CAMP HACK[キャンプハック]


ダナー TRAIL 2650 GTX

【2022年】ハイキングシューズはローカットが人気!おすすめ15選

0

ハイキングやキャンプなどアウトドアシーンで大活躍してくれるハイキングシューズ。タウンユースでも使いやすいローカットタイプを中心におすすめアイテムをご紹介します。リーズナブルでコスパの高いワークマンから、モンベルやサロモンといった本格ブランドまで、レディース・メンズ・ゴアテックス製など幅広い商品をラインナップ。選び方のポイントやトレッキングシューズとの違いもサクッと解決!

カエルハイカー

制作者

カエルハイカー

アラフォー夫婦で登山やキャンプを楽しんでいます。登山は関西の低山を中心に夏は北アルプスなど高山へも遠征、雪山は入門向けの山を歩いています。湖岸キャンプが好きなので琵琶湖周辺のキャンプ場へ行くことが多いです。 アウトドアブログ「やまたびチップス(https://yamatabitips.com/)」もぜひご覧ください!

...続きを読む
カエルハイカーのプロフィール

アイキャッチ画像出典:Instagram by @danner_jp

軽くてスニーカー感覚で履ける!ハイキングシューズ

HOKAカハ ロー GTX
出典:HOKA
本格登山とまではいかないけど、低山ハイクやちょっと自然の中を歩きたい。そんなときに便利なのがハイキングシューズ。

軽くてスニーカーのような履き心地が特徴で、登山靴やトレッキングシューズに慣れていない初心者の方も違和感なく履けるのがメリットです。

トレッキングシューズとの大きな違いはソールの硬さ!

メレル カメレオン8 ストーム ゴアテックスのソール
出典:楽天市場
一般的にはトレッキングシューズと呼ばれる靴もあり、「ハイキングシューズとどう違うの?」と疑問をお持ちの方もいるでしょう。呼称の違いで明確な定義はありませんが、区別するとしたらハイキングシューズとトレッキングシューズの最大の違いは靴底(ソール)の硬さです。

言葉の定義になりますが、トレッキングは長い距離を歩くのに対し、ハイキングはトレッキングよりライトなものという位置付けがされている場合が多いです。

ハイキング向けのシューズは、しっかり長時間歩くことを想定したトレッキングシューズに比べて靴底がやわらかく作られているため、足裏の曲げ伸ばしがしやすく軽快に歩くことができます。一方で、岩場や不整地など足場の悪い登山道では、地面の凸凹を感じやすく疲れやすいといったデメリットも。

トレッキングシューズと岩場
出典:PIXTA

✔️山頂を目指す本格登山や岩場の多い場所
→トレッキングシューズや登山靴
✔️アップダウンの少ない日帰り低山、整備されたハイキングコース
→ハイキングシューズ

以上を参考に、自身に合ったものを選択してみましょう。

それでは、最も大切なハイキングシューズの選び方についてチェックしてみましょう!

ハイキングシューズの選び方

①ゴアテックスなど防水タイプが安心

HOKAカハ ロー GTXの防水性
出典:HOKA
わざわざ雨の日を選んでハイキングに行く方は少ないでしょう。ですが、天気予報に反して突然の雨に見舞われることが自然界ではよくあります。また雨が降った翌日は、足場がぬかるんでいたり大きな水溜りができていたりと予期せぬハプニングも。
そんなとき、防水性の靴を履いていれば安心してハイキングを続けることができます。商品名に「ゴアテックス」「GTX」と記載のあるゴアテックス性のものや、ブランド独自の防水素材を使っている商品など、完全防水の靴を選ぶことがポイントです。

なかには撥水性の商品もありまあすが、撥水は水を弾くだけで防水の効果はないのでご注意を!

②ソールの溝がしっかり入っているものを選ぼう

HOKAカハ ロー GTXのソール
出典:HOKA
ハイキングシューズを選ぶ際、ソール(靴底)の溝を必ずチェックしましょう。全体に溝がしっかりと入っていて、なおかつ溝が深いものがベスト! 

