CAMPHACK

【実際に使ってみた】ニュータイプの使い捨てグリルが、”弱点”を克服してたぞ!

0

簡単に使えて後片付けもラクチンな使い捨てグリル。なかでも、今年2017年に日本に初上陸した「クラフトグリル」は、天然素材のエコな商品でありながら、使い捨てグリルの弱点を克服した構造が人気です。編集部で使ったレビューとともに、その良さをご紹介します。

小川 迪裕

アイキャッチ画像撮影:編集部

インスタントグリルがSNSでも大人気!

img_8763
撮影:編集部
すぐに使えて終えたものはゴミとして捨てられる、インスタント(使い捨て)グリル。帰りの荷物が減る手軽さにくわえて、使い方はとっても簡単! キャンプからバーベキューまで幅広いシーンで使われています。

なかでも、ここ最近注目を浴びているのが、デンマークのCASUSGRILL社が販売する「クラフトグリル」。2017年にデビューし、日本では同年夏に初上陸しました。

img_8787
撮影:編集部
使用しているダンボールから竹炭、火山石にいたるまですべてが天然素材。使い捨てでありながら、地球のことを思いやる気持ちを持って作られています。

使い捨てグリルのデメリットを克服!クラフトグリルの良きポイント

「所詮、使い捨てでしょ……?」と思っている人もいるでしょう。しかし、クラフトグリルは今までのインスタントグリルのデメリットを改善して作られています。それぞれのデメリットを挙げながら説明します。

関連記事