購入前に要チェック!知っておくべきジェントスの基礎知識

ジェントスのヘッドライト・ランタン・懐中電灯について、わかりやすく解説。押さえておくべき人気の閃シリーズや、キャンパーに人気の「EX-777XP」など、購入前に知っておきたいジェントスに関する基礎知識をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:ジェントスfacebook

GENTOS(ジェントス)ってどんなブランド?

ジェントスEX1000C ジェントスは1978年に創業したLEDライトの製造・販売を行う専業メーカーです。プロ向けの製品技術を、レジャー向けの製品にも反映。キャンプで便利なランタンや、登山などにおすすめのヘッドライト、気軽に持ち歩けるハンディタイプの懐中電灯を幅広くラインアップしています。またレジャーだけでなく、非常時ライトにジェントスの製品を選ぶ方も多いみたいです。

業界初!5年保証の「Gシリーズ」

光量や色温度を計測する積分球はもちろん、防塵・防水テストルームや、落下耐久テストなど、ありとあらゆるテストを繰り返して、設計にミスがないかのチェックを行うジェントス。なかでもGシリーズは業界で初となる5年保証が付いています。

ジェントスにはどんな商品があるの?

●ヘッドライト
ランタン
懐中電灯
セーフティバンド
バイクライト
ワークライト

今回はジェントスの中でもキャンプで活躍する「ヘッドライト」「ランタン」「懐中電灯」を中心に紹介します。まずは、夜間の移動に欠かせないヘッドライトを見ていきましょう。

ジェントスのヘッドライトについて

ジェントスのヘッドライト ジェントスのヘッドライトは、「小さく」「軽く」「明るい」そして「安全」だということが最大の特長。LEDのプロとして、そしてお客様からの厳しい要求に対して、決して妥協しないという、ジェントス社の精神が息づいている製品です。

自動で明るさを調整!オートディマーシリーズ

オートディマーとは、周囲の明るさを感知して自動で光量を調節する自動調光機能。常に最適な光量で使えるだけでなく、煩雑なスイッチ操作が不要なので、屋内外や、手元と遠方を頻繁に見る作業をする方などに大変便利な機能です。

【ジェントス オートディマーシリーズ GT-301D】

ITEM
ジェントス オートディマーシリーズ GT-301D
●使用電池の種類:単3形アルカリ電池×3本(エネループ使用可)
●明るさ(約):210ルーメン(Highモード)
●点灯時間(約):【ヘッド部】6時間(Highモード)/ 12時間(Midモード)/ 45時間(Ecoモード)、【後部認識灯】100時間(点灯)/ 150時間(点滅)
●照射距離(約):42m(最大時)
●重量(約):190g(電池含む)

ひとつ持っていて追加購入!場所によりautoで明るさが調整されるのがいいです。明るさも明る過ぎず丁度いい。


ジェントスのヘッドライトの選び方

キャンプの夜にはヘッドライトがおすすめ。両手が自由に使えるので料理を作ったり、テントの張り具合を調節する時に便利です。そんなヘッドライトの選び方として重要なのが照射角度と明るさ。ヘッドライトを主に使うシーンは手元や身の回りを照らす目的がほとんどだと思いますので、照射角度についてはスポット式と広角照射式の2種類がありますが、手元と周囲が適度に照らせる広角照射式がおすすめです。

また、明るさは10から20ルーメン程度がちょうど良い光量です。100ルーメンの明るい製品もありますが、明るすぎて返って見にくくなる場合もあります。性能にこだわらずに使用目的に合わせて選んだほうが賢いようです。

▼ジェントスのヘッドライトについて詳しく解説


ジェントスのランタンについて

ジェントスEX-620LGP ジェントスのランタンは、明るさや電源の種類によって12種類がラインアップされています。電源はUSB充電式と乾電池式の2種類ありますが、乾電池式でもエネループの使用に対応しているモデルもありコスパは高いと言えます。