丸太階段や木道など濡れていると滑りやすい場所も、しっかりグリップしてくれるので安心して歩くことができますよ。

イタリアのソールメーカーVibram社が開発したビブラムソールは、グリップ力と耐久性に定評があり多くのシューズメーカーが採用しています。靴底に黄色い「Vibram」のマークがあるのでチェックしてみてください。

③軽くて動きやすいローカットが人気

HOKAカハ ロー GTX
出典:HOKA
ハイキングシューズは足首周りの高さで「ローカット」と「ミドルカット」に分かれます。重さが軽く足首周りが自由に動かせるローカットは、ビギナーの方でも違和感なく履けるというメリットが!

見た目がスニーカーに近いのでファッションにも取り入れやすく、タウンユースと山歩きを兼用する方が最近増えています。

ただし、岩場や不整地などを歩く場合は捻挫のリスクが高くなるので、足首をしっかりホールドしてくれるミドルカット以上の登山靴やトレッキングシューズが必要です。記事後半で紹介しているミドルカットの商品も参考にしてみてください。

④必ず試着をしよう!

ハイキングシューズのフィッティング
出典:PIXTA
登山靴やトレッキングシューズよりやわらかく作られているハイキングシューズは、痛みや違和感を感じにくいのが特徴。ですが、スニーカーのようにデザインだけで選んでしまうとあとで後悔する羽目になるかも!
 
ネットで購入するという方も、できれば事前にお店で試着して履き心地を試してみましょう。痛みがないか、フィット感があるかなどをチェック
 
キャラバン_トレッキングシューズ_C1_02Sのサイズ選び
サイズ選びのポイントは、普段履いている靴より少し大きめを選ぶこと。足のサイズぴったりの靴を選んでしまうと、下りで指や爪に負担がかかり怪我の原因になるからです。

靴に足を入れた状態でつま先をトントンして、かかとに人差し指1本分(約0.5cm~1cm)の余裕があるものがジャストサイズです。

それではここから、ローカットのおすすめハイキングシューズを一挙ご紹介! リーズナブル、定番人気、おしゃれの順に掲載していますよ。目次から見たい場所へジャンプできるのでご活用ください。

【ローカット】リーズナブル!コスパ最強なハイキングシューズ

コロンビア セイバー 4ロウ アウトドライ
出典:Instagram by @columbia_jp
まず最初にリーズナブルでコスパの高いハイキングシューズをご紹介。2,000円以下で買える話題のワークマンのアイテムも要チェック!

コロンビア セイバー 4ロウ アウトドライ(メンズ・レディース)

リーズナブルな価格とカジュアルなデザインが人気のハイキングシューズ。コロンビア独自の防水透湿素材アウトドライを使用し、水の侵入をしっかりと防ぎます。アウトドアブランドの防水シューズが1万円以下で手に入るななんて、買い!ですね。

コロンビア セイバー 4ロウ アウトドライ(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材アウトドライ
●サイズ:25.0~30.0cm

コロンビア セイバー 4ロウ アウトドライ(レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿素材アウトドライ
●サイズ:22.5~26.0cm


ワークマン 高耐久シューズ アクティブハイク(ユニセックス)

ワークマン_高耐久シューズ アクティブハイク とにかく安い! 2,000円以下という衝撃価格で手に入る、ワークマンの高機能ハイキングシューズ。某テレビ番組で紹介されて以来、販売されるとすぐに売り切れてしまうという人気商品です。

ワークマン独自の耐久撥水加工を施し、泥汚れが付きにくいのが特徴。現在完売中ですが、2022年4月下旬以降順次入荷予定となっているのでお見逃しなく!
●防水・撥水性能:耐久撥水加工 SplaTECH(スプラテック)
●サイズ:24.5~28.0cm

ワークマン公式サイト:高耐久シューズアクティブハイク販売ページ

ニューバランス MT410(メンズ)

スニーカーで人気のニューバランスですが、実はハイキング向けの商品もあるんです。トレイルモデルとして作られた「MT410」は、優れたクッション性とグリップ性を誇り、足を包み込むような履き心地に定評があります。ハイキングやトレッキングはもちろん、ランニングやウォーキングにもおすすめです。

