最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
アイキャッチ画像_フリース

【2021年最新】アウトドアブランドのフリースおすすめ21選!

フリースを扱うアウトドアブランド大特集! 寒い時期のキャンプで使いたい、全21ブランドのアイテムを一挙にご紹介。ユニセックスなモデルを中心に、男性・女性問わずオシャレにキマるフリースをピックアップしています。フリース選びのポイントからご覧ください。

目次

アイキャッチ画像出典:instagram by@haglofsjapan

冷え込む時期のマストアイテム!1着は持っておきたいフリースの魅力

パープルのフリースの画像

寒い時期のキャンプでは、防寒用の装備がもっとも大切! どのようなキャンプ用品を使うかよりも、どのような服装で挑むかがキャンプの快適性や楽しさを左右します。

そこで重宝するのがフリース。今やユニクロなどで安く手に入るアイテムですが、こだわるならばアウトドアブランドのフリースがおすすめです。

機能性やデザイン性にすぐれた製品が多く、キャンプはもちろん、普段使いにおいても品質のよさを感じられるフリースがそろっています。

ココに注目!押さえておくべき5つのポイント

フリースが3枚重なっている画像

フリースを購入する際、以下の5つのポイントに注目しましょう。

① 保温性の高さ
② 速乾性があるか
③ 軽さ
④ 簡単に洗濯できるか
⑤ 肌触りのよさ

これらのほかに、アウターとして着るのか、もしくはミドルレイヤーとして着るのかを考えることも大切。フリースの厚さやデザインを決めるときの判断材料になります。

あわせて防風・リバーシブル・ストレッチ素材の使用など、製品独自の機能もチェックしましょう。

フリースを語るうえで外せない「ポーラテック」

ポーラテックのタグの画像

ポーラテックとは、フリースの素材を供給しているメーカーの名前。機能性が高く、アウトドアブランドのフリースでは多く採用されています。

しかし同じポーラテック製のフリース素材であっても、備えている機能は多種多様。すべての特徴を覚えるのは困難です。

そこで今回おすすめする製品がポーラテックの素材を使用している場合、どのような特徴を持っているのかも簡単に説明します。

【全21種】アウトドアブランドのおすすめフリース

キャンプからデイリーユースまで対応する、ファッショナブルで高品質なフリースをピックアップ! 誰もが知る超有名ブランドから、ちょっとコアなブランドまで、全21ブランドを一挙にご紹介します。

パタゴニア

パタゴニアはフリースジャケットのパイオニア。ポーラテックが手がける素材に目をつけ、共同開発により1977年にフリースジャケット第1号となる「パイルジャケット」を発売したのが始まりです。

パタゴニア レトロパイルジャケット

出典:patagonia

詳細はこちら

ここがポイント!

●保温性を高める防風性能

●胸のポケットが小物の収納に便利
●女性にもよく似合うデザインとカラーリング
✔︎こちらの記事もチェック!

ザ・ノース・フェイス

アメリカ発の超人気ブランドであるザ・ノース・フェイスは、デザイン性の高さや独創的な色使いが魅力のブランド。ハイセンスかつハイクオリティーな製品作りに定評があります。

ザ・ノース・フェイス マウンテンバーサマイクロジャケット メンズ

●素材:ポリエステル、ナイロン
●重量:225g(Lサイズ)

ここがポイント!

●軽量なマイクロフリースを採用

●環境に配慮したリサイクルポリエステル
●肩部分に高耐久性のナイロン素材を使用
✔︎こちらの記事もチェック!

チャムス

チャムス製品といえば、カラフルで可愛らしいデザインが人気。アパレル用品だけでなくキャンプ用品のラインナップも豊富で、いずれも独創的かつハイセンスなデザインを採用しています。

チャムス ボンディングフリースジャケット

●素材:ポリエステル
●重量:ー

ここがポイント!

●フワフワの肉厚な質感がオシャレ

●裏地に毛足が短いフリースを採用し着心地を向上
●防風性フィルムで冷たい風をシャットアウト

スノーピーク

新潟県三条市に本社を置くスノーピークは、ハイクラスなキャンプ用品を販売する大人気ブランド。じつはオシャレなアパレル用品も、多数取り扱っています。

スノーピーク Thermal Boa Fleece Jacket

●素材:ポリエステル
●重量:ー

ここがポイント!

