと値段比べ

出典:Snow Peak
打ちやすく強く、デザインの評価も高い各社のハンマーのお値段をみてみましょう。スノーピークの「ペグハンマー PRO.C」は6,200円。コールマンの「スチールヘッドハンマーⅡ」は5,918円。

出典:Amazon
ロゴスの「パワーペグハンマー」で4,300円。村の鍛冶屋「アルティメットハンマー」なら5,200円となっています。

対して工事用の石頭ハンマーのお値段は……なんと1,000円台が中心! 柄が木のタイプなら1,000円以下だって豊富にあります。

「石頭」の名にふさわしい強度

出典:Amazon
パワフルなハンマーとして知られる「石頭ハンマー」ですが、具体的にどう強いのか? こちらでは石頭ハンマーの強さ、その秘密に迫ってみます!

ソリステも余裕の超絶強度

撮影:編集部
強度の高い鍛造ペグとして圧倒的人気のスノーピーク「ソリッドステーク(通称ソリステ)」。華奢なスチールハンマーだと打つ側が逆にへこんでしまうこともしばしばあります。

でも石頭ハンマーならガンガン叩いても全く問題なし。むしろソリステ×石頭というコンビを愛用しているキャンパーがけっこういるようです。

グリップや柄にも工夫アリ

撮影:編集部
グリップは1000円以下なら木、それ以上の価格ではラバーがほとんど。木の柄はコスパはいいものの、慣れないと滑るケースも。柄の素材がグラスファイバーなら、手への衝撃を吸収してくれる働きもあります。

ズッシリ「重み」を生かしてドスッと強く打てる

撮影:編集部
アウトドアメーカーのハンマーと重さを比較してみると、そのパワー差は歴然。

・スノーピーク「ペグハンマーPRO.C」670g
・コールマン「スチールヘッドハンマー」730g
・ロゴス「パワーペグハンマー」757g
・村の鍛冶屋「鍛造 焼き入れペグハンマー」550g

一方の石頭ハンマーは1kg以上がメインです。重めのほうが石頭ハンマーの底力を感じられるもののそこは腕力と相談ですね。成人男性なら1.1㎏くらいがベストでしょう。1.3㎏を超えるとちょっとコントロールしにくくなり、0.9㎏以下だとちょっと物足りないかもしれません。

重量が細かく設定されているので、自分好みの重さを選べるという点でも石頭ハンマーは魅力ですね。

すべりにくい打撃面

出典:Amazon
打撃面がザラザラした指紋のようになっているため、ペグをとらえ損ねてツルっと滑ることが少ないという利点も。芯を多少外してもガンガン打ち進めるので初心者でも扱いやすいといえます。

自分に合ったハンマーを選ぼう

石頭ハンマーは工事用具のため、さまざまなメーカーからリリースされています。実際手に持ってみると、それぞれ重さやグリップの太さ、重心のバランスなどの違いがわかります。自分にとっていちばんしっくりくるハンマーこそ最強なのです。

土牛「パイプ柄石頭槌 1.1㎏」

出典:楽天
重さ、グリップのショック吸収の良さ、打ちやすさなどトータルバランスが抜群。最初は重いと感じて戸惑う可能性もある重量ながら、慣れれば楽々ペグを打ち込めます。土牛は兵庫の建築道具メーカーで、石頭ハンマー界のトップランナーです。
ITEM
土牛 パイプ柄 石頭鎚ショート 1.1kg 
●全長:約200mm
● グリップ:手になじみ衝撃を抑えるゴムグリップ使用。グリップエンドがふくらみ手から抜けにくい。

高儀「石頭ハンマー パイプ柄 0.9㎏」

出典:Amazon
女性にでもストレスなく扱える、ほどよい重量の石頭ハンマー。柄がパイプで軽いため、ふり下ろす際の重心バランスも絶妙。軽めのわりに石頭ハンマーとしてのパワーはちゃんと実感できます。もっと重い設定の1.1㎏や1.3㎏もあります。
ITEM
高儀 パイプ柄石頭ハンマー 0.9kg
●サイズ:幅95×高さ282×奥行41mm

