今後たくさん登場する注目ジャンル「3列7人乗りSUV」キャンプへ連れて行きたい人気の5車種

3列シート7人乗りSUV車がこれからアツい!従来SUVといえば2列シート・5人乗りが主流でしたが、ミニバンのようなスペース確保とSUVの走行性やデザインが合わさった「3列SUV」が今後、続々登場予定。まずはいま知っておくべき5車種をご紹介しますよ。


アイキャッチ画像出典:NISSAN

「3列SUV」という注目ジャンル

出典:MAZDA
これまで2列シート・5人乗りが主流だったSUV。乗車人数や車載容量からSUVをあきらめていたファミリーも多かったのでは。そんなユーザーに朗報!

SUVのカッコ良さ&走破性はそのままに、ミニバンに劣らぬ3列シート・7人乗りのユーティリティを兼ね備えたSUVの時代が、今、まさに到来しているんです!

SUVは3列の時代へ突入

出典:MAZDA
乗車人数の多さと積載量から、日本市場で人気を博してきたミニバン。そんなミニバンも、モデル数が集約される傾向にあり、最近では新たに「個性的なルックス」を求める声が。

北米市場を中心に、世界では既にミドルクラスの3列SUVがトレンドに。

「ファミリーカー=ミニバン」から「ファミリーカー=3列SUV」に?

駐車スペースの狭い日本にはマストなスライドドアなど、スペース効率が高く、日本のクルマ事情にフィットするミニバン。近年は「ファミリーカー=ミニバン」の不動の地位を築いてきました。

でも、「1人で乗るときも楽しみたい」「スポーティーでカッコいいデザインやルックスも楽しみたい」といった声が根強くあったのも事実。

出典:NISSAN
自分自身のライフスタイルも実現でき、ミニバンのメリットも備えた3列シート・SUVは、まさにそんなユーザーの声に応えるモデル。これからのファミリーカーの主流となる存在として、注目が集まっているんです。

アウトドア好きにハマる5車種

それではそんな「3列SUV」で人気の高い5車種をご紹介。「うちはMAXで7人乗れるよ」と言えるメリットは、キャンパーや家族層に特に多そうです。


① マツダ「CX-8」

出典:MAZDA
出典:MAZADA
2017年9月発表、12月発売というニューモデルながら、2018年1月15日時点で既に1万2042台の受注を達成した「マツダ CX-8」。「ファミリーカー=ミニバン」時代を変革する「3列SUV」の筆頭格として最注目のモデルです。

3列目シートでも十分な快適性

出典:MAZDA
3列目に座る人が足を伸ばせるよう、2列目シートの下部にスペースが確保。従来は補助的意味合いの強かった3列目シートの居住性を大きく向上させているのが大きなポイント。

また、開度が大きく80°に設計されたリアドアは、セカンドシートへの荷物の積み込みやチャイルドシートの操作が快適でとても便利。

シートアレンジが簡単

出典:MAZADA
出典:MAZADA
ロングスライドのセカンドシートイン機能で、3列目シートへの乗降がとてもスムーズです。しかも、3列目シートはストラップを引くだけでヘッドレストが畳め、そのまま前方に倒せるので、広大でフラットなラゲッジスペースへ簡単にアレンジ可能。

さらに2列目シートも倒せば、大人がゆったり横になれる車中泊も可能なスペースが出現します。

② 日産「エクストレイル」

出典:NISSAN
出典:NISSAN
2017年6月にマイナーチェンジされたばかりの本格SUV、「日産 エクストレイル」。

四輪駆動の「オールモード4×4システム」が、SUVならではの悪路走破性を高め、タウンユースを意識したクロスオーバーSUVとは一線を画す仕上がりです。

出典:NISSAN
出典:NISSAN

キャンプ帰りの渋滞で役立つ、プロパイロット機能

走行性能と並ぶもう1つの人気のポイントが、日産が誇る「プロパイロット(高速道路・同一車線自動運転技術)」。

高速道路で、アクセル・ブレーキ・ステアリングの全てを自動制御することで、ドライバーの疲労軽減をサポートをする画期的な安全装備です。

出典:NISSAN
また、3列7人乗りSUVとしては最安の価格帯かつ、最もコンパクトなボディサイズも大きな特徴。その反面、3列目シートの居住性は低く、7人フル乗車での長距離移動は厳しい点がネックといえます。