●ポーラテックの上質なフリース

●通気性があり蒸れにくい
●手の甲までカバーできる袖

モンベル

日本のアウトドアブランドのなかでも、リーズナブルで機能性重視のものづくりに定評があるモンベル。幅広いニーズを満たす、豊富な商品ラインナップが特徴です。

モンベル フリース

出典:mont-bell
詳細はこちら

 

ここがポイント!

●軽量で保温性にすぐれる素材「クリマエア」

●ストレッチ性があり動きを妨げない
●通気性にすぐれ、蒸れずに快適
✔︎こちらの記事もチェック!

コロンビア

アウトドア用ウェアで定番のコロンビアは、機能的かつオシャレな製品をリーズナブルな価格で提供するブランド。オムニテックなど、独自のハイテク素材を用いた製品作りが特徴です。

コロンビア ウインターパスプリントフリースフルジップ

●素材:ポリエステル
●重量:595g(Mサイズ)

ここがポイント!

●幅広のチェック柄がカジュアルな雰囲気

●秋・冬のアウターに最適なボアフリース
●学生の方も買いやすいお手頃価格

マーモット

カリフォルニア州の大学に通う2人の生徒が、過酷な環境に対応できるダウンウェアやシュラフを考案したことから始まったマーモット。スタイリッシュなアイテムを数多く手がけているブランドです。

マーモット 90’フリースジャケット

●素材:ポリエステル、ナイロン
●重量:667g

ここがポイント!

●90年代のリバイバルデザイン

●軽量かつ保温性にすぐれる「ポーラテック200」を採用
●負荷がかかる部分には摩擦に強いナイロン素材を使用

ナンガ

ナンガは高品質かつ高性能なダウン製品を販売する、日本の人気ブランド。ダウンシュラフが特に有名ですが、フリースやパーカーなどの普段使いできるアパレルも手がけています。

ナンガ コーデュラ フリース ハーフジップ トップス

●素材:コーデュラフリース
●重量:ー

ここがポイント!

●高耐久性の「コーデュラファブリック」採用

●裾のゴムを調整して風の侵入を防げる
●シンプルで無駄のないデザイン

マムート

マンモスがトレードマークのマムートは、150年以上の歴史を持つスイスのブランド。本格的な登山用品からタウンユース向けのアパレルまで、幅広いラインナップを展開しています。

マムート Innominata Light ML Jacket AF Men

●素材:ポリエステル
●重量:310 g

ここがポイント!

●肩を補強しているからリュックで傷みにくい

●リサイクルポリエステル100%使用
●サイドポケットはジッパーつき

カリマー

イギリスの国旗「ユニオンジャック」のロゴが目を引くカリマーは、1946年創業の名門。リュックやバッグなど、道具を携行するための装備を数多く手がけています。

カリマー staffa jkt

●素材:ポリエステル
●重量:580g

ここがポイント!

●毛足の長いフリースが空気を多く蓄える

●ハンドウォーマーとして使えるポケット
●肩から胸にかけてを補強

ホグロフス

今から100年以上前に、スウェーデンで誕生したホグロフス。先進的な素材を積極的に取り入れ、世界各地の登山家たちから信頼されているブランドです。

ホグロフス コンビネーショングリッドジャケット

●素材:ポリエステル、ポリウレタン
●重量:ー

ここがポイント!

●保温性抜群の「ポーラテック サーマルプロ」採用

●性能が長持ちする「ポーラテック パワーエア」も使用
●機能的なダブルジップ仕様

アークテリクス

アークテリクスは、カナダ生まれの高級アウトドアブランド。鳥類の祖先である「始祖鳥(しそちょう)」がトレードマークで、スタイリッシュなデザインが特徴。

アークテリクス カイヤナイト AR ハーフジップ

●素材:ポリエステル、ナイロン
●重量:370g

ここがポイント!

●伸縮性に富む「ポーラテック パワーストレッチプロ」

●表地にナイロン素材を使用し、耐久性を確保
●ジッパーが大きく開くから脱ぎ着しやすい

L.L.ビーン

アメリカのメイン州を本拠地とするL.L.ビーンは、本革とゴムを融合させた「ビーン・ブーツ」で有名。機能的かつ、親しみやすいデザインの製品を作り続けているブランドです。

エルエルビーン マウンテン・クラシック・フリース・プルオーバー、カラーブロック

●素材:ー
●重量:ー

ここがポイント!