ニューバランス MT410(メンズ)

●防水・撥水性能:なし
●サイズ:25.0~28.0cm


【ローカット】定番&人気!安心ブランドのハイキングシューズ

メレル カメレオン8 ストーム ゴアテックス
出典:Instagram by @merrell_japan
続いては、登山やトレランなど本格アウトドアブランドより定番人気のハイキングシューズをご紹介!山で歩くことを前提に作られているので、機能性は折り紙付き。すべて防水性のある商品になります。

メレル カメレオン8 ストーム ゴアテックス(メンズ・レディース)

「メレルといえばコレ!」な王道ハイキングシューズ。ビブラム社の最新アウトソール「Vibram XS TREK EVO」を採用し、旧モデルよりグリップ性能が格段にアップしました。カラーバリエーションが豊富なので、お気に入りの1足がきっと見つかるはず。

メレル カメレオン8 ストーム ゴアテックス(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:25.0~30.0cm

メレル カメレオン8 ストーム ゴアテックス(レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:22.5~25.0cm


キャラバン C1_LIGHT LOW(ユニセックス)

日本の登山靴メーカー・キャラバンのハイキングシューズ。最大の魅力は軽さとやわらかさ! まるでスニーカーのような履き心地が特徴です。防水透湿性に優れたゴアテックスを使用しているので雨の日も安心。

キャラバン C1_LIGHT LOW(ユニセックス)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:22.5~30.0cm


サロモン エックス ウルトラ 4 ゴアテックス(メンズ・レディース)

サロモンの大人気商品エックス ウルトラシリーズの最新モデル。ローカットなのに安定感がすごいと評判なんです。ADV-C Chassis(シャーシ)と呼ばれる樹脂パーツが足の外側へのひねりを防ぎ、捻挫のリスクを軽減。ワンタッチで靴紐の調整ができるクイックレースシステムもうれしい!

サロモン エックス ウルトラ 4 ゴアテックス(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:25.0~32.0cm

サロモン エックス ウルトラ 4 ゴアテックス(レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:22.0~28.0cm


モンベル トレールウォーカー(メンズ・レディース)

モンベル トレールウォーカーメンズ 安いけど高品質が売りのアウトドアブランド・モンベル。ゴアテックスを使用した全天候型シューズ「トレールウォーカー」は、キャンプや低山ハイキングにおすすめ。モンベル独自の高機能ソール・トレールグリッパーを使用した驚異的なグリップ力に注目。
●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:(メンズ)24.0~31.0cm (レディース)22.0~26.0cm

モンベル公式サイト:トレールウォーカー メンズはこちら  レディースはこちら

ザ・ノース・フェイス ベクティブ ファストパック フューチャーライト(メンズ・レディース)

デザイン性と機能性を兼ね備えたザ・ノース・フェイスのハイキングシューズ。クッション性の高いミッドソールと屈曲しやすいアウトソールで、軽快に歩くことができます。ブラック、グレー、ホワイトなどベーシックなカラー展開なので、どのような服にも合わせやすいのがGOOD!

ザ・ノース・フェイス ベクティブ ファストパック フューチャーライト(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材FUTURELIGHT
●サイズ:24.0~31.0cm

ザ・ノース・フェイス ベクティブ ファストパック フューチャーライト(レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿素材FUTURELIGHT
●サイズ:22.0~26.0cm


【ローカット】普段履きにも!おしゃれなハイキングシューズ

キーン ジャスパー2 ウォータープルーフ
出典:Instagram by @keen_japan
歩きやすくておしゃれなハイキングシューズは、あわよくば普段履きも兼用したい! と考えちゃいますよね。山でも街でもシームレスに履ける、おしゃれなモデルをご紹介します。

ダナー TRAIL 2650 GTX(メンズ)

アメリカのロングトレイルPCTにインスパイアされた高機能ハイキングシューズ。防水性、グリップ力、クッション性、安定性など機能面はもちろん、都会的でスタイリッシュな見た目は普段使いにもぴったり。アウトドアスタイルからアーバンスタイルまで幅広いコーディネートが楽しめますよ。