③ 三菱「アウトランダー」

3列シート・7人乗りクロスオーバーSUVの先駆け的存在「三菱 アウトランダー」。2005年の初代モデル登場から、2012年の2代目モデルチェンジを経て、現在に至る息の長いモデルです。

三菱の誇る電子制御4WDシステムが、高い走破性を実現。あらゆる路面で優れた安定性を確保できる「S-AWC」もオプションで備えることができ、悪路走破性がUP。

3列シート・7人乗りSUV車種の中では最も車高が低く、タウンユースに最適です。

PHEVモデルも人気

また、国内ではまだ数の少ないPHEV(プラグインハイブリッド)モデルの「アウトランダーPHEV」も人気が高く、燃費の良さだけでなく、アウトドアでの電源利用など、新しいライフスタイルを提案しています。


④ トヨタ「ランドクルーザープラド」

出典:TOYOTA
出典:TOYOTA
初代の登場から60年以上の長きに渡り、世界中で愛されてきた4WD、ランドクルーザーシリーズ。70系ランドクルーザーから派生した「プラド」も、高い走破性に加え、7人乗りユーティリティのクオリティの高さに定評が。

広さと使い勝手はさすが

洗練されたインテリアデザインに加え、3列目シートの床下を低床化することで高い居住性も確保。2列目シートを前に倒すと連動して前方へスライドする「セカンドシートウォークイン機構」で、3列目シートへの乗降もスムーズ。
出典:TOYOTA
エンジンやサスペンションがフレーム部分に搭載されているので、ボディが錆びたりボコボコになっても、フレームさえ無事なら問題なく走行できるのが「ラダーフレーム」構造。ランドクルーザーシリーズ最大の特徴ともいえるこの構造を受け継ぐプラドの、本格オフローダーとしての悪路走破性はいうまでもありません。

⑤ 三菱「パジェロ」

「パリダカール」などのラリーシーンでの大活躍など、オフロードでの高い走破性を誇る「三菱 パジェロ」。

ランドクルーザーと同じく「ラダーフレーム構造」を採用、さらにフレームとボディを一体化してボディの高剛性を高めた「モノコック構造」に。

また、「スーパーセレクト4WDII」や「スタビリティー・トラクション」などの電子制御シスタムで、様々な路面への対応力がさらに向上。
走行性能だけでなく、シートアレンジの多彩なバリエーションも大きな魅力。

取り外し可能なシート

3列目シートが床下に格納できるのはもちろん、なんと、取り外しが可能。シートを外して荷室を拡大できるから、シーンに応じたスペースの使い分けが可能です。

また、ヘッドレストを着けたまま折り畳める2列目シートも、シートアレンジをさらに手軽にしてくれます。

家族も自分もWIN-WINのいいとこどり!

出典:TOYOTA
SUVの走破性とカッコ良さ+ミニバンのユーティリティが融合した、3列シート・7人乗りSUV特集、いかがでしたか?

家族での使用を優先して「走破性&カッコ良さ」をあきらめる……、自分らしさを優先したら、ファミリーユースには事足りず……。そんなゼロッサムな車選びとはもうサヨナラ。

あなたも「3列シート・7人乗りSUV」で、家族も自分もWIN-WINな車選びを叶えてみませんか?

Three rows of seats SUV will make everyone happy!

3列シートSUVでみんながハッピーに!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、高3長男、中1次男、小4長女、インコのキィちゃんの6人で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagramアカウント:@dimikoyamada

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!