また、最大光量は1,000ルーメンとガソリンランタンにも引けを取らない光量が自慢です。

キャンパーに人気!「EX-777XP」

ジェントスランタンのスタンダードモデル。キャンプに行くなら持っておきたいモデルです。ストライプ柄のトップカバーは光のムラを最小限に抑えて均一な光量を実現。本体の底部にはビルトイン型のフックが内蔵されているので、トップカバーを外してテント内に吊下げも可能です。

【ジェントス エクスプローラーシリーズ EX-777XP】

ITEM
ジェントス エクスプローラーシリーズ EX-777XP
●明るさ(約):280ルーメン(Highモード)
●使用電池:単1形アルカリ電池×3本
●点灯時間(約):72時間(Highモード)/ 144時間(Ecoモード)/ 240時間(点滅モード)
●サイズ(約):φ84×185mm
●重量(約):817g(電池含む)

明るさも十分で、小さめの電球くらいの明るさがあり、アウトドア用、非常用等色々な用途に重宝します。


ジェントスのランタンの選び方

ジェントスのランタンを選ぶ時のポイントは大きく分けると3つあります。一つ目は電源。電源には充電式と乾電池式の2種類あります。充電式は本体への充電のほか、スマートフォンへの給電も対応できるので、アウトドアでもスマートフォンが手放せない方には重宝しますね。

二つ目はライトの明るさ。ランタンは種類によって100ルーメンから1,000ルーメンまで対応。使用するシーンに合わせて明るさを選びましょう。

三つめは調色機能。モデルによって、白色、昼白色、暖色の3つに調色が可能。気分などによって使い分けられるのが良いですね。
モデルによって機能に差があるので、自分の使い方にマッチしたモデルを選びましょう。

▼ジェントスランタンについて詳しく知るなら!

ジェントスの懐中電灯について

ジェントス ジェントスの懐中電灯はフラッシュライトと呼ばれており、手持ち式で手元や身の回りを明るく照らしてくれます。電源の種類はUSB充電式と乾電池式の2種類。モデルによっては充電式、乾電池式両方に対応しているモデルもあります。

ライトの明るさは15ルーメンから950ルーメンまで幅広くラインアップ。自分の使い方にマッチしたモデルを選択しましょう。

高品質・高コスパ!ジェントスの閃シリーズ

【ジェントス 閃シリーズ SG-325】

ITEM
ジェントス 閃シリーズ SG-325
●サイズ(約):φ29×104.0mm
●重量(約):102g(電池含む)
●素材:アルミニウム
●明るさ(約):150ルーメン

様々な用途に使うことができ,デザイン,サイズも素晴らしい。価格もお手頃なので,おすすめの商品である。



【ジェントス 閃シリーズ SG-339R】

ITEM
ジェントス 閃シリーズ SG-339R
●サイズ(約):φ32.3×166.0mm
●重量(約):180g(電池含む)
●素材:アルミニウム
●明るさ(約):450ルーメン(Boostモード)/ 380ルーメン(Highモード)

乾電池のジェントスを使っていましたが、使用頻度が多くて電池の消費が激しいので購入しました。少し大きいけど本体に充電口があり、とにかく明るくてよく見えます。


ジェントスの懐中電灯の選び方

電源の種類に応じて、USB充電式や乾電池式から選ぶことが出来るのでコスパに優れています。また、ライトの明るさも、様々な光量のモデルがラインアップされているので自分の用途に応じて選択することが可能です。

▼ジェントスの閃シリーズについてもっと詳しく!