ダナー TRAIL 2650 GTX(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:25.0~29.0cm


HOKA カハ ロー GTX(メンズ・レディース)

ホカオネオネの人気商品「カハ GTX」のローカットバージョン。分厚いミッドソールが地面からの衝撃を吸収し、安定性のある歩行が叶います。防水性に優れたゴアテックスを使用しているので、雨の日やぬかるんだ道も安心して歩けますね。

HOKA カハ ロー GTX(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:25.0~30.0cm

HOKA カハ ロー GTX(レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:22.0~25.0cm


キーン ジャスパー(レディース)

豊富なカラーバリエーションが揃うキーンの名作「ジャスパー」。足全体を包み込むホールド感と、長時間歩いても疲れにくいクッション性が魅力。履き心地を重視する方にぴったりな1足ですよ。パンツスタイルはもちろん、ワンピースやスカートとの相性も◎

キーン ジャスパー(レディース)

●防水・撥水性能:撥水加工
●サイズ:22.5~26.0cm


キーン ジャスパー2 ウォータープルーフ(メンズ)

キーンのベストセラー「ジャスパー」をアップデートしたモデル。従来の撥水仕様から防水仕様に変わり、よりアウトドアに適したシューズに進化しました。キーンが独自開発した防水透湿素材を使用しており、完全防水でありながら高い透湿性で夏でも不快感なく着用することができます。

キーン ジャスパー2 ウォータープルーフ(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材 KEEN.DRY
●サイズ:25.0~30.0cm


足場が悪い場所にはミドルカットのハイキングシューズを!

メレル モアブ 2 ミッド ゴアテックス
出典:Instagram by @merrell_japan
ちょっとした岩場や凹凸のある地面を歩くとき、または長時間歩く予定がある場合は、足首を適度にホールドしてくれるミドルカットのシューズが安心です。

オン クラウドロック ウォータープルーフ(メンズ・レディース)

ミッドカットながら日常使いでも違和感なく履ける、デザイン性の高いハイキングシューズ。クラウドという名にふさわしく、とにかく軽いのが特徴でスピードハイクにも向いています。アッパーには耐久性のある防水素材を使用しており、お天気を気にせず山歩きを楽しむことができますよ。

オン クラウドロック ウォータープルーフ(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材
●サイズ:25.0~32.0cm

オン クラウドロック ウォータープルーフ(レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿素材
●サイズ:22.0~28.0cm


メレル モアブ 2 ミッド ゴアテックス(メンズ・レディース)

ミリタリーな見た目に反して、包み込まれるようなやわらかな履き心地が特徴のハイキングシューズ。ゴアテックス素材を使用した完全防水や、ビブラム社製ソールの強力なグリップ性など機能性の高いアイテムです。

メレル モアブ 2 ミッド ゴアテックス(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:25.0~30.0cm

メレル モアブ 2 ミッド ゴアテックス(レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:22.5~25.0cm


キャラバン C1_02S(ユニセックス)

登山靴専門ブランド・キャラバンで、定番人気のトレッキングシューズです。初心者でも履きやすいように設計されたモデルで、登山靴のゴツゴツ感が苦手という方におすすめ。ハイキングはもちろん、日帰り登山や富士登山にも適しています。

キャラバン C1_02S(ユニセックス)

●防水・撥水性能:防水透湿素材ゴアテックス
●サイズ:22.5~30.0cm(カラーにより異なる)


ハイキングシューズで山も街もシームレスに!

HOKAカハ ロー GTXのメンズとレディース
出典:Instagram by @hoka_japan
ハイキングやキャンプはもちろん、普段履きとしても使いやすいローカットのハイキングシューズを中心にご紹介しました。衝撃価格のワークマンや安心ブランドのモンベルのほか、ダナーやオンなどおしゃれなブランドもありましたね。あなたにぴったりな1足を手に入れて、山も街もシームレスに楽しみましょう!

こちらの記事もご参考に!

紹介されたアイテム

関連記事