大五郎「石頭ハンマー 1.3㎏」

出典:Amazon
こちらはやや重めなので腕力に自信がある人向き。そのぶん超パワフルです。柄が木なのでリーズナブルな点も魅力的ですね。シンプルに入れられた「GENUIN HICKORY」のとおり柄の材質ははヒッコリーを採用。オイルカスタムにもぴったりです。ウッド好きの方にはお値段以上のグリップではないでしょうか?
ITEM
大五郎 石頭ハンマー 1.3kg
●木柄には丈夫なヒッコリー材を採用。

OH(オーエッチ工業) 「ライトン セットウハンマー 1.1㎏」

出典:楽天
バランスのいい重量1.1kgでラバーグリップという仕様。振り下ろす際のフィット感がいい感じです。木と違ってラバーだとメンテ不要な点もポイント高い。ガシガシ使い倒す「ザ・道具」なハンマーとして活躍間違いないしでしょう。
ITEM
オーエッチ工業 ライトンセットウハンマー
●全長:300㎜
●頭部長:103㎜
●頭径:38㎜

アストロプロダクツ「石頭ハンマー 1200g」

出典:Amazon
こちらはパワフルな1.2kg。打面が四角いタイプで目標物をとらえやすくなっています。柄がグラスファイバーでできているため、丈夫でありながらショックをほどよく吸収してくれます。
ITEM
アストロプロダクツ AP 石頭ハンマー1200g
●サイズ:全長=256mm、打撃面サイズ=33×33mm
●材質:ヘッド=スチール、ハンドル=グラスファイバー、グリップ=ゴム

気になる点も、なくはない

魅力いっぱいの石頭ハンマーですが、この世に完璧な道具は存在しません。この最強ハンマーにだってもちろん気になる点は存在します。


やはりネックは重さ

出典:PIXTA
石頭ハンマーの重さはそのままパワーに通じる最大のメリットでありながら、別の角度からみればデメリットでもあります。ペグを楽々打ちこむパワーの源であるがゆえ、持ち運びにはやはり不便といえます。

オートキャンプなら問題ありませんが、ツーリングやトレッキングではちょっとズッシリくる重さです。

抜け防止ひもがついていない

撮影:編集部
柄の部分にフックがついているタイプなら後付けでヒモの取り付けが可能ですが、石頭ハンマーの場合基本的に初めからループがついているということはありません。ハンマーを振る際には周囲の安全に十分配慮する必要があります。

ペグ抜きがついていない

撮影:編集部
石頭ハンマーは工事用品のため、ペグ抜きはありません。なので別のペグを利用するなりして抜く必要があります。

出典:Snow Peak
ハンマーのペグ抜き部分は多用する人と、そうでない人に分かれるので、ここは個人差があるかもしれません。

アウトドアギア特有の魅力には欠ける

撮影:編集部
当然といえば当然ですが、工事用品なのでアウトドアギア特有のスタイリッシュさはありません。とはいえ無骨な道具感を愛することができる人や、アウトドアアイテムかぶりを回避したい方にとってはまた別の魅力があります。

ペグ打ちの勢力図を変える? 石頭ハンマーに注目!

撮影:編集部
ペグ打ちハンマー界のヘビー級、石頭ハンマー。お安く強い、キャンパーの味方です。今まで絶大な支持を集めていたアウトドアブランドのハンマーたちに驚異のライバルが異世界から登場しました。道具としてタフで非常に優秀なおすすめアイテムです。

とはいえ先に述べたようにアウトドアハンマーの長所ももちろんあります。自分のキャンプライフをイメージしつつ、合うものを選ぶのが最善でしょう!

 

Let’s utilize a Settou hammer for camping!

キャンプに石頭ハンマーを活用しよう!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
夏野 栄

作家でクリエイター、アウトドアライターでファッションエディター。アウトドア誌やファッション誌で連載するほか、ノベル執筆やプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。Tw@nhaeru

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!