様々な種類のLEDライトをラインアップするジェントス。その中でも、キャンパーの需要が高い、「ヘッドライト」「ランタン」「懐中電灯」の中から、初心者にもおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。

ジェントスのヘッドライトおすすめ3選

まずは両手が自由になってキャンプの時に便利な活動がしやすいヘッドライトを厳選してご紹介します。

ジェントス リゲルヘッドライト931(GTR-931H)

単3乾電池1本使用の小型ヘッドライト。単3電池1本なので軽量ですが、コリメータレンズ仕様で最長照射距離は最大で77メートルを確保します。
ITEM
ジェントス リゲルヘッドライト931(GTR-931H)
●サイズ(約):W63×H50×D51mm
●重量(約):89g(電池含む)
●明るさ(約):45ルーメン
●使用電池:単3型アルカリ乾電池×1本(エネループ使用可)

同行者のライトがいらないほど明るく灯りの全くない山の中でも登山道が見え、他の登山者からまぶしいと怒られる始末・・・。


ジェントス Gシリーズ GH-003RG

サークルビームできれいな円形照射が自慢のジェントスGシリーズ。最高の品質であるという自信の証として、業界初の「5年保証」を実現しています。
ITEM
ジェントス Gシリーズ GH-003RG
●サイズ(約):ヘッド部W89.6×H40.4×D42.2mm、電池ボックス部W111.9×H70.2×D34.6mm
●重量(約):295g(電池含む)
●明るさ(約):500ルーメン(Highモード)
●使用電池:専用リチウムイオン充電池 3.7V 5,600mAh または 単3形アルカリ電池×4本

広い範囲を比較的明るく照らします。充電バッテリーが結構重いですが、慣れればあまり気にならなくなります。


ジェントス Gシリーズ GH-001RG

サークルビームできれいな円形照射が自慢のジェントスGシリーズ。最高の品質であるという自信の証として、業界初の「5年保証」を実現。GH-003RGよりもコンパクトが特徴です。
ITEM
ジェントス Gシリーズ GH-001RG
●サイズ(約):ヘッド部W79.7×H34.5×D31.9mm、電池ボックス部W91.6×H58.6×D30.5mm
●重量(約):145g(電池含む)
●明るさ(約):300ルーメン(Highモード)
●使用電池:専用リチウムポリマー充電池 3.8V 1,900mAh または 単4形アルカリ電池×4本

1ヶ月くらい仕事で酷使してます
明るさ範囲ともに満足
単四も使えるので急に充電切れても安心
バッテリー節約の為に一番暗いのをメインに使ってます
始めは暗いがすぐ目がなれるので充分
一番明るいのは他人の目を眩ませるので注意


ジェントスのランタンおすすめ3選

キャンプと言えばランタンですね。調色によって暖色が発色出来るようになってLEDランタンの人気が飛躍的に高まりました。その中から、人気の高いモデルを厳選してご紹介します。

ジェントス エクスプローラーシリーズ SOL-036C

>光のムラを最小限に抑えるストライプトップカバーが装備され、白色、昼白色、暖色の3色に調色可能なLEDランタンです。
ITEM
ジェントス エクスプローラーシリーズ SOL-036C
●サイズ(約):φ73×158mm
●重量(約):400g(電池含む)
●明るさ(約):380ルーメン(白色100%点灯)
●使用電池:単3形アルカリ電池×6本(エネループ使用可)

大きさは350ML缶ぐらいで、思ったより小さかったのですが明るさは充分!
たしかに他のレビューにあるように、明るさの調整を1ボタンで行うのは多少コツがいりますが
慣れれば問題ありません。
置いても吊るしても引っ掛けても使えるのは非常に便利です!


ジェントス エクスプローラーシリーズ EX-1000C

ダイヤルスイッチで明るさの調節が可能で最大1,000ルーメンの明るさを誇るLEDランタン。白色、昼白色、暖色の3色に調色することも可能です。
ITEM
ジェントス エクスプローラーシリーズ EX-1000C
●サイズ(約):φ129×246mm
●重量(約):1,255g(電池含む)
●明るさ(約):1,000ルーメン(白色・最大時)
●使用電池:単1形アルカリ電池×4本

電池式としては大変明るい。ムードはガソリン式には劣りますが、どんな時でも即明るくなるてんは圧倒的にこちらが優れています。


ジェントス エクスプローラーシリーズ SOL-016B

光のムラを最小限に抑えるストライプトップカバーが装備され、最長600時間点灯が可能なLEDランタンです。バッテリーインジケーターでバッテリー残量がかくのがポイントです。
ITEM
ジェントス エクスプローラーシリーズ  SOL‐016B
●サイズ(約):φ122×240mm
●重量(約):1,650g(電池含む)
●明るさ(約):600ルーメン(Highモード)
●使用電池:単1形アルカリ電池×6本