●名作「クラシック・アノラック」オマージュのデザイン

●環境に優しい100%再生素材
●クラシカルなブランドロゴを採用

ミレー

ミレーは登山を趣味とする人たちに大人気のブランド。登山向けのリュックやアパレルを中心とした、フランスならではのハイセンスな製品ラインナップが魅力です。

ミレー K ライト グリッド ジャケット

●素材:ポリエステル
●重量:290g

ここがポイント!

●軽量で通気性にすぐれる「ポーラテック ミニグリッド」

●適度な保温性で快適さを長時間キープ
●リュックのハーネスに邪魔されないポケット

マウンテンハードウェア

登山用の装備を販売するマウンテンハードウェアは、コロンビアの子会社。アパレルのほか、テントやシュラフなどの本格的なアイテムを開発しています。

マウンテンハードウェア ポーラテックハイロフトジャケット

●素材:ポリエステル、ポリウレタン
●重量:380g

ここがポイント!

●軽くてフワフワな手触りの「ポーラテック ハイロフト」

●たくみな素材の使い分けで機能性アップ
●大人っぽい落ち着きのあるデザイン

ロゴス

キャンプ用品ブランドとしても定番のロゴスは、お手頃な価格設定が魅力的。かゆいところに手が届く、気の利いた製品を開発しています。

ロゴス ボアフリースジャケット アンディ

●素材:ポリエステル
●重量:ー

ここがポイント!

●全面に防風フィルムを使用

●肌ざわりが快適なボアフリース
●すべてのポケットにジッパーを装備

フォックスファイヤー

日本生まれのフォックスファイヤーは、フィッシング用品で有名なティムコが展開するブランド。アウトドアからタウンユースまで幅広いシーンに対応する、機能的な製品をラインナップしています。

フォックスファイヤー ニットフリースジャケット

●素材:ポリエステル
●重量:600g

ここがポイント!

●表地はポーラテックのリサイクル素材

●裏地にフォックスファイヤー独自の透湿防水素材を使用
●放電テープを縫い込み、静電気を防止

ヘリーハンセン

ノルウェーで誕生したヘリーハンセンは、1877年からの長い歴史を持つ老舗。現在はスキー・スノーボード用品、シューズ、水着など、多様なアウトドアウェアを販売する世界的ブランドとして知られています。

ヘリーハンセン ファイバーパイルジャケット

●素材:ポリエステル
●重量:ー

ここがポイント!

●表地はクラシカルな雰囲気の「ファイバーパイル」

●立てても折り返してもさまになる襟
●アウターとしても、インナーとしても使いやすい

バートン

スノーボードのブランドとしてあまりにも有名なバートン。じつはテントなどのキャンプ用品や、日常使いに最適なウェアなどを販売するブランドでもあります。

バートン メンズ Burton Multipath フルジップ フリース

●素材:ポリエステル、ポリウレタン
●重量:ー

ここがポイント!

●速乾性・透湿性にすぐれる素材を採用

●伸縮性に富み、運動を妨げない
●サムホールつきで手の甲までカバー可能

ワイルドシングス

ワイルドシングスは、アメリカの軍隊へも製品を供給している老舗ブランド。機能性や品質において高い評価を得ており、プロの登山家たちからも信頼される存在です。

ワイルドシングス ポーラテック ウインド ジャケット

●素材:ポリエステル、ナイロン
●重量:ー

ここがポイント!

●防風性にすぐれる「ポーラテック ウインドプロ」

●ダブルジップの採用で機能性を向上
●胸もとの差し色が印象的

ペンフィールド

ペンフィールドは1975年にアメリカで誕生したアウトドアブランド。ブランドロゴの“P”のなかに描かれた熊の絵がシンボルです。ダウンジャケットやフリースなどの、防寒装備に定評があります。

ペイフィールド マタワ カラーブロック フリース ボア ジャケット

●素材:ポリエステル
●重量:ー

ここがポイント!

●3色のフリース素材を組みあわせた奇抜なデザイン

●温度調節をしやすいダブルジップ仕様
●3つのジッパーつきポケットが便利
✔︎こちらの記事もチェック!

タウンユースとしてもガンガン使おう!

白いフリースとサコッシュの画像

フリースはキャンプだけでなく、タウンユースでも使いやすい服。着ている人の印象をやさしげに見せてくれるフリースは、異性からのウケがいいアイテムでもあります。
すでに持っている服との相性も考え、おしゃれにコーディネートして楽しみましょう!

こちらの記事もおすすめ