CAMPHACK

L.L.Beanの100年続く『ビーン・ブーツ』について魅力&使用感を徹底ガイド

0

ビーン・ブーツとは、L.L.Beanの創業時から作り続けている防水ブーツ。米・メイン州で100年以上も前に誕生したビーン・ブーツはデザインを変えることなく現在も愛されています。ビーン・ブーツの特徴やラインナップ、購入の際の注意点など徹底解説!

CAMP HACK編集部

アイキャッチ画像出典:L.L.Bean Signature

「L.L.Bean」はビーン・ブーツから始まった

昔ながらのビーンブーツ
出典:L.L.Bean
ビーン・ブーツの歴史がエルエルビーンの歴史といっても過言ではありません。ブランド「L.L.Bean」は、創設者のレオン・レオンウッド・ビーンが1912年に「メイン・ハンティング・シュー(愛称ビーン・ブーツ)」を発明したことから始まりました。

アウトドアマンであったレオン・レオンウッド・ビーンは地元アメリカ・メイン州でのハンティング経験を元に、作業用のゴム靴にレザー・トップを縫い付けた画期的なハンティングシューズ「メイン・ハンティング・シュー」を100足製造しました。森の中を長時間歩いても濡れずに快適なこのシューズは瞬く間にハンターたちの話題になり、注文が殺到。しかしゴム底とレザー・トップが剥がれ90足が返品という事態に陥ります。


ビーンブーツ設立の様子
出典:L.L.Bean
レオン・レオンウッド・ビーンは代金をすべて返却し、さらに借金をして製品向上のための開発を続けました。自らテストを重ねることで満足度の高いシューズを完成させたのです。そうして顧客の信頼を取り戻したエルエルビーンは、事業を成功させました。

これらの経験から満足度の高い製品作りの重要性に気づき、1912年から現在に至るまで、購入した製品に満足できない場合はいつでも返品を受け付ける「100%満足保証」を行っています。

ビーン・ブーツの特徴

魅力的なビーンブーツ
出典:noselow
ビーン・ブーツは1912年当時とほぼ変わらぬデザインで、現在も米・メイン州の自社工場で熟練した職人たちにより一足ずつ手作業で作られています。ビーン・ブーツに備わったさまざまな特徴を紹介します。

関連記事