ジェントスの懐中電灯おすすめ3選

夜間の炊事場やトイレへの移動の際、ヘッドライトと合わせて持つことで、安全に行動することが出来ます。また、ボタンの長押しによって、一時的に最大光量を出すことが出来るモデルもあり、指先で手軽にコントロール可能な懐中電灯をご紹介します。

ジェントス エクスプローラーシリーズ SOL-113P

光量をランダムに変化させ、ろうそくの炎のようなゆれを再現するキャンドルモードを搭載したLEDライト。高輝度チップタイプ暖色LED12個をパネルにし、最大350ルーメンを実現。
ITEM
ジェントス エクスプローラーシリーズ SOL-113P
●サイズ(約):φ98×188mm
●重量(約):905g(電池含む)
●明るさ(約):350ルーメン(Highモード)
●使用電池:単1形アルカリ電池×3本

ジェントス LKシリーズ LK-114G

ショルダーストラップが付属しているので肩掛けで使用することも可能。さらに、台座付きなので机などに置いて照らすことも可能なLEDライトです。
ITEM
ジェントス LKシリーズ LK-114G
●サイズ(約):W125×H148×D190mm
●重量(約):964g(電池含む)
●明るさ(約):330ルーメン(最大時)
●使用電池:単1形アルカリ電池×4本

点で照らす感じが強いビームって感じです。面を照らすよりはスポットライト的な。手元なら十分眩しい。灯りのない屋外トイレなんかでは、スイッチつけて上向けとけば間接照明的に全体を照らしたりも可です。安くて良い商品です。


ジェントス 閃シリーズ SG-335

ヘッド部分を前後させることで、片手で簡単に照射角調整をする事ができるスライドフォーカスシステムを採用。オプティカルレンズによる美しい円形照射面が特徴です。
ITEM
ジェントス 閃シリーズ SG-335
●サイズ(約):φ32.80×115.0mm
●重量(約):122g(電池含む)
●明るさ(約):200ルーメン(最大時)
●使用電池:単4形アルカリ電池×3本

ジェントスのLEDランタンで自分のサイトを照らしてみよう!

 
白色だけでなく、暖色まで対応できるようになったLEDランタン。業界初となる「5年保障」をGシリーズの製品に導入するなど、確かな製品を製造するジェントスは数ある国産メーカーの中でも老舗として業界の牽引役で好感が持てますね。

電源の種類や光量のなかから自分の使い方にマッチするモデルを見つけて自分のサイトを明るく照らしましょう。

 

Gentos is a reliable technology and highly reliable!

ジェントスは確かな技術で信頼度が高い!


紹介されたアイテム

ジェントス オートディマーシリーズ GT…
サイトを見る
ジェントス エクスプローラーシリーズ E…
サイトを見る
ジェントス 閃シリーズ SG-325
ジェントス 閃シリーズ SG-339R
ジェントス リゲルヘッドライト931(G…
サイトを見る
ジェントス Gシリーズ GH-003RG
サイトを見る
ジェントス Gシリーズ GH-001RG
ジェントス エクスプローラーシリーズ S…
サイトを見る
ジェントス エクスプローラーシリーズ E…
サイトを見る
ジェントス エクスプローラーシリーズ …
サイトを見る
ジェントス エクスプローラーシリーズ S…
サイトを見る
ジェントス LKシリーズ LK-114G
サイトを見る
ジェントス 閃シリーズ SG-335

関連する記事

ジェントス
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
keiichiro kaneko

学生時代、競技スキーを志す傍らで始めた山とスキーの専門ショップでのアルバイト。そこで初めてキャンプに出会い、最近ファミリーキャンプを卒業。今後、ソロキャンパーを目指す焚き火好き。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!